十二神/オシュオン

オシュオン(Oschon the Wanderer)

概要

  • 山岳と放浪を司る男神。
  • 風属の神力を有し、霊三月の運行を務める。

逸話

象徴

  • イチイの弓を持った呑気な猟師の姿で描かれ、山杖を象徴として表されることが多い。

関連するもの

  • 都市国家リムサ・ロミンサには、「オシュオン灯台」がある
  • 古代都市「ニーム」で信仰が盛んであったとされる
  • 採掘師のあいだでは定説となっている大陸漂流説から、放浪の神オシュオンを崇める者が多い

関連項目

十二神




十二神
支配月
星1月霊1月星2月霊2月星3月霊3月星4月霊4月星5月霊5月星6月霊6月
ハルオーネメネフィナサリャクニメーヤリムレーンオシュオンビエルゴラールガーアーゼマナルザルノフィカアルジク
旧暦
1月2月3月4月5月6月7月8月9月10月11月12月
支配する属性
氷水風雷火土
人歴
航年浪年工年破年審年商年豊年時年戦年慈年識年運年


Amazon Music Unlimited 30日間無料体験