ウェルリト戦役

ウェルリト戦役(The Sorrow of Werlyt)

  • パッチ5.2実装項目
Table of Contents

概要

国境地帯ギムリト・ダークの戦線が膠着状態に陥る中、エオルゼアに向けて「新たな脅威」が解き放たれたとの凶報が舞い込む。そこで英雄が見る、古き因縁とは――。

  • 「ウェルリト」はガレマール帝国の属州のひとつ。ギムリトの隣接地域であると思われる。

コンテンツ開放

ウェポン襲来ファイター/ソーサラー レベル80
ギラバニア湖畔地帯 (X:36.4 Y:31.8) 解放軍の将校
メインクエスト「新たな脅威」をコンプリートしている

ルビーウェポン破壊作戦

血のように紅い重装甲と、獣を思わせる黒き爪。「ルビー」の名を与えられたこの新兵器と遭遇したとき、エオルゼアの英雄は、凶星の不吉な輝きに照らされた狂える亡霊と出会うことになる。

  • パッチ5.2でノーマルモードと極モードが実装される。
  • 「ウェルリト戦役」シリーズの第一弾討伐・討滅戦。
    hplicwv.jpg

コンテンツ概要

  • 極ルビーウェポン破壊作戦
    項目詳細
    レベル制限ファイター/ソーサラー レベル80
    アイテムレベルによる制限平均アイテムレベル470~
    参加登録人数1人~8人
    制限時間60分
    • 「極ルビーウェポン破壊作戦」は、レイドファインダーからのみ突入できます。
    • ※8人揃った状態でレイドファインダーから突入を行う場合に限り、自由なロール構成かつアイテムレベル制限を受けることなく突入できます。
    • ≪開放条件≫
      ファイター/ソーサラーがレベル80かつ、クロニクルクエスト「ウェポン襲来」をコンプリート後に、ギラバニア湖畔地帯 (X:11.5 Y:22.5) にいるNPC“ガーロンド社の原型師”に話しかけると、「極ルビーウェポン破壊作戦」に挑戦できるようになります。
    • ≪交換用アイテムについて≫
      コンプリート時に獲得できる交換用アイテムは、モードゥナ (X:22.7 Y:6.7) にいるNPC"カ・インタナ"において各種アイテムと交換できます。

「ルビーウェポン」とは、FF7のインターナショナル版で実装されたモンスターのこと。アルテマウェポンを倒した後、コレル砂漠で戦うことができた。

スクリーンショット

jiE3O2m.jpg
rBnwSsg.jpg

登場人物

ガイウスの取り巻き?

  • パッチ4.3で「影の狩人」として再登場したガイウスの近辺にいる人物。
  • パッチ5.2から始まったクロニクルクエスト「ウェルリト戦役」にて、名前が明らかになった。
    MX8R52Y.jpg
セウェラ
ガレアン族の女性
  • 青色の髪
  • 従軍経験も豊富で、最新の魔導兵器についても詳しいという。
ヴァルドラン
エレゼン族男性
  • 顔に入れ墨がある。
  • ガイウスとは浅からぬ縁がある模様。
    ヴァルドラン : 孤児たちとの再会をキッカケに、
    帝国軍に戻ろうなどという思いが芽生えてはいないだろうな?
    ヴァルドラン : あの約定を忘れたとは言わせない。
    もし、違えることがあれば……
    ヴァルドラン : お前は、私が殺す……ガイウス・バエサル。

ガレマール帝国軍第VII軍団所属

アリー
アウラ族女性
アリー
  • アルフォンスと兄妹。帝国属州ウェルリトの出身。
アルフォンス
アウラ族男性
アルフォンス
  • アリーと兄妹。帝国属州ウェルリトの出身。
  • ガイウスに保護された孤児たちのリーダー的存在。
レックス
アウラ族男性
レックス
  • ミリサンディア、リコンらと共に幼少期に流行り病で両親を亡くし、孤児としてガイウスに保護された。
  • サファイアウェポンに搭乗するという。
ミリサンディア
アウラ族女性。帝国属州ウェルリトの出身。
ミリサンディア
  • 「ルビーウェポン」(APW-III)に搭乗していた人物。
  • 享年、30歳。
リコン
アウラ族男性。帝国属州ウェルリトの出身。
リコン

解放軍の将校の報告書

ガイウス・バエサルについて

本名、ガイウス・バエサル。
帝都「ガレマルド」出身、元帝国軍第XIV軍団長。
アラミゴを含め、5つの都市国家を征服した要警戒人物。
カストルム・メリディアヌムの戦いで行方不明になるも、
後に「影の狩人」を名乗り、アシエンとの戦いに身を投じる。
また、凍結されていたはずのアルテマウェポン開発計画が、
第VII軍団によって、引き継がれていたことを知ると、
その情報を携えてエオルゼア同盟軍に接触。
ルビーウェポンの迎撃に、情報面で貢献するも、
その搭乗者である孤児兵たちと過去に接点がある模様。
今後も動向に警戒すべきと判断する。

ルビーウェポンについて

機体名、ルビーウェポン。
ガレマール帝国軍第VII軍団の手で開発された、
アルテマウェポンの後継機の1機。
原型機と同様に、蛮神の力を吸収する機能を有しているが、
吸収した蛮神の影響か、その形状や武装には大きな違いがある。
甲殻類のような重装甲と、変幻自在の爪が特徴。
エオルゼアに向けて侵攻を開始するも、
英雄を中核とする迎撃部隊の手により、ギムリトにて撃破される。
現在、残骸をガーロンド社の技師たちが解析中。

ミリサンディアについて

本名、ミリサンディア。
試作兵器、ルビーウェポンの搭乗者。
以下の内容は、ガイウス・バエサルの証言による。
帝国属州「ウェルリト」出身。
幼少期に流行り病で両親を亡くした後、ガイウスに保護され、
ほかの孤児、数名とともに育てられた。
当初は、生きる気力を喪失していたが、
孤児たちのリーダー的存在であるアルフォンスに感化され、
次第に活動的な女性へと成長していったとのこと。
彼女がルビーウェポンに搭乗した経緯は不明。
ただし、愛情深い人物ゆえ、敬愛するアルフォンスのためなら、
命を賭すことも厭わないだろうと、ガイウスは語る。
ルビーウェポンの残骸を確認したシドの証言によれば、
その遺体はコアと融合し、人の姿を成していなかったとのこと。
享年、30歳。


Amazon Music Unlimited 30日間無料体験