地名・国名/ザ・バーン

ザ・バーン(The Burn)

概要

東州オサード小大陸の西端に広がる白き荒野。古の昔、相次いで神降ろしが行われた結果、極端に環境エーテルが枯渇したこの一帯は、焼き尽くされた地、ザ・バーンと呼ばれている。

ザ・バーン(The Burn)

場所

  • 東州オサードとイルサバード大陸の境にある。
    サンクレッド : 「ザ・バーン」……。
    永久焦土帯の名だ……!
    アリゼー : 東州オサードとイルサバード大陸の境ね!?

メインクエストで登場する永久焦土

  • ガレマール帝国の民衆派将校マキシマの帰国に同行してガレマール帝国へと向かうアルフィノの乗った高速魔導駆逐艇L-XXVは、このオサード小大陸の西端にある永久焦土帯を通過している際に魔導アーマーから攻撃を受けて不時着してしまう。
    アルフィノ : 永久焦土帯……確か文献によれば、
    環境エーテルが極端に枯渇し、荒廃した土地だとか……。
    マキシマ : ええ、古の昔、相次いで神降ろしが行われた結果、
    焦土と化した場所と考えられています。
    ガレマール帝国の初代皇帝、ソル帝は東州遠征の道中にて、
    この地を直にご覧になり、星を蝕む脅威を認識……
    蛮神討滅を国是に掲げたと言われています。
  • アルフィノの行方を追う冒険者ヒエンらの一行は、ザ・バーンへと向かう。
    ヒエン : 「ザ・バーン」……。
    彼の地は、かつて行われた蛮神召喚により、
    エーテルを喰い尽くされ、永久焦土と化した土地。
    ヒエン : 幼少の折、わしが受けた帝国式の教育によれば、
    ガレマール帝国を興した「ソル」帝は、
    その不毛の地を目にしたことで、蛮神討滅を掲げたというが……。
    ヤ・シュトラ : 私たちが避けようとしている未来の光景といったところね。
    そんな土地の名を、アルフィノは通信で告げた……。
    ヒエン : ああ、帝国へと向かうなら、上空を通過する必要があるものの、
    決して、立ち寄るような場所ではない。
    やはり、異常事態が発生したと考えるのが妥当であろうな。
  • アルフィノの乗ったガレマール帝国艦艇の残骸しか見つけることは出来なかった。
    ユウギリ : あの戦艦が見えるな?
    ユウギリ : 私たちも、先ほど発見してな。
    艦型から、アルフィノ殿が搭乗した艦とみて、
    アリゼー殿と調査してみたのだが……。
    アリゼー : ……艦の周りには、アルフィノやマキシマ大使といった、
    見知った顔はなかったわ。
    ヤ・シュトラ : どうやら、周辺にも、
    墜落した帝国の魔導兵器があるようね。
    ここで、なんらかの戦闘があったのは間違いなさそう。
    ユウギリ : こちらの帝国兵ですが、
    軍装に、「皇帝親衛軍」の記章がつけられておりました。
    ヤ・シュトラ : ……ヴァリス帝直属の精鋭部隊、か。
    ヒエン : どうりで、帝国兵の亡骸しか見当たらんわけだ。
    アルフィノたちが乗った艦を落としたのは、
    同じ「帝国軍」か……!

ヤ・シュトラの仮説

  • ヤ・シュトラは、古のアラグ帝国がこのザ・バーンの土地を浮上させて魔大陸アジス・ラーを生み出したのではないかとする。
    ヤ・シュトラ : アルフィノの捜索中に、
    古代アラグ文明の遺構に行き当たったの。
    アリゼー : アラグ文明の遺構?
    ヤ・シュトラ : 実は、ザ・バーンに着いたときから、違和感があったのよ。
    それは、あの焦土にかすかに漂う環境エーテルの残滓が、
    魔大陸で感じたそれと一致していたから……。
    ヤ・シュトラ : 似通ったエーテルを感じる、ふたつの大地……。
    これは仮説だけど、アラグ帝国はザ・バーンの土地を浮上させて、
    魔大陸を生み出したのではないかしら?

インスタンスダンジョン永久焦土ザ・バーン

関連項目



AmazonPrime Video30日間無料トライアル