最後の群民

最後の群民(the Lambs of Dalamud)

概要

  • 第六星暦末期に生まれた終末思想を掲げる集団
  • 第七霊災を引き起こした衛星「ダラガブ」を救世神と崇めており、その降臨による世界の救済を信じていた。
    堕落したお前たちに、生きる価値などない!
    「第七霊災」を乗り越え、未来に生きのびる価値があるのは
    清く正しく生きる選ばれし民である我ら「最後の群民」のみ
  • しかし、「カルテノーの戦い」のさなかにダラガブは砕け散ってしまい、それを知った彼らは救世神降臨を人々が邪魔したのだとして、その復讐にのりだしているという。

タムタラの墓所

  • 第七星暦に入り、黒衣森ゲルモラ時代の英雄が眠る墓所に「最後の群民」の教徒が侵入し、絶対王ガルヴァンスの遺体を依代に邪悪な妖異を召喚しようとしているという。
  • グリダニアの神勇隊リュウィン隊長の依頼を受けた冒険者はその調査に乗り出す。
    神勇隊の衛士 : それでは、今回の依頼についてご説明します。
    あなた様にお願いしたいのは、 「最後の群民」というカルト教団の掃討です。
    神勇隊の衛士 : 「最後の群民」は、第六星暦末期に生まれた 終末思想を掲げる集団です。
    神勇隊の衛士 : 彼らは第七霊災を引き起こした衛星……
    「ダラガブ」を救世神と崇め、 その降臨による世界の救済を信じておりました。
    神勇隊の衛士 : しかし、カルテノーの戦いのさなか、 「ダラガブ」は砕け散ってしまった……。
    神勇隊の衛士 : それを知った「最後の群民」は、 救世神降臨を人々が邪魔したのだとして、
    あろうことか、その復讐に乗り出したのです!
    神勇隊の衛士 : この墓所に侵入したという者たちも、 よからぬことを企てているに違いありません。
    神勇隊の衛士 : どうか「タムタラの墓所」を探索し、「最後の群民」の野望をくじいてください。
    この通り、よろしくお願い申し上げます。

グィル・エン望楼

  • 第六星暦末には、クルザス東部高地(※旧FF14のエリア名)のキャンプ・クルケッドフォーク北西にある古い石柱群「グィル・エン望楼」に集まり、「月下の供犠」という儀式を行っており、その儀式のために女子供をさらっていた。

シラディハ水道安酒食堂

関連項目



Amazon Music Unlimited 30日間無料体験