NPC・組織/オ・アパ・ペシ

オ・アパ・ペシ(O-App-Pesi)

オ・アパ・ペシ
Table of Contents

概要

  • 角尊のひとり。
  • かつて、某掲示板で「せんとくん」と呼ばれていた。
    • ※その後の出番が少ないことから、現在は話題になることはほとんどなくなった。

旧FF14

  • 旧FF14のグリダニアメインクエスト「眠れる鬼」で登場し、冒険者に対して次のように話す。
    オ・アパ・ペシ : お、きたきた。僕は、オ・アパ・ペシ。
    そう、僕は「精霊の子」と呼ばれてる。
    でも君、この角にあまり驚かないね?
    ああ、君の名前は知ってるよ。ついていない冒険者というのもね。
    ちょうど、森の結界が途切れてしまったときに来たようだね。
    鎮守の森には、僕ら幻術士が張り巡らした結界があるんだ。
    森に住まう、古の精霊たちとの約束みたいなものさ。
    精霊たちは、僕らの都市グリダニアを護っている。
    だから僕らは、精霊を護らないとならない。
    あの結界はそのためのもので、
    お互いの友好を示す約束事でもあるんだ。
    だけどね、この前、その結界の一部が切れてしまった。
    そのとき森の中を歩いていた君も、
    森の精霊たちの怒りを、「穢れ」としてあびてしまったってわけだね。
    え?精霊たちって、本当にいるのかって?

漆黒の闘神オーディン

  • オーディンに関するクエスト「漆黒の闘神オーディン」でも陣頭指揮を執っている。
    ああ、久し振りだね、冒険者さん。
    あなたの協力に感謝するよ。
    ……さっそくだけど、計画について説明しよう。
    実を言うと、闘神「オーディン」の討伐自体は、
    冒険者の活躍で、すでに幾度も成功しているんだよ。
    だけど、件の蛮神は、しばらくすると必ず再出現している。
    しかも、召喚者となる信者の存在が確認されていない上、
    出現の度に姿が変わるなど、謎だらけだ。
    この性質は、ほかの蛮神たちと、あまりにかけ離れている。
    聖典を紐解いても、謎の答えとなるような記述はなかった。
    直に討伐の瞬間を見ることができれば、
    「オーディン」の謎に繋がる何かが、わかるかもしれない。
    あなたにお願いしたいのは、その冒険者部隊を率いて、
    「オーディン」を討伐することさ。
    光の戦士としての腕を見こんで、ぜひとも頼む。

せんとくん

  • サービス開始前後、このオ・アパ・ペシのスクリーンショットが出まわり、グリダニアの森の雰囲気が奈良を思い起こさせると同時に、奈良県の某マスコットキャラクターに似ていたことから「せんとくん」と呼ばれることになった。

関連項目

エ・スミ・ヤン】【三重の幻術皇