地名・国名/ラヴィリンソス

ラヴィリンソス(Labyrinthos)

Table of Contents

概要

オールド・シャーレアンの直下に築かれた巨大地下空間。知の都の住人たちが、世界各地から収集した各種文献や資料を、安全かつ確実に保管するために造られた。そのためにエーテル学的に環境が調整されている。

  • ラヴィリンソスは巨大な地下倉庫で、世界中から貴重な書籍や遺物が集積されている。
    ラゴントータ : ラヴィリンソスには、世界中から貴重な書籍や遺物、
    珍しい生体サンプルまで、さまざまな資料が集められる。
    その数は膨大だから、なかなか大変な仕事だよ。

エリア内の地名

  • ラヴィリンソスはオールド・シャーレアンの地下に存在し、アルティフィスホールに設置されている昇降機で進入する。
    シェルリネー : ようこそ、アルティフィスホールへ。
    ここにはラヴィリンソスに続く昇降機が設置されています。
    なお、アルティフィスは「技巧」を意味する古い言葉なんですよ。
  • 地下に創られた巨大施設だが、空もある。この施設が創られた理由は後々明らかにされていく。
    クルル : ふふ、驚いた?
    本物みたいな空だけど、造り物よ。
    クルル : ここは正真正銘、シャーレアン島の地下。
    感じる風も、流れる水も、人の力で造りだしたものなの。
    ヤ・シュトラ : シャーレアン島は火山島……
    この空間は、大昔の溶岩溜まりだったのよ。
    ヤ・シュトラ : それを400年ほど前に見つけて、
    資料や生体サンプルを保管する場所として改築してきた。
    深部は今なお拡張されていると聞くわ。

構造

  • ラヴィリンソスはすり鉢状の構造をしており、全体が三層構造になっている。
    クルル : ラヴィリンソスは、すり鉢状の構造をしているの。
    今いるのが、いちばん外側の「アウターサーキット」で、
    ひとつ下の中層が「ミディアルサーキット」なんだけど……。
  1. 【アウターサーキット】:最初に進入したエリア。エーテライト「アルケイオン保管院」がある
    • アッパー・アクリンソスとロウアー・アクリンソスがあり、運び込まれた荷物を分類している。
      ラゴントータ : ここは、アッパー・アクリンソス。
      昇降機から積み下ろされた荷物の一次集積場さ。
      ラゴントータ : 荷物はここで分類されてから、アルケイオン保管院や、
      ほかのいろんな施設に運ばれていくんだ。
      いわば、ラヴィリンソスの搬入口だね。
  2. 【ミディアルサーキット】エーテライトはない
    • ※アルケイオン保管院の昇降機を利用させてもらえなかったため、仕方なくエレンヴィルに教えてもらった「第三十三期拡張坑道」経由で侵入する。エレンヴィルの報告現場を盗み聞きするが、身分を隠してラヴィリンソス中枢に侵入しようとしていたことが露見し、まもなく哲学者議会の緊急査問会にかけられることとなる。
  3. 【セントラルサーキット】:最下層。エーテライト「リトルシャーレアン」、「アポリア本部」がある。メインシナリオを進行するとここへの進入を認められる。
    ヤ・シュトラ : ……ラヴィリンソスの下層には、
    哲学者議会に指名された研究者のみが立ち入れる区画がある。
    ヤ・シュトラ : 他国に決して明かせない先端技術や、
    禁忌魔法を研究しているとも噂されているけれど……
    私たち賢人ですら、真実を窺い知ることはできない。
    ヤ・シュトラ : そこで働く研究員たちを専用の施設に住まわせ、
    街に出さないくらいの徹底ぶりだもの。

主要施設

アルケイオン保管院

  • 書物を収めるヌーメノン大書院と双璧をなす公営資料保管庫。ラヴィリンソス中層に繋がる昇降機もある。
    アルフィノ : ここが「アルケイオン保管院」……
    書物を収めるヌーメノン大書院と双璧をなす、
    シャーレアンの公営資料保管庫さ。

リトルシャーレアン

  • 最下層セントラルサーキットにあり、アポリア本部やタウマゼインで働いている人が住んでいる。エーテライトがある。
    リトルシャーレアンの住人 : この集落はアポリア本部やタウマゼインで働いている人ばかり。
    それだけに機密事項も多いんだが……
    ミュサルフレ : ただし、理想はそうでも現実は難しい。
    私たちが望んでかける守秘義務を強いる魔法も、
    未成熟な子どもに対しては、悪影響が懸念されて使えない。
    ミュサルフレ : かといって幼い子を外に出せば、何を口走るかわからない。
    そういった理由で息子は、ずっとリトルシャーレアンの中で、
    暮らしてきたんだ……。

アポリア本部

  • 最下層セントラルサーキットにあり、大撤収計画を指揮する基地。エーテライトがある。
    アルフィノ : 聞けば、この場所こそが、
    大撤収の計画を指揮する基地なのだという。

タウマゼイン

  • ラヴィリンソスの最深部に位置するラヴィリンソスの真なる中枢。
    フルシュノ : これで全員だな……
    改めて、ここが「タウマゼイン」。
    そして、奥にあるのが我々の方舟だ。
    フルシュノ : 船体を中規模に抑え、航行に必要なエーテル量を抑えつつも、
    内部にはミニマムの魔法を応用した質量制御を施すことで、
    見た目以上の積載量になっている。
    エヴェリルダ : ラヴィリンソスの最深部に位置する、
    ここタウマゼインは、ラヴィリンソスの真なる中枢です。
    エヴェリルダ : 星海観測施設であるアイティオン星晶鏡が造られた結果、
    ハイデリンとの接触により、大いなる「真実」を知ったことで、
    「驚嘆」を意味するタウマゼインと命名されました。
    エヴェリルダ : そして、方舟計画の発足に伴い、
    方舟建造のための造船所としての機能が盛り込まれましてね。
    ただし、その目的は長らく秘匿されてきました。

アイティオン星晶鏡(せいしょうきょう)

  • タウゼマインを降りきった場所にある施設。
    フルシュノ : そして哲学者議会は、大撤収が決定したころから、
    秘密裏に新たな星海観測施設を造りはじめていた。
    フルシュノ : 次第に力が弱まっているハイデリンの声を、
    少しでも安定して拾えるよう、
    より深く、星の中心まで見通せるようにして……。
    フルシュノ : それこそが、この昇降機の先にある施設、
    「アイティオン星晶鏡(せいしょうきょう)」だ。
  • 星海研究の第一人者クローディエンも次のように語っている。
    クローディエン : ……かつて私たちは、低地ドラヴァニアに築いた「逆さの塔」により、
    星の意思、ハイデリンと邂逅し「終末」の存在を知りました。
    クローディエン : その後は、ラヴィリンソスに研究の場を移し、
    アイティオン星晶鏡を建設、今日まで星海の観測を続けてきました。
    ……星海の深さに比べれば、波打ち際程度の範囲ですがね。

スクリーンショット

ndmpv8F.jpg
VAjBcbZ.jpg
46Qo9Me.jpg

ウォークスルー動画



Amazonファミリー無料体験