蒼の竜騎士

蒼の竜騎士(Azure Dragoon)

Table of Contents

蒼の竜騎士

  • 竜騎士の中でも「竜の力」を得た特別な存在の呼称
  • 「竜の力」に目覚めたものが、空を制するがごとく舞うその様から「蒼の竜騎士」と称される
  • 蒼の竜騎士は、たったひとりでドラゴン族と対等に渡り合うほどの力を持つとされる

初代「蒼の竜騎士」:征龍将ハルドラス

2代目「蒼の竜騎士」:ベルトリーヌ

  • 朔月秘話第1話では、ハルドラスが去った後に十二騎士を止めて酒場を開いたオルニカール・ド・コーディユロの娘であり竜騎士を目指していたベルトリーヌが、ある時竜の側で倒れていたハルドラスを発見し保護する。彼女は神殿騎士になることを夢見ていた。ベルトリーヌはハルドラスの胸甲と融合しつつある邪竜の眼が発する”声”を聞き、発見したのだという。
  • 邪竜ニーズヘッグの目をくり抜いて竜の力を得たハルドラスであったが、その目はなおも力を失うこと無くハルドラスの精神を蝕み続け、心を支配しようとしていた。邪竜の怨念により、間もなく「操られた傀儡」と化すだろうことを察したハルドラスは、ベルトリーヌに心臓を貫かせて命を絶ったのだという。
  • こうして「蒼の竜騎士」もまたベルトリーヌへと継がれた。(朔月秘話

聖バルロアイアン

  • 数百年前にニーズヘッグを退けた「蒼の竜騎士」。
    広場の名前にもなってる、聖バルロアイアンって人はね、
    200年くらい前に実在した「蒼の竜騎士」なの。

聖バルロアイアン広場

  • イシュガルドの聖バルロアイアン広場に石像が立つ。
    階段を登った先は、聖バルロアイアン広場……。
    数百年前に邪竜「ニーズヘッグ」を退けたこともある、
    「蒼の竜騎士」バルロアイアンを記念した広場です。

聖バルロアイアンの祝祭

  • 「聖バルロアイアンの祝祭」が催されており、この日は神殿騎士団が子どもたちに「聖バルロアイアンの冠」を配る習わしとなっている。

伝説的な蒼の竜騎士でもある、聖バルロアイアンの祝祭が迫っている。この日は、神殿騎士団が皇都の子どもたちに、聖人草で編んだ冠を贈るのが慣わしとなっている。

先代「蒼の竜騎士」:アルベリク

エスティニアン

  • 竜騎士AF
    • エスティニアンが纏うこの鎧はドラゴンの生き血を使って作られており、「蒼の竜騎士」の身に宿る「竜の力」を高めることができるという
    • 先代の「蒼の竜騎士」たちの戦いの跡地を巡り、彼らが皇都に奉じた証として残すと古の鎧が蘇えるという

関連項目

ジョブ竜騎士】【ドラゴン族】【ニーズヘッグ

ゲイボルグ



Amazonファミリー無料体験