BGM/Answers

Answers

  • FF14のテーマミュージックで、タイトルは「Answers」となっている。
Table of Contents

クレジット

  • 作曲:植松伸夫
  • 作詞:佐藤弥詠子 ※
  • 訳詞:Michael-Christopher Koji Fox
  • 編曲:成田勤
  • 歌:Susan Calloway

歌詞(6.0Ver)

  • メインテーマの歌詞紹介連載 ~『新生エオルゼア』編~ | ファイナルファンタジーXIV: 公式ブログ

    過去に発売したサントラで日本語歌詞は公開していますが、
    暁月のフィナーレ』の発売にあたり、「Answers」の和訳を一新しています。
    実はこの曲、「原案となる日本語の歌詞」を「実際に歌唱する英語の歌詞」に翻訳する際に、メロディーに合わせたりするため、どうしても意訳が必要だったそうです。
    結果、歌詞カード等に記載されている英語と日本語が対応していない箇所が生じていました。
    そこで『暁月のフィナーレ』(Patch 6.0)の制作を機に、いずれの言語でも同じ意味で楽しんでいただくため、より英語歌詞の意味に近くなるように改めて和訳を作成したそうです。
    以前のバージョンは「Answers」の歌詞原案としてお楽しみいただけますと幸いです。

Answers / 和訳 6.0ver.

I close my eyes, tell us why must we suffer
Release your hands, for your will drags us under
My legs grow tired, tell us where must we wander
How can we carry on if redemption's beyond us?
 『見るに堪えない。なぜ苦しまねばならないのか』
 『手を放せ。お前の意地に巻き込まれてしまう』
 『どう行けばいい、足がもたない』
 『救われないのに、生きていくのか』

To all of my children in whom Life flows abundant
To all of my children to whom Death hath passed his judgement
The soul yearns for honor, and the flesh the hereafter
Look to those who walked before to lead those who walk after
 命満つる全ての子らよ
 死に裁かれし全ての子らよ
 魂が誉れに、身が不滅に焦がれても
 先ゆく者を見、続く人を導いて

Shining is the Land's light of justice
Ever flows the Land's well of purpose
Walk free, walk free, walk free, believe...
The Land is alive, so believe...
 その星の正義は眩く
 意志は漲り続けている
 歩め、願う場所へ、望むままに、信じて
 世界は更新されていく、だから大丈夫

Suffer (Feel) Promise (Think) Witness (Teach) Reason
(Hear) Follow (Feel) Wander (Think) Stumble (Teach) Listen
(Speak) Honor (Speak) Value (Tell) Whisper (Tell) Mention
(Hope) Ponder (Hope) Warrant (Wish) Cherish (Wish) Welcome
(Roam) Witness (Roam) Listen (Roam) Suffer (Roam) Sanction
(Sleep) Weather (Sleep) Wander (Sleep) Answer
Sleep on
 感じて、考えて、教えて 『なぜこの苦しみは契られたのか』
 聞いて、感じて、考えて、教えて 『声を追い、彷徨っては躓く』
 話して、伝えて 『名誉や価値、噂を挙げる』
 望み、願って 『本当に大切なのは深くにある想い』
 悩み、彷徨って 『見て聞いた苦しみを受け入れる』
 微睡み、眠れ 『嵐を進み、答えを探す』
 静かに


Now open your eyes while our plight is repeated
Still deaf to our cries, lost in hope we lie defeated
Our souls have been torn, and our bodies forsaken
Bearing sins of the past, for our future is taken
 さあ目を開けなさい、醒めぬ苦境のうちに
 未だ叫びに耳を貸さず、打ちひしがれて倒れているのか
 魂は分かたれ、体は失われた
 過去の罪を負い続ければ、未来まで奪われる

War born of strife, these trials persuade us not
(Feel what? Learn what?)
Words without sound, these lies betray our thoughts
Mired by a plague of doubt, the Land, she mourns
(See what? Hear what?)
Judgement binds all we hold to a memory of scorn
Tell us why, given Life, we are meant to die, helpless in our cries?
 不和が生んだ戦争は取るに足らない
 『何を感じ、何を知れと?』
 あやふやな音なき言葉が心を惑わせる
 彼女の嘆く世界は、疑いの病に塗れている
 『何を見て、何を聞けと?』
 災厄があらゆる者を堕ちた記憶に縛りつける
 なぜ命を与えられながら死にゆくのか、無力でも叫び問う

Witness (Feel) Suffer (Think) Borrow (Teach) Reason
(Hear) Follow (Feel) Stumble (Think) Wander (Teach) Listen
(Blink) Whisper (Blink) Shoulder (Blink) Ponder (Blink) Weather
(Hear) Answer (Look) Answer (Think) Answer together
 苦しみを前に理由を求めた 『感じて、考えて、教えて』
 声を追い、彷徨っては躓く 『聞いて、感じて、考えを教えて』
 想いを背負い嵐を進む 『明るく、暗く、瞬きたまえ』
 ともに答えを突きつけるまで 『聞いて、見て、考えて』

Thy Life is a riddle, to bear rapture and sorrow
To listen, to suffer, to entrust unto tomorrow
In one fleeting moment, from the Land doth life flow
Yet in one fleeting moment, for anew it doth grow
In the same fleeting moment
Thou must live
Die
And know
 あなたの人生は問い続ける、歓び悲しむために
 解り、悼み、明日に託すために
 世界から瞬く間に命が流れ去り
 澱むことなく、まだ見ぬ方へと進んでいく
 この一瞬ごと
 生まれ
 死んで
 答を得る

制作過程

  • FF14の楽曲は、利用シーンと曲のイメージが開発から指定されていたようだが、特にこの「Answers」については(恐らく佐藤氏による)日本語詩のイメージがあったという。それを英語にするとともにゲームの世界観を大切にしながら仕上げたことがインタビューで明らかにされている。

ビデオ

旧FF14

終末イベント

  • 旧FF14の最終セーブメンテナンス以降に各地で終末イベントが実施されていたが、すべてのフィールドマップおよび街中の主要ゾーンにおいてこの「Answers」のアレンジバージョンが鳴っていた。
  • かつてオープニングで流星雨のシーンと共に流れたこの曲を終末イベントで再度流すことで効果的に終末感を演出していた。

時代の終焉トレーラー

吉田P号泣

  • 2013年4月のソケンライブ(プロデューサーレターライブテスト放送)において、次のように語るシーンがあった。
    • 昨年末、東京国際フォーラムで行われた「Distant Worlds」にはスクエニFF14開発陣もオーディエンスとして聴きに行ったのだが、たまたま祖堅氏の隣の席に吉田Pが座っていた。
    • そしてSusanCallowayさんの「Answers」に至った時に、祖堅氏は思わず人目をはばからず号泣してしまい舞台が見えなかったという。しかし、ふと隣の吉田Pを見ると同様に号泣していたという。

新生エオルゼア

オープニングムービー

新生祭

  • 2014年8月の1周年記念のシーズナルイベント「新生祭」で、イベント会場となったリムサ・ロミンサのイベント広場一帯でこの「Answers」が使用された。

大迷宮バハムート

  • 道中やボス戦のBGMが「Answers」のアレンジバージョンとなっている。
  • 最終層である真成編4層では「Answers」原曲が流れ、戦闘の進行に応じてパートが切り替わる。

オーケストリオン譜

  • この「Answers」を聞くことができるオーケストリオン譜は2種類ある。
  1. 「オーケストリオン譜:Answers」:レベル60錬金術師レシピでの制作 ※錬成秘伝書:第4巻必要。素材のひとつ「古びた譜面:Answers」は大迷宮バハムート真成編4層で入手可能。マーケット取引可能
  2. 「オーケストリオン譜:Answers:Reprise」:2017年の新生祭でイベント報酬として配布されたもの。元は第七霊災が起こった段階の旧FF14インゲームで流れていたもの。ややくぐもった音のバージョン。

暁月のフィナーレ

  • 上記の通り和訳歌詞を一新。終末の災厄に直面したヴェーネスハイデリン)と古代人を意識したものとなっている。
  • また、アレンジ曲として主にハイデリン関係のイベントシーンで使用される「Answers - Piano」と、ハイデリン討滅戦で使用される「Your Answer」が追加された。

BGM一覧

BGM:【Aetherial Slumber】 【A REALM REBORN】 【Bathed in Woodsin】 【Before Meteor】 【Before the Fall】 【Beneath Bloodied Banners】 【Born of the Boughs】 【Death Unto Dawn】 【Desert Moon Defied】 【Duality】 【Emerald Labyrinth】 【Eorzean Symphony】 【FINAL FANTASY XIV - Eorzean Frontiers】 【FINAL FANTASY XIV Frontiers - Ishgard】 【FINAL FANTASY XIV Frontiers - Ul'dah】 【FINAL FANTASY XIV Frontiers - Gridania】 【FINAL FANTASY XIV Frontiers - Limsa Lominsa】 【From Astral to Umbral】 【Heavensward】 【In the Shadow of the Colossus】 【Nail of the Heavens】 【Navigator's Glory】 【On Windy Meadows】 【Opening Theme】 【Orchestral Arrangement Album】 【PianoCollections】 【Piano Collections FINAL FANTASY XIV】 【Prelude】 【Quicksand】 【Rise of the White Raven】 【SHADOWBRINGERS】 【STORMBLOOD】 【Tempest】 【THE FAR EDGE OF FATE】 【The Forest's Pulse】 【THE PRIMALS Zepp Tour 2018】 【The Twin Faces of Fate】 【Torn from the Heavens】 【Twilight over Thanalan】 【Untempered】 【Victory Fanfare】 【ファイナルファンタジーXIV Battle Tracks】 【ファイナルファンタジーXIV Field Tracks



AmazonPrime Video30日間無料トライアル