NPC・組織/サハギン

サハギン族

概要

  • バイルブランド島沖の蒼茫洋に海底都市を築いて暮らす海洋民
  • 海の都リムサ・ロミンサの民にとっては、洋上で船を襲う彼らは忌むべき存在であり、長らく敵対してきた。
  • 第七霊災を境に産卵地を求めて、バイルブランド島沿岸への進出を進めており、脅威は増すばかりである。

リムサ・ロミンサでのうわさ話

  • まぶたがなく、水の中でのみ呼吸が可能で、貝殻や海藻でできた装備を身につけている。
  • リムサ・ロミンサに対して度々、敵対的行動をとり、険悪な状態がつづいている。
  • とくに南部のオシュオン灯台付近では村人が襲われる事件も度々発生している。

関連項目

【蛮族】【リムサ・ロミンサ



AmazonPrime Video30日間無料トライアル