スタッフ/石川夏子

石川夏子(いしかわ なつこ)

概要

  • ただし、「メインシナリオライター」と呼ばれたのは、PLLの質問募集のときが初めてだと語っている。
  • パッチ3.1以降のメインクエストは、織田万里氏と、石川氏の2人で分担して担当している。
    • メインクエストについては、プロット段階から吉田氏、前廣氏も入りながら作り上げている。
    • その後A班、B班という形で織田氏と石川で分担する形で回している。
    • パッチ3.3は織田班の担当。
  • その後は、「メインシナリオ担当」として吉田Pと一緒にインタビューを受けるなど、各所で度々登場している。

代表的な担当シナリオ

  • 紅蓮のリベレーター」メインシナリオ
    • 「メインシナリオは、織田(万里氏)と私の2人で担当していまして、ざっくりと言うとアラミゴ側を織田が、東方側を私がライティングしました。」「織田がアラミゴの方とクガネまでを担当しておりまして。私が紅玉海に入ってから、いわゆる東方編をまるごと担当しております。」
    • アジム・ステップ編
      • アジムステップの合戦が終了したあとヤンサに向かう直前に、シリナに別れを告げる場面が特に思い入れが強いと話している。

        自分の書いた範囲でとくに思い入れが強い部分を挙げるとすると、アジムステップの合戦が終了したあとヤンサに向かう直前に、シリナに別れを告げる場面です。そのシーンのカメラワークについて私はとくに何も指定していなかったのですが、そのイベント実装を担当していた人が“引きの画で、青空のなか手を降って去るシーン”を作ってくれて。それを見たときに、「ああ、わかってくれてる!」という気持ちがあふれました(笑)。このクエストは私が万感の思いを込めて作ったシナリオなので、思い入れも強いですね。

      • ヒエンの初登場シーンでは、「ここでは絶対に“カイエンのテーマ”のアレンジを流す。絶対にだ!」とプロットに書いて指定したという。またそのシーンまではドマ関連のイベントでも“カイエンのテーマ”を流さないでくれとお願いしたという。

仕事やプライベートなど

  • 第30回PLLのテスト放送で次のように語っている。
影響を受けた作品
ゲームを除けば、児童書や絵本の影響が大きい。童話の「幸福の王子」。手元においていろんな時に読み返している。けっこう今は絵本専門の本屋や書店内のコーナーがあるので、ぶらぶら探してる。
FF14以外でストーリーが好きなゲーム
いっぱいあるが最近のを挙げるとDQビルダーズがいいなぁと思ってます。FF14の前、別の会社でRPGを作ってて、これまでに5・6本ご一緒している新納一哉ディレクターの作品。新納さんっぽいなぁと思ってました。
祖堅
パッチ3.2からサウンドの発注が、前廣氏ではなく石川氏から来るようになった。言いたい放題で、あれが欲しいこれも欲しいとけっこう注文が多い。夜中にサウンド行くと、筋トレをやっていてそのタイミングで行くと一緒に筋トレやらされてしまう。
シナリオライターを目指したきっかけ
「聖剣伝説3」で、主人公リースが髪を解くシーンの遠景がものすごくて、この世界で自分のキャラが動けるのがすごいなぁと思った。それ以来、学校の文集とかには「スクウェアのライター」と書いてきた。小さい頃の夢がかなった。
上司は?
前廣さんです。
前廣さんはどんな人ですか?
普段はほんとにイイアニキだが、仕事モードに入るとけっこうおっかない。仕事とは別だが、前廣氏はものすごい偏食で2日ほど何も食べてないと思ったら、急にあるものだけをすごい量食べ始める。それを吉田氏に話すと、祖堅もそうだぜと言われた。
吉田さんは?
たぶん思ってるよりはPLLなどの印象と離れていない。会議中にカップヌードルのカレー味を食べるが、匂いが激しい。隣に黒烏龍がそえてあって、一応気にしてるんだと思ってる。
きのこ派orたけのこ派
チョコのついてないクッキーが好きなので、たけのこかな。キノコからチョコがはぜれればキノコでもOK。
メインジョブは?
詩人です。詩人クエストは何もシナリオ書いていないが、自分で書いてない分遊べます。

関連項目