NPC・組織/カイ・シル

カイ・シル(Kai-Shirr)

Table of Contents
Kai-Shirr
カイ・シル
カイ・シル
種族ミステル族性別男性
出身地年齢
所属組織クラス
付加情報
関係者
コンテンツメインクエスト:漆黒編CV岩中睦樹
世界設定本

概要

出会い

  • コルシア島にいるアルフィノと合流すると、彼はユールモアに潜り込むための策として、嗜好品として喜ばれるという果実を入手しようとしていた。
  • 先に代金を払っていたものの、果実は「濃い青髪を短く刈ったミステル族」が代わりに受け取ってしまったということで探索すると、このカイ・シルが犯人であることが判明する。
    アルフィノ : 私の遣いをかたって作物を持ち出したのは、君だね?
    あれは大事な取引に使うんだ……返してくれないか。
    青髪のミステル族 : あ……う…………
    青髪のミステル族 : 許してください……!
    俺、どうしてもユールモアに入りたかったんです!
    青髪のミステル族 : 身内はいないし、ここでできた友達は、
    みんな選ばれて行ってしまいました……。
    青髪のミステル族 : それ以来、周りとはあんまり仲良くなれなくて……
    配給のメオルすら、残りカスしか回ってこないんだ。
    青髪のミステル族 : 何をやっても、みんなは俺を推薦してくれないし、
    おなかもすいて……たまらなく、みじめで……。
    青髪のミステル族 : それで、このまま死ぬくらいなら、
    機会を盗んででも入ってやろうって、思ったんです……。
  • 友人がいるためどうしてもユールモアでなければダメだというカイ・シルに、アルフィノは果実を譲ってしまう。
    アルフィノ : 例えば、クリスタリウムに行くのはどうだろうか。
    あそこなら、都市に養ってはもらえずとも、
    働いた分の見返りは、きちんともらえるはずだ。
    カイ・シル : ダメなんです……ユールモアじゃなきゃ……。
    カイ・シル : 俺の友達がいるのは、あの街だから……。
    いつかみんなで、あの豪華な都市で暮らすんだって、
    約束したんです……。
  • 敏腕商人だと偽ってユールモアに進入することに成功したカイ・シルだったが、バレてしまいヴァウスリーの元へと連行されてしまう。
    ???? : う……ううっ…………。
    アルフィノ : あれは……!
    アルフィノ : カイ・シルじゃないか!
    いったい、どうして……!?
    ヴァウスリー : ンン……なんだ、お前たちは……。
    勝手に飛び込んできて、失礼な奴メ……。
    アルフィノ : ドン・ヴァウスリー!
    これは何事か、なぜ彼が傷ついているのです!
    ヴァウスリー : なぜって……罪を罰するのは当然だろウ。
    そいつは、嘘をついたんダ。
    ヴァウスリー : 敏腕商人だというから招き入れてみたが、
    叩けば叩くほど、ボロが出ル。
    ヴァウスリー : 罪喰いは、ユールモアの同胞。
    そして、生き物の体を構成するエーテルは、その餌になル……。
    ヴァウスリー : だからそいつには、肉を捧げろと言ったのサ!
    自分で、自分の体から、削ぎ取って!
    ヴァウスリー : な~の~に~ぃ!
    それすらも、最後までやりとげられないときタ!
  • こうしてカイ・シルはユールモアを追放されてしまう。
  • その後、再びコルシア島へと戻ってきた光の戦士たちがユールモアを開放し、ブライトクリフ断崖を超えるためにラダー大昇降機を動かしていると、他の労役市民たちとともに手伝いに現れている。
    ctPKGNN.jpg
    カイ・シル : わっ、こんなにたくさん!?
    これがあれば俺たちも……!
    屈強な労役市民 : ええ、存分に働けますとも!
    屈強な労役市民 : この力、我が主のためのみならず、
    カイ・シル : 俺、ふたりに助けてもらった恩を、まだまだ返せてません。
    カイ・シル : だから、精一杯がんばりますッ!
    今度こそ……最後まで!
    カイ・シル : それじゃ、俺たちも出発しましょう!

お得意様取引NPC

  • パッチ5.Xシリーズでの「お得意様取引」の第一弾として、このカイ・シルが発表された。


Amazonファミリー無料体験