NPC・組織/断罪党

断罪党(だんざいとう / the Bloody Executioners)

Table of Contents

概要

  • リムサ・ロミンサの海賊で、三大海賊のひとつ。
    ゲラルド : この時、協定に参加した三大海賊……「断罪党」、
    「紅血聖女団」、そして我ら「百鬼夜行」に、
    帝国船への襲撃を許可する「私掠船免許」が発行されたのです。
  • 首領はヒルフィル。
  • リムサ・ロミンサに停泊しているガレオン船「アスタリシア号」を根城としている。表向きは外国籍の商船を装っているが内実が海賊諸勢力の顔役「隻眼のヒルフィル(One-Eyed Hyllfyr)」の乗艦であることは公然の秘密となっている。
    シカルド : いいだろう、メルウィブと会ってやんよ。
    会談の場は……断罪党の旗艦、アスタリシア号の甲板だ。
  • 首領が体調を崩しており、ゴタゴタが続いているという。
    税関公社の職員 : ただ、「断罪党」はゴタゴタ続きですからね~。
    交渉するなら「紅血聖女団」か「百鬼夜行」を推しますよ~。
    メルウィブ : 三大海賊の最大勢力である「断罪党」が、
    種族間の融和路線に強く反対していてな……。
    先ほどの会議に現れなかったのも、その意志表明だろう。
    メルウィブ : 断罪党は海都において絶大な影響力を持つ。
    彼らの意向を無視したまま、ことを進めるわけにはいかないのだ。
    アルフィノ : 断罪党の首領「ヒルフィル」は、
    肺の病で臥せり、表舞台から姿を消して久しいと聞きますが……。
    メルウィブ : そうだ、いま組織を指揮しているのは、
    最近、急に頭角を現してきた「シカルド」という男だ。
    メルウィブ : 彼は、国家権力を嫌っているようでな。
    非公式な対話すら拒絶され、取り付く島もない状況なのだ。

首領:ヒルフィル・フェツムーンシン(One-Eyed Hyllfyr)

断罪党 ヒルフィル
  • 断罪党の頭。
  • 「隻眼のヒルフィル」
  • CV:高橋広樹(エメトセルクと兼役)
  • 現在は体調を崩している。
    アルフィノ : 断罪党の首領「ヒルフィル」は、
    肺の病で臥せり、表舞台から姿を消して久しいと聞きますが……。
  • 覚悟のないシカルドを叱り飛ばす。
    シカルド : でも、オレたちは海賊なんです!
    それを棄てるなんてこと、オレは……!
    ヒルフィル : バカヤロウ!
    まだまだ若ぇクセして、何をビビってやがる!
    ヒルフィル : いいか、俺が考える海賊ってのは略奪者じゃねぇ。
    自由と海を愛し、仁義を重んじる気のいい奴らのことだ。
    ヒルフィル : 略奪だけが能の古臭ぇ海賊は、俺が最後でいい。
    お前らで新しい海賊を、新しい断罪党を作るんだよ!
    ヒルフィル : その才があると見込んだからこそ、
    俺は、お前を頭の代行に選んだんだぞ……
    なあ、シカルド、お前なら……やれるだろ?

首領代行:シカルド

断罪党 シカルド
  • パッチ5.4メインクエストで登場した。
  • ヒルフィルが体調を崩した後、シカルドが頭代行として取り仕切っている。
    メルウィブ : そうだ、いま組織を指揮しているのは、
    最近、急に頭角を現してきた「シカルド」という男だ。
    シカルド : オレはシカルド、断罪党の首領代行だ。
  • やり手で、彼が首領代行となってから羽振りがよくなったという。
    カルヴァラン : 私がシカルドについて知っているのは、
    彼が頭角を現すと同時に、断罪党の羽振りが良くなったことだけ。
    いったいどうやって儲けているのやら、気になるところです。
    ローズウェン : そもそも、あたしらと断罪党は競合関係にあった。
    エオルゼアの帝国軍施設に出入りする補給船を狙う者同士、
    どっちが先に拿捕するのかで、船速を競い合ってたからね。
    ローズウェン : だけど、そんな補給船も、めっきり減っちまった。
    そんなわけで、あたしらも新しいシノギを必死に探してたから、
    シカルドの野郎が、余計に腹立たしくてねぇ……。

関連項目



AmazonPrime Video30日間無料トライアル