NPC・組織/超越技術研究所

超越技術研究所(ちょうえつぎじゅつけんきゅうじょ)

  • ゲーム内組織の一つ
    • 英語では「the Resonatorium」または「an imperial research facility」などの表記となっている。

概要

超越技術研究所

研究

  • ガレアン族が先天的に欠如している魔法能力の後天的獲得。
    ガレアン族の後天的魔法能力の付与……。
    帝国社会では異端視される研究だが、聡明なるゼノス閣下は、
    理解を示し、支援してくださったのだ。

超越者(the Resonant)

  • 超越者を造ろうとしていたという。
    あの施設では、超越者という存在を造ろうとしていたの。
    魔法の才がある者たちから、奇妙な装置を使って魔力を吸い上げ、
    別の被験者に注入するという実験だったみたい。

場所

  • ギラバニア湖畔地帯、アラミガン・クォーター内のラールガー星導教の聖堂であった建物を帝国軍が接収し、研究施設として改装したもの。
  • 入り口は36.5,30.0。※空から建物群の俯瞰はできるが進入不可能なエリアとなっている。

組織

アウルス・マル・アシナ(Aulus Mal Asina)
カットシーンで登場するほか、ID「紅蓮決戦アラミゴ」において登場する。アラミゴ王宮内の「アシナ仮設実験場」をバトルフィールドにして闘うこととなる。その中で、研究の成果であるとして魂を分離する「ブレインジャック」を使ってくる。

ラウバーンによる調査

  • アラミゴ奪還後、ラウバーンらにより調査が行われた。
    リセ : なら、ラウバーンに話を聞きにいかない?
    不滅隊が「超越技術研究所」を調査しているんだ。
    何かわかったことがあるかもしれない。
    不滅隊の調査員 : 見てください、この袋の数々を……。
    これはすべて実験の犠牲者たちです。
    どうやら彼らは「供給個体」と呼ばれていたようですね。
    不滅隊の調査員 : 共通しているのは、目立った外傷がほとんどなく、
    ただエーテルを奪い尽くされて、衰弱死している点……。
    まったく、正気の沙汰とは思えませんよ。
    クルルが拘束されていた魔導装置がある。
    周囲のポッドには、「供給個体」と記されているが、
    このポッドだけ「基準個体」というプレートが掲げられている。
    ガーロンド社の技術者 : いつも、シド会長がお世話になっております。
    同盟軍からの依頼で、魔導装置の解析をしているのですが、
    貴方も気になりますか、そのプレートに書かれた言葉が……。
    ガーロンド社の技術者 : 周囲にある同型のポッドには、
    すべてエーテルを吸収する機能が付いていました。
    ところが、そのポッドだけは例外なんですよ。
    ガーロンド社の技術者 : 代わりに、ポッドの内側にはエーテル波形を調べるための、
    センサーらしき装置が、異様な密度で実装されていました。
    いったい、何のためなんでしょうね?
    アルフィノ : ポッドに納めた「供給個体」と呼ばれた人々から、
    魔導装置を介して強制的に魔力、すなわちエーテルを吸い上げ、
    ひとりの強化対象者に注ぎ込む……。
    アルフィノ : その際に「基準個体」……
    つまり、クルルさんのエーテル波形を調べて摸倣することで、
    強化対象者を調整していったようだ。
    リセ : それって、クルルが持っている魔法的な力……
    「超える力」をマネしようとしたってこと?
    アルフィノ : おそらくね……。
    意志を感じ取る力が強いクルルさんを摸倣したがゆえに、
    フォルドラもまた、他者の意志や記憶に敏感なのかもしれない。
    リセ : 捕虜のフォルドラが会うのは、
    見張り役の闘士たちくらいのもの……。
    髑髏連隊に肉親や仲間を殺された人も多いはずだよね。
    リセ : そんな人たちの意志を感じて、
    過去を見続けているのだとしたら……。
    アレンヴァルド : 過去視ってのはさ、
    他人の人生の一部を追体験するようなものなんだ。
    大きな影響を受けることも少なくない。
    アルフィノ : かつてイゼルは、聖竜の過去を視ることで、
    その後の生き方を一変させた……。
    アルフィノ : きっとフォルドラは今、
    自分たちが危害を加えてきた者たちと接することで、
    知りたくもなかった人生を知り、罪悪感に苦しんでいるのだろう。
    リセ : 処刑を望んだのも、やっぱり……。
    ラウバーン : だが、その心の苦しみは、
    フォルドラ自身が向き合うべきものだろう。
    目下、我らが心配せねばならんことは、ほかにある。
    ラウバーン : 超越技術研究所のデータが、帝国本国に送られていた場合、
    大量の超越者が造られ、敵として現れる可能性があるということ。
    ラウバーン : 対策を立てるためにも、超越者の調査は続行せねばならん。
    非情なようだが、フォルドラは貴重なサンプルだ。
    ますます簡単には殺せんぞ。

関連項目

アウルス・マル・アシナ