万魔殿パンデモニウム

万魔殿パンデモニウム(Pandæmonium)

  • 新拡張ディスク「暁月のフィナーレ」で実装される高難易度レイドシリーズ名称。
    • 「æ」はAEの合字
Table of Contents

万魔殿パンデモニウム

名称リリース報酬
万魔殿パンデモニウム:辺獄編パッチ6.0
LV90 / IL565~
IL580装備
万魔殿パンデモニウム:??編パッチ6.0
LV90 / IL???~
IL???装備
万魔殿パンデモニウム:??編パッチ6.0
LV90 / IL???~
IL???装備

概要

vByKpnQ.jpg
  • 「万魔殿パンデモニウム」は、8人レイドシリーズの名称。
QGJ18wC.jpg
GRtjfiR.jpg

実装予定

  • パッチ6.01/6.05、6.2、6.4で実装されると思われる。
    9qnZJO1.jpg

コンテンツ解放クエスト

項目説明
クエスト名「パンデモニウム」への警告
受注レベルファイター/ソーサラー レベル90
受注場所オールド・シャーレアン (X:9.6 Y:11.9) ネムジジ
受注条件メインクエスト暁月のフィナーレ」の最終クエストをコンプリートしている

コンテンツ概要

項目説明
レベル制限ファイター/ソーサラー レベル90
アイテムレベルによる制限平均アイテムレベル565~
参加登録人数1~8人パーティ限定
制限時間90分

登場人物

ラヴィリンソス

ルイスノ&ネムジジ&クローディエン
  • ※左から、ルイスノ、ネムジジ、クローディエン
クローディエン(Professor Claudien)
  • シャーレアンの研究者で星海研究の第一人者。
    クローディエン : いやはや、なんとも胸がドキドキしますね……。
    史上初となる星海深部への潜航を成功させてみせた貴方は、
    私の憧れの存在なんですよ。
    ネムジジ : 急に憧れを語り始めた、こちらの先生ですが。
    これでも、シャーレアンの研究者で最も深くまで星海を観測した、
    星海研究の第一人者でございます。
    クローディエン : ……かつて私たちは、低地ドラヴァニアに築いた「逆さの塔」により、
    星の意思、ハイデリンと邂逅し「終末」の存在を知りました。
    クローディエン : その後は、ラヴィリンソスに研究の場を移し、
    アイティオン星晶鏡を建設、今日まで星海の観測を続けてきました。
    ……星海の深さに比べれば、波打ち際程度の範囲ですがね。
    クローディエン : ……そして、あれは大整理が宣言された頃だったでしょうか。
    観測中の私たちの前に、ひとつの不可思議な「結晶」が、
    星海の底より浮かび上がってきたのです。
    クローディエン : 結晶のエーテル密度は、通常のクリスタルの数倍。
    しかも驚いたことに、人工的に成形された形状をしていました。
    とても、自然に生成された物とは思えません。
    クローディエン : しかし、私の分析で判明したのは、そこまで……。
    星外への脱出計画を優先せねばならなくなったこともあり、
    結晶の調査は、しばらく棚上げされておりました。
    クローディエン : そして終末の脅威が払われた今こそ、改めて結晶の謎に挑みたい。
    そう考えて……私は、貴方を探していたのです。
ネムジジ(Nemjiji)
ララフェル
  • クローディエン先生の助手。女性。調査レポートの報告役。
    ネムジジ : 突然失礼いたします、私の名はネムジジ。
    アイティオン星晶鏡にて、星海の観測と研究を行っている、
    「クローディエン」先生の助手を務めております。
ルイスノ
エレゼン
  • クローディエン先生の助手。ネムジジの後輩。
    クローディエン : 助手のネムジジさんに、すべて記録してもらってるんです。
    確認したいことがあれば、彼女にお尋ねを!

パンデモニウム

テミス(Themis)
テミス
  • 白法衣をまとった十四人委員会絡みの組織の人間。
    テミス : 私は……十四人委員会絡みの組織の人間でね。
    今回の事態を受けて、調査に向かおうとしていたというわけさ。
    テミス : ……パンデモニウムは、このエルピスの直下に存在する。
    ラハブレア院が管理する施設だ。
    テミス : その内部には、世界へ解き放つべきではないと判断された、
    危険な創造生物が、研究のために収容されている。
ヘスペロス(Hesperos)
ヘスペロス
  • パンデモニウムの獄卒長
    エリクトニオス : パンデモニウム各層には、「獄卒長」と呼ばれる管理者がいる。
    彼らが、施設を厳格に取り仕切っているからな。
    こんな事態は、設立以来、初めてのことだ。
  • 創造生物との融合により半神「ヘーミテオス」となる
    ヘスペロス : 創造生物との融合により、
    半神、すなわち「ヘーミテオス」へと昇華を果たしたのだ!
エリクトニオス(Erichthonios)
エリクトニオス
  • パンデモニウムの獄卒
    テミス : 「獄卒」は、パンデモニウム内で働く者たちのことさ。
    ずいぶんと禍々しい呼び名だが……それには理由があってね。
    ラハブレア院の職員 : 本来、世界にとって危険である創造生物は処分されるのが決まり。
    しかしラハブレア院では、まだ研究価値がある創造生物に限り、
    パンデモニウムに収容して、研究を行っております。
    ラハブレア院の職員 : 当然、そうした創造生物を外部へ逃がすわけにはいきません……。
    「獄卒」は研究員ではなく、創造生物を施設内に縛り付け、
    厳重に監視を行う、番人なのです。
  • ラハブレアの息子。
    ヘスペロス : 「ラハブレア」様の息子でありながら、
    ろくな魔法も使えぬ、能無しのお前がなあ!!
  • 母はアテナ
    テミス : ヒッポカムポスとの戦いに挑む前、君が口にしていた、
    パンデモニウムの初代長官、アテナ……。
    それが、君の母上だね?
    エリクトニオス : そのとおり、俺は尊敬する母アテナに呼ばれたから、
    パンデモニウムで働くようになったんだ。
    決して、ラハブレアのためではない。
アテナ
  • パンデモニウムの先代長官で初代長官。エリクトニオスの母。
    エリクトニオス : パンデモニウムの先代長官、その名も「アテナ」。
    もともとはラハブレア院の研究者だった人で……
    俺を獄卒へと登用してくれたのも、彼女さ。
    パンデモニウムの初代長官、アテナ……。
    それが、君の母上だね?
ラハブレア(Lahabrea)
  • パンデモニウムの現長官。エリクトニオスの父。
  • アテナの死後に長官を引き継いだという。
    テミス : その物言いからして、父であるラハブレアのことは、
    尊敬の対象ではないということかな……。
    しかし何故、ラハブレアに長官の地位が移されたんだい?
    エリクトニオス : ……母が、死んだからだ。
    エリクトニオス : だと言うのにラハブレアは、
    ただ黙って、長官の地位を引き継いだ。
    そんなヤツのことを……俺は尊敬などできない……!

エリア名称

辺獄編



Amazonファミリー無料体験