鏡像世界

鏡像世界(きょうぞうせかい / reflections of the source)

Table of Contents

第一世界

概要

  • 原初世界と鏡像世界は、円環状に並び立つ平行世界となっている。原初世界の隣は第一世界と第十三世界になる。
  • これまで七度の霊災が起き、すでに7つの鏡像世界が消滅し原初世界へ再統合(アーダー、次元圧壊)されている。
    • ※なお第十三世界はヴォイド化しており、原初世界への再統合はされていない。

鏡像世界の一覧

番号特徴関連
the Source
原初世界
FF14の舞台となっている世界
・「新生」・「蒼天」・「紅蓮」での舞台
エオルゼア
リムサ
ウルダハ
グリダニア
イシュガルド
ガレマール帝国
アシエン・ラハブレア
the First
第一世界
闇の戦士のいた世界、原初世界に隣接
「光の氾濫」による消滅しかけている
・「漆黒」での舞台
闇の戦士
星の代弁者(ミンフィリア
アシエン・ミトロン
第二世界
第三世界
第四世界
第五世界
第六世界
第七世界
第八世界
第九世界
第十世界
第十一世界
第十二世界アシエン・ナプリアレス
the Thirteenth
第十三世界
「闇の氾濫」により「ヴォイド」化ウヌクアルハイ
アシエン・イゲオルム

水晶公の語る次元圧壊

  • 水晶公の説明時の鏡像世界の並びとアシエン・エメトセルク説明時の鏡像世界の並びが同じだと仮定すると、次のような状態にあると推定できる。
  • いずれの説明も、原初世界と鏡像世界はリング状に表されており、隣接する鏡像世界は第一世界と第十三世界とする。
    鏡像世界
    鏡像世界
    • ※エメトセルクの説明では、表示された下図で原初世界の左側を第十三世界としていた。水晶公の説明で用いられた上図では第十三世界を示さない。ここではエメトセルクの説明を元にして、原初世界から時計回りに第一~第十三まで並んでいると仮定する。
原初世界
第一世界霊(光)第八霊災
第二世界第三霊災
第三世界第四霊災
第四世界
第五世界第一霊災
第六世界第五霊災
第七世界星(闇)第七霊災
第八世界
第九世界
第十世界第六霊災
第十一世界
第十二世界第二霊災
第十三世界-ヴォイド化
  • つまり、「漆黒のヴィランズ」5.0メインシナリオ終了時点で、再統合されず残っている鏡像世界は、第一、第四、第八、第九、第十一の5つである。
  • 一方、すでに原初世界に再統合された鏡像世界は、霊災の順番に、第五世界、第十二世界、第二世界、第三世界、第六世界、第十世界、第七世界の7つである。

個別の鏡像世界について

  • メインシナリオなどにおいて、断片的な情報しか出ていない。

第一世界(the First)

闇の戦士

  • 闇の戦士」たちは光の力の加護を得てアシエンを含むありとあらゆる闇を払い、その結果強くなりすぎた光の力が氾濫し、第一世界は「完全な無(blank perfection)」になりかけている。
  • そのため「闇の戦士」たちは、光の氾濫から第一世界を救うためアシエンと手を組み原初世界に渡ってきた。その目的は原初世界でアーダー(霊災)を起こして次元の壁(the barriers between planes)を破壊(次元圧壊)し、それにより第一世界原初世界に統合することにある。

拡張ディスク「漆黒のヴィランズ」の舞台

  • 2019年3月、パッチ5.0シリーズにおいて、冒険の舞台となることが発表された。


第十三世界(the Thirteenth)

  • 異界「ヴォイド」
  • 闇の氾濫により、無になった世界。
  • 原初世界に現れる「妖異」(分類上は妖異綱)は、異界ヴォイドに由来する生物であり、第十三世界の住人や生物たちが「闇の氾濫」によって変異を遂げた存在と解釈されている。
  • ゲーム内では第十三世界とは明言されていないが、24人レイド「クリスタルタワー」シリーズの第三彈「闇の世界」で訪れたのも、この第十三世界であると思われる。※その後に出版された世界設定本では、第十三世界である異界ヴォイドから送り込まれたことが記されている。
  • 同様に、24人レイド「シャドウ・オブ・マハ」シリーズで描かれ、第五星暦に栄えたという「魔法都市マハ」についても、この第十三世界が絡んでいるものと思われる。


関連項目



Amazonプライム会員無料体験