新生エオルゼアの歴史

FF14:新生エオルゼアの歴史

Table of Contents

概要

  • FF14:新生エオルゼアは、2013年8月27日に正式サービス開始を迎え新タイトル「ファイナルファンタジーXIV:新生エオルゼア」、内部バージョンは2.0としてリローンチを果たした。

2013年

2013年8月

8月1日
8月8日
第8回プロデューサーレターライブ
8月16日
18時オープンベータ開始
8月21日
アーリーアクセス(先行ログイン)開始
8月28日ごろ
ダウンロード版出荷制限開始(販売停止)
8月27日
8月30日
  • 最大同時接続者数が21万8千人に到達
  • 時差を考慮してひとつのタイムゾーンとして計測しなおし「約30~35万人同接」とも発表された。

2013年9月

9月1日
9月5日
現時点までに最大同時接続者数32万5千人を記録と発表
9月6日ごろ
パッケージの出荷制限開始 ※ログイン制限や新規キャラクター作成制限が行われる中で、新たにパッケージを販売するのは問題という判断
9月10日
ライブラエオルゼア(iOS版)リリース
9月12日
10時間メンテナンス
9月18日
PC版/PS3版いずれも販売を再開
9月20日
  • 最大同時接続数:34.4万人
  • デイリーユニークログイン数:61.7万人
  • トータルユニークログイン数:108万人
9月21日
9月30日
  • FF14:新生エオルゼア」が145万本のセールスを記録(決算発表)。ディスク出荷本数が約110万本、ダウンロード本数は35万本で合計145万本

2013年10月

10月11日
大迷宮バハムートの第3層にボスや宝箱はないと発表(英文フォーラム) ※当初この3層にだけボスや装備宝箱がないことがプレイヤーの間では謎とされていた。
10月15日
  • hotfixs
  • 飛空艇や定期船の運賃が値下げ
  • 園芸師採掘師のギルドリーヴ経験値上方修正
  • アラガントゥームストーン神話目当てでのアムダ一極集中の緩和策として、ワンダラーパレスおよび蛮神戦真ガルーダ真タイタン)のアラガントゥームストーン取得量の引き上げ実施。※これ以前はゴールデンタイムにおいてはアムダプールへの突入にPT編成後のCF登録でも数時間要していたこともあった。
  • ワンダラーパレス、アムダプールのモンスター配置変更など。タンクが意図的に死亡して途中の敵をスキップする手法が広まっていたことへの対応
  • ワンダラーパレス、アムダプール、カストルム・メリディアヌムプラエトリウムのザコがギルドロップするよう修正(それまでは1~数ギル程度だった)
  • 一連の修正により、アラガントゥームストーン神話集めはワンダラーパレス一極集中時代を迎えた。
  • カラクールの生息域追加、ベーンマイトの出現率上昇(それぞれ、素材であるフリースとダイアマイトウェブを目的とした狩り集中の緩和策として)
  • 黒衣森のシャード採集ポイントの修正(エリアワープを利用した効率的な採集への対策)
10月15日
  • ワールド移転の先行サービス開始
  • 先行サービス機関として、5日間だけ無料で移転できた。また移転できる金額なども正式サービスよりも多少多めとなっていた。
10月16日
第9回プロデューサーレターライブ
10月27日
  • 大迷宮バハムート第5層攻略される
    • バージョン2.0時点での最難度エンドコンテンツ大迷宮バハムート」の第5層が、Order of the Blue Garterにより攻略される。直後に第5層(ツイスターを中心に)について修正を行う旨の発表が行われた
    • ※これ以前の攻略についてはツインタニアの行動不能バグを利用したものであり、公式には認められていない
    • なお第5層については、当初からツインタニアの行動不能バグが報告されていたが、数度の修正の後にこの「正規の手順での攻略成功」があり、そののちさらに数度のメンテナンスを挟んで幾度化修正が行われようやく安定した経緯があった。
10月28日
  • ワールド移転の正式サービス開始。価格は1回1800円(1回で同一ワールドのキャラクターすべてが移転できる)
10月30日

2013年11月

11月1日
ライブラエオルゼア(Andoroid版)リリース
11月6日
  • 課金者数「60万人を突破し、すでにFFXIのピーク時を超えた」(決算発表)
11月8日
  • マーケット勝手購入ハッキング発覚と緊急メンテナンス
    • マーケットボードに近づくだけで勝手にアイテムを購入させられる事案が発生。数時間後に緊急メンテに突入し対策が実施された
    • 被害件数は200件と発表され、ワールド単位での巻き戻りは発生させず各プレイヤーが個別に自主申告する対応が取られた
11月15日
  • 大迷宮バハムート第1層のドロップ偏りは調整不足と認める
    • 外国人プレイヤーの集計データにより左右の宝箱からの出現率が著しく偏っていることが報告され、運営側が設定ミスを認め修正を行うことになった。
    • 後のメンテナンスで修正されたが、修正範囲は1層宝箱だけにとどまった。
11月22日
第10回プロデューサーレターライブ

2013年12月

12月5日
同日発売された「BRAVELY DEFAULT Design Works THE ART OF BRAVELY 2010-2013」の巻頭挨拶で、画伯こと吉田明彦氏が退社していたことが明らかに。
12月14日
第11回プロデューサーレターライブ
12月16日
  • 24時間メンテナンス突入
  • パッチリリース前夜にパッチノート朗読会実施。吉田P室内氏がパッチ2.1のパッチノートを頭から朗読しながら解説するという内容
  • パッチ2.1の目玉コンテンツとして紹介されてきた「ハウジング」の価格についてコミュニティが荒れる
12月17日
パッチ2.1公開
  • ハウジング」実装:価格設定が異常であったためハウジングは死にコンテンツに。直後に吉田Pからのコメントや最低価格調整などが発表されたが、発表時のインパクトが強すぎたためにハウジング関連の話題は盛り下がり、またプレイヤー数現象からかマーケットでの取引量も激減することとなった。
  • 極蛮神戦」実装:極蛮神武器クエストが新たに火曜0時リセットの周回コンテンツとして追加。週1で任意のIL90武器が入手できるようになり、さらにそれとは別に勝利する毎にIL90アクセサリが必ずドロップした。
  • クリスタルタワー」実装:クリスタルタワーとして「古代の民の迷宮」が実装。クリスタルタワーロット権利も火曜0時リセット。タワーではIL80の防具がドロップした。
  • アラガンストーン神話集めは、ワンダッシュ一極集中からクリスタルタワーコンテンツルーレット蛮族デイリークエストへと多様化
  • 「PvPウルヴズジェイル」実装:ランク別などではなくまた装備依存が非常に強い設定となっていたため、スタートダッシュに乗り遅れたプレイヤーでは勝てない状況に。またシステム設定の穴を突いた「3人PT」でのPvPCF登録により対戦を有利にする方法や、またジャンプを繰り返すことで近接攻撃から逃れる穴などが相次いで発見された。
  • 蛮族デイリークエスト」実装:毎日0時リセットのリーヴ形式のクエスト。友好ランクを上げることで蛮族ショップなどが利用できるようになるという内容。気軽に遊べるコンテンツのはずだったが、毎日必ず消化し続けなければならないコンテンツがひとつ増えただけだった。
  • 討伐・討滅戦、PvPなど一部のコンテンツでプレイヤー座標の更新頻度を高速化する処理を導入
  • 下方修正:
    • 黒魔道士の半詠唱廃止
    • 白魔道士のホーリー弱体化:「白魔道士の責任緩和」
    • 設置型範囲攻撃:フレイミングアロー、シャドウフレアがクリティカルになってた

2014年

2014年1月

1月1日
  • 恒例の元旦ポエム発表
  • 「光き強は」という部分について誤字ではないかとの指摘が相次ぐが、すぐに間違いはないと発表される。
1月21日
パッチ2.15公開
1月25日
第12回プロデューサーレターライブ in 大阪FATE
  • 「パッチ2.2コンテンツ特集 Part1」
  • 大阪FATEからライブ実施、アシスタントディレクター髙井浩出演
  • タンク不足:いま育てている人が多いので見守る。それでも不足すれば専用マウントなどを検討
  • マーケットが冷え込んでいるがパッチ2.2でアイテムを大量追加するのでお待ちください

2014年2月

2月4日~2月24日
公式イベント:ライトニングイベント(再)
2月4日~2月17日
公式イベントヴァレンティオンデー
2月18日
Steamで販売開始
2月20日
パッチ2.16
  • 本来はパッチ2.2に盛り込むべき機能だったが、PS4ベータテストにあわせたリリースを行うことで一部機能が先行リリースされたもの
  • 寒い地方でキャラクターの吐息表現(話題にならず)
  • 雨が降ると生地がぬれる表現(透ける表現ではなかったため一部で荒れる)
  • コンテンツファインダーのギブアップ投票開始までの時間変更(ギブアップまでが短すぎるとして5分→15分以降に修正される)
  • ハウジングエリアでにマーケットボードリテイナー追加。当初エリア内に設置されていた「掲示板」的なものとは別に各エリア内に数カ所設置されたため、従来の「土地の値段(等級)」と若干あわない「利便性の高い土地」が出現した。
  • レディチェック機能追加:いつでも何度でもチェックできてしまったため、クリスタルタワーなどで「レディチェックテロ」が流行る
  • ケアルやフィジクなどのアクションターゲットが無効な場合に自分をヒールするよう挙動変更された結果、<mo>を利用したもので意図したとおりに動かなくなるマクロが発生。
  • 不具合が非常に多く、パッチ2.16前にメンテナンス10時間+hotfixのメンテナンスを数回、サーバーダウンが相次ぎメンテナンス実施など不安定状態が続く。同時にアイテム消失(ジョブチェンジ用のソウルクリスタル含む)の報告が相次ぐ
2月20日ごろ
  • このころに冒険者居住区ハウジングエリア)の土地価格が売れ始める。第一弾インスタンスゾーンの土地価格が、3月末に最低価格になることを受けて値頃感が出てきたため、人気エリアから純に売れ始めた。
2月22日
  • パッチ2.16で大迷宮バハムート2層・5層の挙動が告知なく変更されたが、後日不具合であったとして修正された

    一部の方が「裏パッチ」と呼んでいるような「意図的な告知無しの修正」はポリシーとしておこなっていません。

2月22日
プレイステーション4版のベータテスト開始
  • βテスト フェーズ1:2014年2月22日(土)~3月3日(月)
  • βテスト フェーズ2:2014年4月4日(金)~4月7日(月)
2月24日
レガシーキャラクターのワールド移転解禁発表(解禁日は3月1日17時)
  • 数日間フォーラムがスレッド連立で荒れる
2月25日
コンテンツリセットタイミングで大規模ワールドダウン
2月28日~3月13日
公式イベント:プリンセスデー
2月頃
2ちゃんねるで変化
  • サーバー管理会社社長のJimさんが突如実権を握り、旧削除人などを排除、同時に2ちゃんねる自体での過去ログ公開、さらに「まとめブログ」などへの転載を認めない方針を打ち出した。
  • とくにコンテンツやハード関連の板では、まとめブログ掲載用とみられる「過度な煽り演出」(ネ実では、ジョブ対立や種族対立、レガシー非レガシー論争など)がなされる傾向が強かったのだが、この発表を期に各板で徐々にそうした傾向が見られなくなっているように見受けられる。

2014年3月

3月1日
3月3日
2014年4月以降の消費税増税に伴う料金発表
  • ※同社のオンラインゲームではDQ10は内税料金で実質値下げ(増税分をスクエニが負担)、FF11とFF14は外税方式で実質値上げ(増税分を顧客が負担)となった。
3月20日
ネ実も転載禁止に
3月21日
第13回プロデューサーレターライブ in 札幌FATE
  • 「パッチ2.2コンテンツ特集 Part2」
  • トークセッション「コアメンバーに聞く!」はイベント統括/メインシナリオライター前廣和豊

2014年4月

4月14日
PS4版発売
4月15日
  • 「水鏡2枚」問題は持ち回り発言が話題に

    吉P曰く「今回はたまたまそうなっただけのことで、次回は異なるJOBがそうなるでしょう。ようは持ち回りです」との事でした。

4月16日
冒険者200万人突破
4月18日
  • 水鏡問題について吉田Pコメント
  • 「ワーラルシールド」「ワーラルバックラー」を追加、ワーラルシールド/ワーラルバックラーに強化を施していたプレイヤーに水神の魔鏡を補填
4月24日
パッチ2.25リリース

2014年5月

5月15日
  • 大迷宮バハムート邂逅編の超える力について、今以上の開放はしないと回答。

    当初お伝えしていた通り、超える力の解放以降、開発チームで 大迷宮バハムート:邂逅編の挑戦数とクリア数を日々確認しています。 超える力の解放目処は2週間とお伝えしていましたが、現在のクリア状況と、 報酬アイテムの入手バランスから判断して、次の超える力の解放を止めています。 今後、超える力の解放については、引き続き挑戦数とクリア数を確認しながら検討していきます。

5月18日
  • 公式フォーラムにおいて「ACT」ツールのスレッドがクローズへ。

2014年6月

6月12日
E3出展
  • 紙ペラ1枚が話題に

2014年7月

7月8日
パッチ2.3リリース
7月15日
緊急メンテナンス
7月25日
スクエニCTO橋本善久氏退任のニュースが流れる。
7月31日

2014年8月

8月19日
パッチ2.35リリース
8月19日
冒険者230万人突破
8月23日
新生エオルゼア1周年記念 14時間生放送

2014年9月

この頃
冒険者250万人突破
9月16日
パッチ2.38リリース
  • アラグの時砂/時油の緩和:シルクスの塔アモン箱、侵攻編2層でも追加ドロップ開始。
  • ハウジングエリアに2区追加(7区、8区)
  • 個人ハウジング」リリースのはずが、FCハウジングを個人でも買えるようにしただけの斜め上展開。
    • それぞれ2区のみの追加であったため、メンテ終了後数分でSサイズ売り切れ、M/Lサイズも20分ほどで完売する結果に。
    • 従来次のように語っていたため、多くのプレイヤーが別価格で別エリアであると思い込んでいたがそれが誤解であったことが判明した。吉田氏によれば「」の括り位置の問題とのこと。また「その後の拡張計画に関する文章が難解でわかりづらいとの指摘も寄せられた。

      従来の個人ハウジングに関する説明
      今後公開を予定している個人ハウジングについて補足をさせていただきます。
      実装と公開の時期を現時点でお知らせすることはできませんが、個人ハウジングシステム公開の際には、 今回公開となった「フリーカンパニーの本拠地としてのハウジング」とは価格をまったく別にしますので、 (当然ながらもっともっと安く公開させていただきます)その点についてはご安心ください。

      「」の括り位置
      しかし、改めて自身で読み返してみると、「」の括り位置など、非常にわかりにくく、 また当時「とにかく高い」「個人宅もこの金額になるのでは?」というご不安を解消するために、 焦って記述したこともあり、皆さんにご迷惑をおかけしてしまったと反省しております。 この点、ご容赦くださいますと幸いに思います。

      今後の拡張予定
      今後の予定ですが、現在開発中のシステム変更により、パッチ2.4では「今回追加した2区画を含め」、 現在あるすべての区画の土地面積を倍増できる見込みです。 (単純にパッチ2.38までの全ハウス建設用地が、パッチ2.4で倍になる、ということです)

9月22日
TGSのPLLにて改めて上記問題の謝罪があった。


Amazon Music Unlimited 30日間無料体験