ヨルハ:ダークアポカリプス

ヨルハ:ダークアポカリプス(YoRHa: Dark Apocalypse)

  • パッチ5.1実装項目
    • 24人アライアンスレイドは、従来通り奇数パッチ(パッチ5.1、パッチ5.3、パッチ5.5)での実装だと思われる。
    • TGS2019で、第一弾「複製サレタ工場廃墟」の情報が公開された。詳報については、次のPLL「パッチ5.1特集パート2」で実機映像などが公開されると思われる。
Table of Contents

ヨルハ:ダークアポカリプス

名称リリース報酬
複製サレタ工場廃墟パッチ5.1
LV80 / ILXXX~
ILXXX装備
パッチ5.3
LV80 / ILXXX~
ILXXX装備
パッチ5.5
LV80 / ILXXX~
ILXXX装備

概要

「NieR」シリーズを生み出したタッグ、ヨコオタロウ氏と齊藤陽介をゲストクリエイターとして迎えた、24人向けコンテンツ「アライアンスレイド」の新シリーズ。 白きアンドロイドの前に立ちふさがる、黒き衣のアンドロイドたちの正体とは――?

This exciting new raid written by guest creators YOKO TARO and Yosuke Saito will see FINAL FANTASY and NieR come together as never before! What grand adventure awaits the enigmatic automaton garbed in white?

DyZFYuvWkAEshcX.jpg

実装の経緯

シリーズ概要

  • 3パーティ(24人)で挑戦するバトルコンテンツで、1つのテーマに沿って構成された「アライアンスレイドの集合体」となっている。
  • 順次拡張される形式をとっており、パッチ5.Xシリーズの奇数パッチで実装される。

スペシャルゲストクリエーター

  • 齊藤陽介(スクエニプロデューサー)
    OUYkq9J.jpg
  • 横尾太郎(ヨコオタロウ)
    1yPCsDZ.jpg
sVPjeCd.jpg

公式情報

インタビューなど

  • 「ニーア」シリーズの開発元であるプラチナゲームズは開発に参画するのか?

リソースデータの共有はしてもらうので、そういう意味では参画に近い。ただ、リターントゥイヴァリースでもそうだったように、ボスバトルなどは「FFXIV」の開発チームが作るので、開発という意味では参加はしない。

  • (やや毛色の異なるニーアとのコラボに対する)様々なプレイヤー反応に

これももうちょっと「漆黒のヴィランズ」の情報公開が進めば、「なるほどね」というところも出てくると思う。いずれにしても「FFXIV」に溶け込めるようにというところは、齊藤陽介さんもヨコオさんも大事に考えて下さっている。やはり「FFXIV」のコミュニティに拒否反応をされたくない、その上でひとつ残したいということを強く感じる。それは僕らも同じで、「ニーア」のコミュニティの皆さんに余計なことするなよと思われたくない。どちらのコミュニティにも喜んで貰えるものにするというのは全員共通で考えているところ。それをしっかりゲーム体験に落とし込んで、ぜひまた予想のつかないなという感じでお待ちいただければ。



Amazon Music Unlimited 30日間無料体験