賢人ルイゾワの遺文集

賢人ルイゾワの遺文集(From the journal of Louisoix Leveilleur)

  • ルイゾワが残したと思われる文書
  • 第七霊災終了後(2013年1月1日に)、4行詩形式で発見された
Table of Contents

2013年1月

月明輝けども 必ずや暁迎えん
然れど 混沌の地に 神乱れ立たん
神狩る白き剣 神征す黒き剣
握るは いずれか 一握りの剣なり

賢人ルイゾワの遺文集

  • 英語版

賢人ルイゾワの遺文集

解説

異邦の詩人 : ……そうだ!
ガレマール帝国との戦いで、君が活躍したと聞いたよ。ぜひとも、その話を聞かせてもらえないだろうか?
異邦の詩人 : ……なんてことだろう!君が語ったことは、まるで賢人の遺文のようだ!
異邦の詩人 : 『神狩る白き剣 神征す黒き剣
 握るは いずれか 一握りの剣なり』
異邦の詩人 : 黒き剣たる「アルテマウェポン」をもって、蛮神を征そうとした、漆黒の王狼ガイウス。
異邦の詩人 : 対するは、神狩る白き剣……つまり、今を生きる「光の戦士たち」を選んだ、
エオルゼア三都市の領袖(りょうしゅう)たち。
異邦の詩人 : この見立ては、あながち間違っていないと思うんだが。
……どうだろう?
異邦の詩人 : ふふ、僕も賢人に倣って、詩を詠ってみたくなってきたよ。
題材はもちろん、君が演じた黒き剣との戦いさ。
異邦の詩人 : さあ、聴いてくれ。ほかでもない……君の物語をね!
異邦の詩人 : 『東方よりいずる狼 闇より出でて牙を剥く
 応えて客人 掲げるは 勇と優の光輝なり……』

2014年1月

暁導きたるは 輝ける陽光なり
然れど 光き強は 深き闇をも招かん
闇が光と交わりて 色失いし剣
白き地に 黒き影を落とさん

cb527c65adad063ff1ffb36aeda50c500240b15f_0.png

解説

異邦の詩人 : 『暁導きたるは 輝ける陽光なり 然れど 光き強は 深き闇をも招かん
異邦の詩人 : 闇が光と交わりて 色失いし剣 白き地に 黒き影を落とさん』
異邦の詩人 : 賢人ルイゾワが残した遺文によれば、光を帯びた強者の存在は、対をなす闇を帯びた者をも招く……。
異邦の詩人 : 「色失いし剣」が何を示すのか、今の僕には解らないけど……
「白き地」……北方のクルザスが騒がしいと耳にする。近々、君はさらに過酷な戦いに身を投じることだろう。
異邦の詩人 : 君の無事と、さらなる活躍を祈っているよ。再び巡り会ったときには、新たなる物語を聞かせてくれ。

2015年1月

黒き鎧貫きたくば 鋭き槍を求めよ
然れど その矛先は 黒き鱗に向けられん
汝今こそ 昔日に目を向けよ
聖には邪 光には闇 常に相対する者ありと知れ

821c7c045c37d129f1c6e7d50a65e7bcafe36866_0.png

解説

あの四行詩は2015年全体をイメージして書かれているものなので、パッチ2.5というよりも「蒼天のイシュガルド」についてかなあ……となんとなく思っていてください。2.5ではあまり深読みしなくても大丈夫です(笑)。

2016年1月

神話 始めるより昔 光も闇もなく ただひとつの海あり
歴史 始めるより昔 光と闇分かたれ 十四の海とならん
星は月を怖れ 数多の子らを海に放ち
月は星を憎み 数多の子らを海に還す

"汝にクリスタルの導きあらんことを"

   賢人ルイゾワ遺文集:最終節より
    「ゲルンの託宣」訳文を抜粋

fcf3e27de308a33426808dfc3fd2dc47e6152a85_3.png

その後

  • 同様の形式で1月1日に掲載されているが、この後は「賢人ルイゾワの遺文集」ではなく、別の文書からの引用となる。

2017年1月

日出ずる場所にて生まれし
紅き輝き 烈火となりて
日沈む場所にて生まれし
蒼き輝きを喰らわん
  ─東より伝わる古き伝承 作者不明

45369e9dca1bcc3642869755e39038e3fa0dab66_0.png

2018年1月

運命を紡ぐは 天の御業なれど
歴史を紡ぐは 人の業なり
望まれて還りし者 望まれど還らざる者
我 その交わりを記す者なり
  「真新しき古の記録より」

aeb79bd539094f4c4d26de9bbf042b187185fe7b_0.png

2019年1月

定められし運命 覆すは人に叶わずとも
定められし歴史 覆すは人の業と知れ
枯れ行く大樹の枝葉 伐られゆく大樹に接ぎて
我 闇を友として 今こそ運命に抗わん
  「真新しき古の記録より」

756c7303453deaf621f52cfc419690df0f45b261_0.png

2020年1月

歴史上、数多の英雄がいた。
「光の戦士」と呼ばれる者たちが──。
ならば、他者のため、己が身を捧げたあの者こそ、
英雄と、「光の戦士」と呼ばれるべきであろう。
  博物陳列館所蔵『ノルブラントの歴史』に記された筆者不明の走り書きより

be2fd18dab4407b026a3813ce9bd201d7a3bbda2_1.png

2021年1月

我ら黙して語らず、ただ石を積まん。
知、得るため、地へと続く階段を、
命、繋ぐため、天へ続く階段を。
たとえ子に恨まれようとも、その子のために。
  ある男の日誌より抜粋

96535cda4084e0f9b8d62fad850d5a0cb706334c_0.png



開発コメント

  • 新年に4行詩が発表された直後に、吉田Pから謎解きに関するコメントが出ている

    明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願い致します!

    さて、ルイゾワ翁の遺文ですが、さすがに彼の御仁が「特定のジョブにだけ」言葉を残すとは思えません…… ということは、新生エオルゼアの全世界に関わる……?

    2012年の世界滅亡予言を免れた皆さん、2013年、新生エオルゼアに訪れる、 次なるストーリィにご期待ください! そしてルイゾワ翁の行く末にも

関連項目

ルイゾワ

【原初世界】【ゾディアーク】



Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験