ミソロジー・オブ・エオルゼア

ミソロジー・オブ・エオルゼア(Myths of the Realm)

  • パッチ6.1実装項目
Table of Contents

ミソロジー・オブ・エオルゼア

名称リリース報酬
輝ける神域アグライアパッチ6.1
LV90 / IL565~
IL590装備
第二弾パッチ6.0
LV90 / IL???~
IL???装備
第三弾パッチ6.0
LV90 / IL???~
IL???装備

概要

古くよりエオルゼアに伝わる十二柱の神々。今や十二神信仰は、土地や国家、種族や部族、生業に至るまで深く紐付けられ、人々の生活に溶け込んで久しい。その神話の始まり、そして終わりを巡る冒険に出かけよう。

コンテンツ開放条件

項目説明
クエスト名委員会へのとある依頼
受注レベルファイター/ソーサラー レベル90
受注場所オールド・シャーレアン (X:9.1 Y:11.5) 新顔のバルデシオン委員
受注条件メインクエスト「姉と弟」を特定の段階まで進めている
Ki2RpVe.jpg

登場人物

ラムブルース
グ・ラハ・ティア
  • バルデシオン委員会のメンバーで、ノア調査団のメンバー。
    クルル : ありがとう、来てくれたのね!
    以前にも話したとおり、
    あなたとラハくんに持ちかけたい話があったの。
    グ・ラハ・ティア : 前に言ってた「例の件」についてだよな?
    分館の活動記録の整理もひと区切りついたし、任せてくれ!
  • 「幻域(げんいき)」とは?
    グ・ラハ・ティア : あんたは知らないか?
    一種の都市伝説みたいなものなんだが……
    グ・ラハ・ティア : このエオルゼアには、
    蜃気楼のように現れるが、入ろうと近づくと消えてしまう、
    幻の領域が点在するって噂なんだ。
    グ・ラハ・ティア : 古くから伝承はあったようだが、未だに実在は証明されておらず、
    歴史書や公的な記録にも、ほとんど登場しない。
    グ・ラハ・ティア : それなのに、見たという噂や与太話は絶えず語られる。
    多くの探検家の心を掴んで離さないロマンってわけさ。
デリック(Deryk)
デリック
  • 「幻域(げんいき)」を発見した人物。探検家。
    デリック : 俺はデリック、幻域を発見した探検家だ。
    わざわざ探してくれたみたいで、悪かったな。
  • 小さなオポオポを連れている。
    デリック : ああ、こいつが気になるか。
    デリック : 以前、怪我していたのを見つけてな。
    助けてやったら、ついて来るようになっちまったんだ。
    ベイビーオポオポ : ウキャッ!
    まぁ、気にしないでくれ。
  • 「オムファロス(the Omphalos)」の名付け人。
    デリック : ようこそ、始まりの幻域「オムファロス」へ。
    デリック : 呼び名がないと不便だと思って、俺が考えた。
    モードゥナはアルデナード小大陸の中心に位置するからな。
    「ヘソ」って意味の古語から引用したんだ。
スノーゲイム(Snoegeim)
ルガディン族女性。「古ルガディン語辞典」によれば、「Snoe」は雪、「Geim」は宝石を意味する。
スノーゲイム
  • シャーレアンの神話学者。
    グ・ラハ・ティア : こちら、神話学者のスノーゲイムさん。
    シャーレアン出身者のご多分に漏れず食生活はおろそかだが、
    研究熱心な、委員会の協力者なんだ。
    スノーゲイム : 伝説の幻域は、神々のおわす「神域」だったですって!?
    神々が実在して、言葉を交わして、人に戦いを仕向けた!?
    ひぇーーーー!
    スノーゲイム : それに、聞く神域の様相はまさに、
    「七天七獄伝承」における天界にそっくりです!
    機械仕掛けの塔がそびえる雷天と、灼熱の砂の都がある炎天!
    スノーゲイム : あっ、七天と七獄っていうのは、
    古くから十二神信仰に関連して信じられてきた、
    天界と地獄のことなんです。
    スノーゲイム : エーテル学的には、
    死した魂は星海に還るのだと判明しているわけですが、
    昔の人々は死後の世界を、そのように解釈してたわけですね。


Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験