NPC・組織/サハギン

サハギン族

概要

社会制度・生活

  • 特定の「女王」とされる個体が産卵を担い、勇敢な戦士であると認められた雄だけがその卵をもらい受け、自身の子として孵化させ育てる権利を持つ。
    • 従ってサハギン族全体で見ればアリやハチのような女王個体を頂点とした階級社会と言えるが、実際の生活単位である群れで見ると雄個体を頂点とした家族社会のような生活を送る。

リムサ・ロミンサでのうわさ話

  • まぶたがなく、水の中でのみ呼吸が可能で、貝殻や海藻でできた装備を身につけている。
  • リムサ・ロミンサに対して度々、敵対的行動をとり、険悪な状態がつづいている。
  • とくに南部のオシュオン灯台付近では村人が襲われる事件も度々発生している。

関連項目

【蛮族】【リムサ・ロミンサ



Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験