NPC・組織/ネルウァ

ネルウァ(Lord Nerva)

Table of Contents
Nerva
ネルウァ
種族ガレアン族性別男性
出身地ガレマール帝国年齢不明
所属組織ガレマール帝国軍第III軍団クラス
付加情報
関係者ヴァリス・ゾス・ガルヴァス
ゼノス・イェー・ガルヴァス
コンテンツメインクエスト:漆黒編CV
世界設定本

概要

  • ガレマール帝国の皇族の一人。
  • ソル帝次男であるティトゥス(Titus)の息子で、ヴァリス帝の従兄弟だという。母はアレキナ(Arrecina)。
    ソル帝
     ├ルキウス──ヴァリス──ゼノス
     └ティトゥス──ネルウァ
    
    ※漆黒のヴィランズ時点での推定系図。その後「暁月秘話」でヴァリスの父ルキウスなどの名前が明らかになった。
  • ソル帝の長男ルキウス(ヴァリス帝の父)の兄弟に次男ティトゥスがおり、その息子がネルウァとなっている。※なおソル帝の長男は早くに亡くなっている。
    獣王ライアン : ……だろうな。
    ヴァリスに負けたティトゥスは愚かで軟弱者……
    その息子ネルウァは帝の器に非ず、国を治める資格なし……とね。
    リセ : 帝国の件なんだけど……
    ヴァリス帝の死後、その従兄弟にあたるネルウァって皇族が、
    後継者に名乗りを上げたらしいんだ。

ガレマール帝国軍第III軍団

  • ガレマール帝国軍第III軍団と関係が深いとされる。
    第III軍団の百人隊長 : 賊軍の進撃を許すな!
    帝位に相応しきは、ネルウァ様のみぞ!
    第III軍団の百人隊長 : ぐあっ……!
    第I軍団の百人隊長 : ネルウァ派の豚どもめ……!
    ここでヤツらを狩り尽くせば、我らの勝利だ!
    クルル : 気になるのは、内乱の中心にいるネルウァ……
    彼と関係の深い第III軍団に、名門貴族のブルトゥス家から、
    多額の支援が行われたらしいという点よ。
  • パッチ5.35時点で第IV軍団に対して帰還要請を出しているが、ノア・ヴァン・ガブラスは返答を保留している。
    獣王ライアン : ……第III軍団から帝都への帰還要請が届いたそうな。
    メネニウス・サス・ラナトゥス : ……知っている。
    だが、閣下はすぐに返答されぬはず。
    獣王ライアン : ……だろうな。
    ヴァリスに負けたティトゥスは愚かで軟弱者……
    その息子ネルウァは帝の器に非ず、国を治める資格なし……とね。

内乱

  • ヴァリス帝を失くし混乱状態にあるガレマール帝国において内戦を引き起こし、その後廃墟となったガレマルドにおいて半壊した魔導城を「改装」しているという。
    サンクレッド : ……リセがもたらしてくれた情報どおり、ひどい状態だった。
    帝都の中心部は、今やガレキの山も同然だ。
    サンクレッド : 内戦を引き起こした皇族ネルウァと、
    その息がかかった第III軍団の連中も、どこに消えたのやら……。
    廃墟と化した帝都は、不気味なほどの静けさに包まれていてな。
    サンクレッド : 内戦を引き起こした皇族ネルウァと、
    その息がかかった第III軍団の連中も、どこに消えたのやら……。
    廃墟と化した帝都は、不気味なほどの静けさに包まれていてな。
    サンクレッド : 帝都でただひとつだけ、騒がしい場所があったんだ。
    魔導城……皇帝の居城にして政治の中枢さ。
    サンクレッド : 半壊したその城に群がるようにして、
    無数の兵士や市民たちが働いていたんだ。
    修理……いや、「改装」するためにな……。
    アリゼー : 内戦で壊れてしまった魔導城を、
    もっと強固なものに造り変えようとしていた、ってこと?
    サンクレッド : いや、それどころじゃなく……とにかく異様な外観でな。
    ウリエンジェの奴は、魔法的な術式が組み込まれているから、
    大規模な魔導装置なんじゃないかと推測していたが……。
    サンクレッド : 真相を確かめようにも、
    隙間がないほど大勢の連中が、重労働に勤しんでいるときた。
    誰かが監督しているわけでもないのに、黙々と……。
    サンクレッド : そう、まるでテンパードのように……だ。
    だからこそ安易に近づかず、
    偵察を切り上げて、帰還してきたってわけさ。


Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験