NPC・組織/光耀教会

光耀教会

Table of Contents

概要

  • 光耀教は、「光の氾濫」以前の時代に、ノルヴラントにおいて広く信仰されていた宗教。
    遺跡巡りの旅人 : 「光耀教」とは、かつてノルヴラント全域で信仰されていた、
    「光の神」を奉ずる宗教です。
    遺跡巡りの旅人 : その起源は、ノルヴラントの先住民、エルフ族の信仰にあるとされ、
    後に流入してきた他民族へも広がっていったものと考えられます。
  • エルフ族の信仰を起源に持ちながら、ノルヴラント各地の多くの種族により信仰されたという。
    遺跡巡りの旅人 : おもしろいのは、エルフ族の同盟者であるヒュム族だけでなく、
    敵対していたガルジェント族やドラン族も、
    この「光耀教」を信仰していたことですな。
    ウリエンジェ : そして光耀教会というのは、レイクランド連邦をはじめ、
    各地で信仰されていた、光の神を祀る教会です。
  • 教会の建物は、窓の形に特徴があるという。
    ミンフィリア : 光耀教会の廃墟なら、旅先でもいくつか見たことがあります。
    窓の形が、ちょっとだけ、かわいいんです。

衰退

  • 光耀教会は、「光の氾濫」以降に廃れていったという。暁一行は、ラケティカ大森林にいるヤ・シュトラを尋ねる前に、レイクランドに残るこの光耀教会で”あるもの”を探すために立ち寄る。
    水晶公 : そこには、光耀教会と呼ばれる、
    「光の氾濫」以前に盛んに信仰されていた教会の、遺跡がある。
    水晶公 : 今はもう立ち入る者もいないが……
    礼拝所の祭壇の中に、ある石板が置かれているはずだ。
    それを回収して、ヤ・シュトラへの手土産にするといい。
    ウリエンジェ : 「光の氾濫」以降、光の神への信仰は急速に廃れていきました。
    そのことは「罪喰い」という言葉の由来にも表れています。
    ウリエンジェ : あの異形が何であり、なぜ自分たちが苦難に見舞われるのか……
    その答えを、いかなる信仰の中にも見いだせなかった人々は、
    「人の持つ罪を喰いに来たのだ」と考えるようにしたのです。

夜の民

  • 多くの人々は闇を尊ぶようになり、彼らは「夜の民」と呼ばれた。
    ミンフィリア : ここはまだ、ずいぶん内装が残っているんですね。
    ミンフィリア : 光耀教会というと、壁すら崩れた廃墟になっているところが、
    ほとんどだったから……。
    ウリエンジェ : 確かに、ここは地下ゆえか、建物の保存状態がいいですが……
    装飾については、光耀教会のそれではありません。
    ウリエンジェ : さきほど、光の神への信仰に代わって、
    闇を尊ぶ人々が現れたと、お話ししましたね。
    ウリエンジェ : 「光の氾濫」以降、この礼拝所は、
    そういった人々……「夜の民」の集会場として、
    使われていたのではないかと推測します。

関連項目



Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験