NPC・組織/ベーク=ラグ

ベーク=ラグ(Beq Lugg)

Table of Contents
Beq Lugg
ベーク=ラグ
ベーク=ラグ
種族ン・モゥ族性別男性
出身地第一世界フッブート王国年齢
所属組織クラス
付加情報
関係者ポールディア姫
水晶公
コンテンツメインクエスト:漆黒編CV伊瀬茉莉也
世界設定本

概要

  • パッチ5.1メインクエストで登場する。
  • 「魔法宮殿グラン・コスモス(The Grand Cosmos)」に住む魔道士という。第一世界から原初世界暁の血盟メンバーを戻す手立てを探っていた光の戦士たちは、ベーク=ラグの知恵を借りるべく、グラン・コスモスに挑むことになる。
    水晶公 : レイクランドの「始まりの湖」、
    その対岸に、かつてエルフたちが築いた宮殿があってね。
    水晶公 : 「光の氾濫」の折、放棄されたようなのだが、
    そんな場所を根城とする風変わりなン・モゥの隠者がいるんだ。
    水晶公 : かつてフッブート王国の王宮にも出入りしていた魔道士で、
    特に「魂」に関する研究で知られていたと聞く。
    水晶公 : 宮殿に住まいし隠者……「ベーク=ラグ」殿とお見受けする。

魂の研究者

  • ベーク=ラグは魂の研究者であり、「魂」の濃さを視ることができる。
    水晶公 : ただ、魂について長年に亘り研究してこられたあなたなら、
    彼らの魂が、この世界の者と根本的に異なることが、
    おわかりになるのではあるまいか?
    ベーク=ラグ : 確かに……戯言と退けたくなる話だが、
    なるほど、よくよく注意して観察してみれば、
    魂の濃さも尋常でなく、肉体を持っておらぬこともわかる。
    ベーク=ラグ : 特に、こちらの御仁は、一段と濃い魂をお持ちだ。
    ベーク=ラグ : しかも、肉体も仮初めのものではなく、本物であろう。

魂の活性と不活性

  • 第一世界へ呼び出された暁の血盟メンバーの魂を「白聖石」に入れ、原初世界へと戻すというアイデアについて一定の理解を示し、問題点を指摘した上で「ソウル・サイフォン」の開発と改良に尽力してくれることになる。
    ヤ・シュトラ : テレポに代表される転移魔法では、
    自己の延長線上に物質を置くことで転移を実現しているの。
    その際、鍵となるのが「これは自分の物である」という認識よ。
    ウリエンジェ : ならば、「白聖石」が役立つはず……。
    あの魔器は、元々、アシエンの魂を捕らえるため創られた物。
    より魂の質量が小さい我々であれば、収められて当然です。
    ウリエンジェ : 「白聖石」に収められた魂を、
    安全に維持する方法、そして肉体に移し替える方法。
    このふたつを確立できれば、原初世界への帰還も叶いましょう。
    ベーク=ラグ : 彼らの魂を「白聖石」なる魔器に入れ、
    もとの世界へと持ち帰ろうというのか……
    ふむ、アイディアは悪くない。
    ベーク=ラグ : とはいえ、普通の人間と見間違えるほど、
    強固に実体化させてきたというのは、ちと問題だ。
    ベーク=ラグ : 長らく魂が活性化した状態で固定されておるだけに、
    魔器に収めた後も、不安定な状態になりかねん。
    ヤ・シュトラ : 魂が活性化していることが問題というなら、その逆……
    一度、魂を不活性化させることができれば、
    安全に白聖石で運ぶことができると?
    ベーク=ラグ : ふぅ~む、理屈の上ではそのとおりだが……。
    アリゼー : ねえ、その「魂が不活性な状態」って、どういうことなの?
    いまいち想像がつかないんだけど……。
    ベーク=ラグ : そうだな……お前たちのような、
    魂がエーテルを引き寄せて、形まで成している状態を、
    活性化の極みとした場合、不活性はその逆にあたる……。
    ベーク=ラグ : つまり、魂が周囲に影響を及ぼさなくなり、
    体が意のままに動かなくなったり、
    心身から活力がなくなった状態……というところか。
    アリゼー : 体が動かない……活力がない、か……。
    それってなんだか、「旅立ちの宿」の……
    罪喰いになりかけた彼らみたいだわ。
    ベーク=ラグ : ……なるほど、罪喰い化か。
    停滞の光によって侵食された状態だと考えれば、
    その魂は究極的に不活性化した状態とも……。

「魂を活性化」する術

  • こうして「旅立ちの宿」で、「不活性化しつつある状態」=「罪喰い化」しつつある人を見たベーク=ラグは、かつて生み出した「体内のエーテルを一時的に活性化する効用」のある薬を試す。
    ベーク=ラグ : ふむ、彼が最も重篤な子……ハルリクか。
    なるほど、聞いたとおり、
    体内エーテルが光に侵されておる……。
    ベーク=ラグ : そう、光……すなわち、停滞の光だ。
    ベーク=ラグ : うむ、この者たちは光の力によって、
    魂と生命力の源たるエーテルが不活性化しつつある状態だ。
    その果てにあるのが、罪喰い化というわけだな……。
    ベーク=ラグ : ワシが、かつて魂を研究する過程で生み出した秘薬を、
    症状の重さに関わらず、患者たち皆に与えてみてほしいのだ。
    アリゼー : いったい、どんな薬なの……?
    ベーク=ラグ : 体内のエーテルを、一時的に活性化する効用があってな。
    本来は、騎士たちの生命力を底上げするために作ったものだ。
  • 薬は、一部の患者に「体温の上昇や身体機能の改善」といった効能を示し、これによりベーク=ラグは次の推論を導き出す。
    ベーク=ラグ : ふむ、やはりな……。
    ベーク=ラグ : 空から「光」が取り払われたことで、
    患者たちは、これ以上、停滞の力に蝕まれることはなくなった。
    肉体が持つ自浄作用によって、少しずつ症状も改善しておる。
    ベーク=ラグ : しかし、体内エーテルには、ふたつの種類がある……。
    肉体を活動させる源となる「生命力」と、
    精神を活動させる源となる「魂」だ。
    アルフィノ : そうか……あの秘薬で活性化されるのは、生命力。
    だから、症状の軽い患者たちの身体機能が改善した。
    ベーク=ラグ : 少し、昔話をしよう……。
    かつてフッブート王国に仕えていたワシは、
    強化魔法の一種として、体内エーテルの活性化を研究しておった。
    ベーク=ラグ : 先ほどの「生命力を活性化」する秘薬も、その産物よ。
    ベーク=ラグ : ともかく、ワシが言いたいのは、
    体内エーテルの活性化に関する研究成果の中には、
    「魂を活性化」する術も、含まれていたということだ。
    アルフィノ : では、その術なら、ハルリクたちも回復できると?
  • そしてこの「魂を活性化」する魔法の仲介役として魔法生物「ポークシー」が必要だということで、”アンジェロ”を創り出すことになる。
    ベーク=ラグ : ン・モゥの魔法の仲介役には、
    我々が丹精込めて創りあげる魔法生物……
    すなわち「ポークシー」が一番の適任である。
    ベーク=ラグ : さあ、教えたとおりの術式で、粘土の豚に魔力を注ぐのだ。
    アリゼー : 豚は飛ばず、土は起きず、命分かたれぬのが理なれど、
    我が生命の力よ、今ひととき理より離れ、
    空飛ぶ豚とならん……。
  • こうして「罪喰い化」しつつある人、すなわち「不活性化しつつある状態」の解決に一定の成果を見出した一行は、暁の血盟メンバーの魂を「白聖石」に入れ、原初世界へと戻すというアイデアについて取り組むことになる。

ソウル・サイフォン開発

  • こうして得られた知見を元に、ソウル・サイフォン開発についてアドバイスを与え、さらに水晶公と共に開発と改良に尽力する。
    ベーク=ラグ : そして、停滞した魂が活性化する過程を確認したことで、
    真逆の現象についても、見えてきたことがある。
    「魂の不活性化」の理論構築に繋げることができそうだ。
    アルフィノ : 白聖石による原初世界への帰還にも、
    希望が見えてきたということですね……!
  • そして魂を不活性化することで、安定した状態で白聖石の中に収めることに成功する。
    ウリエンジェ : ベーク=ラグ殿の叡智を賜ったことで、
    魂を不活性化し、安定した状態で白聖石の中に収めるまでは、
    成功しようという目途が立ちました……。
    ウリエンジェ : ですが、不活性な魂は、ほかの要素との結びつきが弱い……
    本来ならば付随するはずの「記憶」が、
    このままでは欠落してしまうのです……。
    ベーク=ラグ : うむ……。
    「魂」だけの移送では、いわゆる記憶喪失で目覚めるだけ。
    「記憶」だけの移送では、目覚めることなく衰弱死するだけ。
    ベーク=ラグ : この両方を安全に保持し、
    肉体へと注ぎ込むことのできる新たなる魔具を、
    我々は生み出さねばならぬのだ。
  • さらにウリエンジェの協力も得て「ソウル・サイフォン」への改良に成功する。
    水晶公 : まず、器となる白聖石をベースとした「新たな魔具」に関してだが、
    ウリエンジェとベーク=ラグ殿の協力もあって、
    試作品の作製まで完了したのだ。
    ベーク=ラグ : これについては、ワシらの努力というより、
    元となる白聖石の設計が優れていたと言うべきだろうな。
    ベーク=ラグ : 多少手を加えただけで、魂と記憶を保存する魔具……
    名付けて「ソウル・サイフォン」へと改良できたのだ。
  • そして最後に、水晶公に掛けられた「記憶継承」の秘術を組み込むことにも成功する。
    ウリエンジェ : 器たる「ソウル・サイフォン」は用意できました。
    ですが、それに記憶を込めるためには、
    水晶公に掛けられた「記憶継承」の秘術を組み込まねばなりません。
    ヤ・シュトラ : 話が見えてきたわ。
    アラグの秘術は、水晶公に流れる「血」を触媒にしている。
    でも、当然ながら新しい魔具は、その血をもたない……。
    ウリエンジェ : そのとおりです。
    何らかの手法を用いて、記憶継承の触媒となる要素を、
    魔具に入れ込まねばならないのです。
    水晶公 : 早い話が、記憶継承術を大幅に改変するか、
    触媒たる「血」を魔具に取り込む方法を見つけるか、
    ふたつにひとつしかないというわけだ。
    水晶公 : 私たちは、しばらく術の改変を試みていたのだが……
    結局、うまく定着させることができなかった。
    水晶公 : そこで、だ。
    魔具と術の親和性を高めるため、魔具そのものに、
    結晶化させた私の血を用いてみたのだ。

テンパード化を解く方法へのアイデア

  • 「旅立ちの宿」での治療の過程を経て、アリゼーはこの手法がテンパード化された者を救う手段となりうることを思いつく。
    アリゼー : 魂が、不活性な状態となることで、
    体が意のままに動かなくなったり、心身から活力がなくなる。
    これが罪喰い化に似ているという着想から、私たちはここにきた。
    アリゼー : でも、そうした魂が不活性な状態って……
    蛮神のテンパード化とも似ていると思わない?
    アルフィノ : アリゼー、君はテンパード化が、
    魂を強制的に不活性にして心を封じ込めるような技だと、
    そう推察したというのかい……?
    アリゼー : それでね……もし、この考えが正しければ、
    今の活性化魔法を用いて、テンパード化を解けるかもしれない。
    そう、あの子を……救えるかもしれないと思うの……!

グラン・コスモスにこもった理由

  • 助力を依頼された際に次のように語り、一度は断っている。
    ベーク=ラグ : ぐぬぅ……「お願い」……
    な、なんとも抗いがたき甘美な響き……!
    ベーク=ラグ : その言葉を投げかけられたくないがゆえに、
    こうして人里離れた廃墟に移り住んだというに……!
    ベーク=ラグ : いいや、ダメだ、ダメだ……!
    ワシはヒトの悪意に絶望し、生涯、お願いなど聞かぬと、
    心に誓ったのだッ……!
    ベーク=ラグ : よりにもよって、お前たちはワシの知恵を求めているのだろう?
    かつてワシが裏切り者の宮廷魔道士に知恵を貸したばかりに、
    多くの犠牲が出たのだ……!
    ベーク=ラグ : お前たちは、あの恐ろしい事件を知らないから、
    安々と知恵を借りたいなどと言えるのだ!
    ベーク=ラグ : なんと、あの事件を知っておったか!
    ベーク=ラグ : だが、ワシは知恵を貸したばかりに、
    あの男は魔物化の魔法を完成させたのだぞ?
    その忌まわしい知恵を、借りたいと申すのか……?
    ベーク=ラグ : よ、よかろう……。
  • その後、徐々に自ら物語る。
    ベーク=ラグ : 少し、昔話をしよう……。
    かつてフッブート王国に仕えていたワシは、
    強化魔法の一種として、体内エーテルの活性化を研究しておった。
    ベーク=ラグ : 先ほどの「生命力を活性化」する秘薬も、その産物よ。
    まぁ、これを悪辣なる宮廷魔道士に悪用されたというのは、
    先ほど話したとおり……。
    ベーク=ラグ : ……いかん。
    何度も当時のことを思い出していたら、胸がズキズキしてきた。
    王国に起きた未曾有の悲劇、その光景までが鮮明に……。
    ベーク=ラグ : あああ……騙された怒り、気づけなかった後悔……。
    ううむ、急激に気分が落ち込んできたぞ……。
    ベーク=ラグ : そうだな、世間では悪しざまに言われておるようだが、
    ワシにとっては、悲劇に幕を下ろしてくれた英雄だ……。
    彼らがいなければ、事態はもっと悲惨なことになっていた。
    ベーク=ラグ : ともかく、ワシが言いたいのは、
    体内エーテルの活性化に関する研究成果の中には、
    「魂を活性化」する術も、含まれていたということだ。
  • 光の戦士」ことアルバートらについても語っている。
    ベーク=ラグ : 「光の戦士」か……懐かしい名だ。
    その意味するところは、ここ100年でずいぶんと、
    変わってしまったがな……。
    ベーク=ラグ : 少しだけではあるが、ワシも生前の彼らと交流があった……。
    ベーク=ラグ : 我が知識が悪用された事件を調べてくれておってな。
    気のいい連中で、とても世界の破滅を望むような、
    大罪人になるとは思えんかったよ。
    ベーク=ラグ : 100年前、「光の戦士たち」を見送った人々は、
    異界からの帰還を願って、遺体を聖遺物として埋葬したという。
    それが、こんな形で実現してしまうとは……皮肉なものだな。
  • さらに、過去にフッブート王国で起こった出来事については、Web上の公式外伝「漆黒秘話」の第5話で語られることとなった。

水晶公について

  • 水晶公がベーク=ラグに語っていた思い。
    ベーク=ラグ : ……実はな、ソウル・サイフォンを作りながら、
    水晶公に問うてみたことがあったのだ。
    リスクを負ってでも原初世界に帰りたいと思うか、とな。
    ベーク=ラグ : あやつは、その問い自体には答えなかった。
    だが……こう言っておったよ。
    ベーク=ラグ : 月日を重ねて、広くを見、大きなものを背負うほどに、
    自分ひとりの願いは胸の奥にしまわれていく。
    それを口に出すのは、とても勇気がいることだ……。
    ベーク=ラグ : けれど、周りを見渡して、ふと気づく。
    人は結局、己の願いに導かれながら生きているのだと。
    ベーク=ラグ : ヴァウスリーが、楽園を作ることで、
    己が何者であるかを証明しようとしていたように。
    ベーク=ラグ : ランジートが、深い愛ゆえに立ちはだかってきたように。
    ベーク=ラグ : 罪喰いに抗ってきたすべての人が、
    生きたい、一緒に生きていきたいと叫んでいたように。
    ベーク=ラグ : そしてまた、あらゆる時代の命が、
    同じように願いを重ねてきたことを、
    世界が物語っているように。
    ベーク=ラグ : だから自分も、時がきたら、しまった願いに向けて歩き出そう。
    そこに危険があったとしても構わない。
    願いは……夢は、いつだって挑むものだ。
    ベーク=ラグ : そうして、人らしく、人として生きること。
    それが、救ってもらった命でできる精一杯だ……とな。
    ベーク=ラグ : まったく、そんな青臭い想いを秘めておいて、
    老人ぶるなという話よ。
    ベーク=ラグ : そも、100余年生きているから何だと言うのだ。
    ワシが湖畔で隠遁していた時間と変わらんではないか、若造め!

使い魔

リャナンシー(Leannan Sith)

  • 「魔法宮殿グラン・コスモス」の2ボス。

ルゴス(Lugus)

ルゴス
  • 「魔法宮殿グラン・コスモス」のラスボス。
  • のちに、エリディブスに襲撃された際にも召喚している。
    エリディブス : いいや……だから死んでもらいたいのだよ。
    その身体ごと、術をいただいていく。
    ベーク=ラグ : ゆけ、ルゴス!
    ベーク=ラグ : ひとまず逃げるぞ!

関連項目



Amazon Music Unlimited 30日間無料体験