NPC・組織/フルシュノ・ルヴェユール

フルシュノ・ルヴェユール(Fourchenault Leveilleur)

Table of Contents
Fourchenault Leveilleur
フルシュノ・ルヴェユール
フルシュノ・ルヴェユール
種族北洋系エレゼン性別男性
出身地北洋シャーレアン年齢40歳
所属組織哲学者議会クラス
付加情報
関係者ルイゾワ・ルヴェユール(亡父)
アメリアンス(妻)
アルフィノ・ルヴェユール(息子)
アリゼー・ルヴェユール(娘)
コンテンツ(未登場)CV堀内賢雄
世界設定本1巻 170ページ

概要

外見について

  • 外見については、ゲーム内や公式サイトなどでは未出だったが、世界設定本1巻 170ページに掲載されていた。
  • また2019年12月~翌年2月にかけて行われていたNHKの「発表!全ファイナルファンタジー大投票」(放送日は2020年2月29日)においてこのフルシュノも登場しており、顔写真が掲載されていた(世界設定本と同じものだが丸切り抜きなし)。※既に投票ページが削除されており現在は見れない
  • 2021年5月15日の「デジタルファンフェスティバル2021」にて、パッチ5.55パート2メインクエストおよび「暁月のフィナーレ」での登場が紹介された。また「暁月のフィナーレ」トレーラービデオでもヤ・シュトラと言葉をかわしている様子が描かれた。
  • https://youtu.be/QODhVO2rftI?t=245

有力議員

大撤収の指揮

  • 北方の大国「ガレマール帝国」が、エオルゼア六大都市の雄「アラミゴ」を侵略したときには、フルシュノの一派が率先して和平交渉を行った。
  • しかしその試みが失敗に終わると、今度はエオルゼアに築いていた植民都市の放棄を提案。5年の時をかけて入念に準備を進め、第六星暦1562年に都市民すべてを一挙に北洋諸島の本国に帰還させるという「大撤収」を実行に移した。
  • これにより、低地ドラヴァニア地方に存在した植民都市「シャーレアン」は、一夜にしてもぬけの殻となった。後に、廃墟となった植民都市に棲みついたのがゴブリンの一団で、街として整備され「イディルシャイア」となった。

ルイゾワや双子との関係

アリゼーの語る父

  • 漆黒のヴィランズ」で、アリゼーが少しだけ父のことを話すシーンがある。
    アリゼー : サンクレッドは、何を考えて、あんな態度とってるのかしら。
    こっちに来てから、人が変わったようにさえ思えるけど……
    でも……あんな感じ、どこかで……。
    アリゼー : ああ……そっか……。
    お父様……フルシュノにちょっと似てるんだわ。
    アリゼー : アレコレと口出ししてくるのに、
    最後はこっちに判断を委ねようとするとことか、とくにね。
    ……元気にしてるかしら、お父様もお母様も。
  • これまで判明していなかったが、母(フルシュノの妻)も健在の模様である。またアルフィノの”素直すぎる”(空気の読めない)ところは、母譲りだという。
    アルフィノ : ところで、私は何かおかしなことを言っただろうか……?
    アリゼー : アルフィノの素直すぎるところは、完ッ全にお母様似なのよね。
    あれ、いざ自分が巻き込まれると胸倉つかみたくなるわよ……。
  • アルフィノの卒論のテーマ
    アリゼー : レポートで思い出したんだけど……
    シャーレアン魔法大学では、
    卒業時に自由なテーマでの論文提出が求められるの。
    アリゼー : 私は「戦闘時のエーテル活用の研究」っていう、
    実用的なテーマを選んだんだけど……
    アリゼー : アルフィノときたら、
    「シャーレアンによる世界救済の責務」なんていう、
    壮大で啓蒙的なテーマだったわ。
    アリゼー : これがまた賛否両論でね。
    アリゼー : 外への不干渉を貫くシャーレアンに対して、
    知恵をもって世界を救うべきだって論じたものだから、
    議員でもあるお父様は、とくに複雑そうな様子だったわ……。


Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験