強くてニューゲーム(NEW GAME+)

NEW GAME+(つよくてニューゲーム)

  • パッチ5.1実装のシステム
Table of Contents

概要

  • 現在の強さ(キャラクターレベルやIL)を維持した状態で、過去のシナリオが楽しめるシステム。
  • すでにクリア済のメインクエストジョブクエストなどを、再びプレイできるようになる。
    • ※ただし好きなものだけというわけではなく、「チャプター単位」での受注となる。なお新生エオルゼア部分のメインクエストについては、現在改修中であり、パッチ5.1では対象外であり、チャプター単位も不明
  • カットシーンを飛ばしてしまった場合や、あるいは再びあのシーンを楽しみたいというケースでの利用が想定できる。

解放条件

使用方法

  • メインコマンド「コンテンツ情報」→「つよくてニューゲーム」を選択し、表示された項目から再体験するチャプターを選択
    • ※メインコマンド群機能のため、ホットバー登録可能。
  • チャプターの最後のクエストをコンプリートすると「つよくてニューゲーム」が終了する

注意事項

  • つよくてニューゲーム中には使用できない機能があります。これらの機能を使用する際には、つよくてニューゲームを「中断」すると使用できます。
  • つよくてニューゲーム中には使用できない機能は以下のとおりです。
    • 未コンプリートのコンテンツへの申請
      ※「つよくてニューゲーム」進行中のクエストでコンテンツに申請する必要がある場合は、未コンプリートの場合でも申請できます。 ※コンテンツへ申請した状態でつよくてニューゲームを実行できますが、マッチングしコンテンツに突入すると自動的につよくてニューゲームが中断します。コンテンツ攻略後、中断データから再開してください。
    • マーケットボードや呼び鈴など、NPC/オブジェクトにアクセスして使用する一部の機能
    • オプションアイテム「冒険録」の使用

中断方法

  • 中断するには、メインコマンド「コンテンツ情報」→「つよくてニューゲーム」のメニューを開き、「中断する」を選択します。

オートセーブ

  • 「つよくてニューゲーム」の進行状況は、1スロットでオートセーブされる
    • 例えば上記蒼天の例では、1をリプレイ中に2を開始すると、1のセーブデータ(リプレイクリアフラグ)は自動的に上書きされてしまう。

対象のクエスト

w9OfL6p.jpg

E3 2019でのインタビュー

  • 2019年6月14日公開のインタビュー記事。

参考のために残しておきますが、すでに古くなっているため上記PLLでの発表内容と矛盾している可能性があります。その場合は、上記PLLでの発表内容が優先となります。

【折りたたみます】(クリックで展開します)

――シナリオに関わる新システム“強くてニューゲーム”の仕様について、いくつかお聞きしたいと思います。以前、大きな区切りを設けてやり直すことができるという話をお聞きしましたが、より具体的な仕様を教えてください。
吉田:初期リリースの状態では、メインストーリーだと“新生編”“蒼天編”“紅蓮編”という形で対応しています。例えば、パッチ2.0~パッチ2.55をひと区切りとして、リセットしたりすべてクリア済みにしたりといった変更が可能です。もちろん、“蒼天編”だけを未クリアの状態に戻すといったこともできます。
 ほかには、ジョブクエストや8人レイド、アライアンスレイドも対応しており、こちらも例えば“暗黒騎士クエストすべて”や“クリスタルタワーシリーズ”といったシリーズ単位で未クリア状態に変更が可能です。この先、どれぐらいまでのカテゴリを増やしていくかですが、これはフィードバックを見て少しずつ対応していけたらと思っています。

――リセットしたメインストーリークエストについて、カットシーンではない会話シーンなども見ることができるのでしょうか?
吉田:もちろん、すべて見ることができます。強くてニューゲームでリセットを行うと未受諾という形になるので、愛用の紀行録で見ることができないシーンなども追体験できるようにしています。あとは、僕らがクエストインスタンスバトルと呼んでいる、いわゆるイベントバトルも、もう一度戦ってゆっくり見直すことができますよ。
 ただし、例えば“オルシュファンのこのシーンだけもう1回見る”ということはできないので、それは“蒼天編”を最初からやってもらうことになります。

――仮にですが、パッチ5.0の途中で“紅蓮編”のシナリオをやり直した場合、“紅蓮編”をクリアしなければパッチ5.0に戻れないのでしょうか?
吉田:いいえ。ちょっと言葉で説明するとわかりづらいのですが、今進行している光の戦士の状態は常に維持されているので、もう1個コピーフラグが用意されていると思ってください。“強くてニューゲームモード”をオンにするとフラグがコピー側に入れ替わり、これをオフにすると最新の状態に戻すことが可能です。この2つを並行して同時進行することはできませんが、ワンボタンで切り替えられるぐらいの気軽さで遊べるようになっています。このとき、画面上には“強くてニューゲーム状態なので気をつけてね”といった表示がされているというイメージです。
 ちなみに、強くてニューゲームの正式リリースはパッチ5.1を予定していますので、そこだけご了承ください。パッチ5.0は、みなさん第一世界に行っていて、同時に実装してもプレイする人がほぼいないだろうというのが理由です。逆に、パッチ5.0のメインストーリーが終わると過去のシナリオを振り返りたくなるだろうと予想しているので、パッチ5.1でしっかりデバッグした状態でリリースをし、パッチ5.1のシナリオをやりつつ、過去の振り返りもしてもらえるとうれしいです。

使い方
  • 「強くてニューゲームモード」をオン・オフすることで、切り替える。
  • ”最新のクエストクリア状況”と、「強くてニューゲームモード」を両方同時に進行することはできない。たとえば「蒼天のイシュガルド」を強くてニューゲムモードで進めていて、とちゅうで「漆黒のヴィランズ」を進めたくなったら、「強くてニューゲームモード」をいったんオフにして進めればよい。再度「蒼天のイシュガルド」を進めたくなったら、「強くてニューゲームモード」をオンに戻せばいい。
メインクエスト
  • 新生編」、「蒼天編」、「紅蓮編」というくくりで対応している。
  • 新生編であればパッチ2.0~2.55までがひとくくりであり、このくくりごとにリセット(やり直し)したり、クリア済にしたりの変更が可能。
  • 「蒼天編」(パッチ3.0~3.5)のみを未クリア状態にすることもできる。ただし「オルシュファンのこのシーンだけもう一度見たい」というのはできない。
対応クエスト
対応クエストの例
未クリアになる範囲
  • 完全に未受諾状態になるため、カットシーンにない会話シーンなどもやり直しできる。
  • 宿屋の「愛用の紀行録」に対応していないシーンも再度体験できる。
  • クエストインスタンスバトル(QIB)も対応。
最新のクエストクリア状況はどうなる?
  • 「強くてニューゲームモード」をオン・オフすることで切り替える。
  • これまでのクエストクリアフラグとは別にクエストクリア状況が用意されるため、最新のクエストクリア状況は保護される。「漆黒のヴィランズ」攻略中に「紅蓮編」をやり直すこともできる。※この場合、攻略中の「漆黒編」は一時停止状態になるということ。
レベルシンク


AmazonPrime Video30日間無料トライアル