種族/ルガディン/ローエンガルデ

ローエンガルデ(Lohengarde/Hellsguard)

Table of Contents

概要

アバラシア山脈に住み着いた少数部族。
煉獄の門と信じられている噴火口付近に里を築いていることから、「炎の衛士」とも呼ばれている。伝統的に傭兵稼業に従事する者が多いことでも有名だ。

煉獄の門と信じられている噴火口付近に住まう「炎の衛士」と呼ばれる、ルガディンの一部族。ルガディンの頑強な肉体だけでなく、火渡りの修業により魔力の素質も備えている。

概要

  • 北洋を中心に活動していたルガディンのうち、山岳部族として活動する部族。
  • 不思議な芸術(the magical arts)に長けているとされる。
  • 孤立した部族で、ウルダハにそびえる山を占拠している。
  • ウルダハでは、その姿が稀に見られる。
  • 日本語種族名は、ドイツ語表記の"Lohengarde"から。

ルガディン・ローエンガルデ族女性 ルガディン・ローエンガルデ族男性

主な居留地

身体的特徴

  • ゼーヴォルフ族と同様の巨躯と逞しい肉体を誇る。
  • ただし肌の色味が異なり、煮えたぎる溶岩を思わせる赤みを帯びた者が多い。
  • また北アバラシア山脈の彼らの里では、幼い頃から火渡りの修行を行う風習があり、秘められた魔法的資質を開花させるという。
  • ローエンガルデ族に、剣や斧の使い手だけではなく、優れた魔道士として名を馳せる者が少なくないのも、こうした古来からの風習に寄るものだろう。

命名法則

  • 傭兵稼業に身を投じる者が多いため、他種族から覚えやすく、呼びやすい「エオルゼア共通語」の通り名を名前に用いる。
  • 概ね、名前はふたつの単語により構成されるが、男性の場合は「トール・マウンテン(高い山)」など、自然界に関わる単語が用いられる事が多い。また女性の場合には「ブルー・リリー(青い百合)」など植物に関わる単語が好んで用いられる。
  • また故郷の里を出る者の間では、個人主義が根付いているため、姓は用いない事が多い。とはいえ例外もあり、古風な「古ルガディン語」由来の名前を使うものも少数派ながら存在している。

文化

  • 植生に乏しい山岳部での生活が長いため、限られた食材を余すことなく食べることが重視され、美味を競うような食文化は発展しなかった。
  • 服飾に関しても同様で、貴重な家畜の毛を活かした実用重視の衣服を創るのみで、過度な装飾を嫌う。
  • このように厳しい環境が彼らの文化に及ぼした影響は大きく、修験者のような寡黙さと忍耐強さこそが高潔さの証とされる。

ローエンガルデ族に関係するNPC・組織

関連項目

部族:【ゼーヴォルフ

種族:【アウラ】 【エレゼン】 【ヒューラン】 【ミコッテ】 【ララフェル】 【ルガディン】 【ロスガル】 【ヴィエラ



Amazonプライム会員無料体験