第四霊災

第四霊災(だいよんれいさい)

  • 属性の霊災であったとされる。

アラグ帝国の終焉

  • 第三星暦アラグ帝国の発展した時代で、第四霊災はそのアラグ帝国が終焉を迎えた霊災である。
  • アラグ帝国は、飽和した繁栄の中、人々は次第に退廃的になり、同時期に起こった皇族の衰退とあわせ民の活力が失われていった。
  • 衰退する一方の帝国の再建に立ち上がったのが稀代の科学者「アモン」で、彼は魔科学により建国の祖「ザンデ」を蘇らせ、皇帝の力により帝国のかつての繁栄を取り戻そうとする。
  • 復活したザンデは瞬く間に帝国を再建し、さらに在りし日の野望であった世界統一に乗り出すが、統一事業に大きな力を必要としたザンデは、クリスタルタワーを閉鎖し、多くのエネルギーが「闇の力」を得るための研究に費やされた。
  • 「闇の力」をコントロールするためにさらに莫大なエネルギーを必要としたザンデは、衛星「ダラガブ」を打ち上げ、クリスタルタワーに太陽の力を集めようとする。
  • メラシディアを平定し世界統一も間近と思われた時、わずかな誤算が惨事を引き起こし、膨大なエネルギーを受け止めきれず地殻が崩壊、想像を絶する大地震が引き起こされる。
    グ・ラハ・ティア : ……ザンデを倒そうと、立ち上がった奴らはいたさ。
    グ・ラハ・ティア : 「第四霊災」の直前、ザンデが世界統一のために起こした大戦は、
    たくさんの悲しみを生み出した。
    それを止めるため、ある青年たちが剣をとったんだ。
    グ・ラハ・ティア : そいつらは、戦いに傷ついた人々の希望となって戦った。
    そう……今の時代でいう「光の戦士」みたいにな……。
    グ・ラハ・ティア : ……だが、彼らの剣がアラグ帝国の中枢に届かんとしたとき、
    追い詰められたザンデが、選択を誤った。
    グ・ラハ・ティア : 「暗闇の雲」を喚び寄せるためのヴォイドゲート開放を焦り、
    衛星「ダラガブ」が集めた太陽の力を、
    一気にクリスタルタワーへと注いだのさ。
    グ・ラハ・ティア : クリスタルタワーは力を受け止めきれず、地殻が崩壊……
    未曽有の大地震、「第四霊災」が引き起こされた……。
  • なおここで語られている英雄の名は、アメノミハシラでも語られている。
    頭領と呼ばれた鬼師 : いいや、ワシなど凡夫に過ぎん。
    帝国崩壊後の混乱期に、人々と星を守り、
    先に逝ってしまった我が友らと比べたら、な。
    だが、凡夫は凡夫なりに
    彼ら英雄の遺志を継いできたつもりだ。
    頭領と呼ばれた鬼師 : サリーナ様……デッシュ殿……
    記録が失われ、歴史に残ることなき英雄たち……
    ワシを残して先に逝った薄情な友よ……。
    皆の遺志はワシを通して鬼師衆へ受け継がれ、
    後の世にも残るはずだ。
    だから許してくれよ。
    まだしばらく、そちらには行けそうもない……。
    • 詳細は【鬼師衆】の項を参照のこと


関連項目



Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験