ヒドゥンゴージ機工戦

ヒドゥンゴージ機工戦(Hidden Gorge)

パッチ4.5での変更点

フロントラインライバルウィングズにおいて、以下の追加/変更が行われます。

  • ランディングポイント内でステータス「無敵」が付与されていると、他のプレイヤーからデバフが付与されなくなります。
  • ランディングポイント外に出た際、ステータス「無敵」が15秒間付与されるようになります。
  • アイテムが使用できなくなります。
    特定条件下でアイテムを使用した際、他のプレイヤーが不快な思いをすることを防ぐための対応です。
Table of Contents

概要

ザナラーンの外れに「隠塞(ヒドゥンゴージ)」と呼ばれる谷がある。かつて、アマジナ鉱山社が大金を投じて開発したものの、不運にも数年で鉱脈が尽き、見捨てられてしまった場所だ。そんな、忘れられた鉱山施設が、冒険者向けに演習場として解放された。鉄の道を境にしてにらみ合うは、蒼き隼と紅き鴉。今ここに、ふたたび狂乱の縄張り争いが始まる!

コンテンツ解放条件

ルール

  • 基本ルールは、「アストラガロス(機工戦)」と同じ。「ライバルウィングズ」の項を参照のこと。
  • 以下では、ヒドゥンゴージ機工戦の独自ルールのみを記述する。

青燐機関

  • フィールドを横断するように敷かれたレールの上を走行する列車です。青燐機関車は高速で走行した状態で出現し、フィールド中央部にある「ステーション」に停車します。
  • プレイヤーはステーションを「占拠」し、「制圧」することで青燐機関車が積んでいる「支援物資」を獲得することができます。
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_11.png
  • 走行中の青燐機関
    走行中の青燐機関車に接触すると大ダメージを受けます。レール脇に設置された「警報機」が鳴り始めると、青燐機関車が通過する合図となります。
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_12.png

ステーション

  • ステーションは青燐機関車が停車する施設です。プレイヤーのみ立ち入ることができ、機工兵器は進入できません。
  • 【ステーションの占拠】
    • ステーションに青燐機関車が停車すると、ステーション上の「占拠エリア」が起動します。
    • この占拠エリア内にプレイヤーがとどまることで「占拠値」が増加し、最大になるとそのチームの「占拠状態」に移行します。
    • 占拠値の増加量は占拠エリア内にとどまる両チームの有効人数差に応じて変動します。有効人数は最大で4人までとなっており、これを超える人数はカウントされず、占拠値の増加量も変わりません。
    • また、占拠エリア内にいるプレイヤーには、「不退転」という強化ステータスが付与され、与えるダメージが大幅に上昇します。このステータスを上手く利用して相手チームのプレイヤーをノックアウトし、占拠エリア内の有効人数を減らすことで効率的に占拠できます。
  • 【ステーションの制圧】
    • ステーションがいずれかのチームによって占拠されると、占拠したチームの「制圧値」が増加していきます。制圧値が最大に達すると「制圧」が完了し、青燐機関車が運んできた支援物資を獲得できます。
    • 制圧値の増加は占拠していないチームとの有効人数が同数以上の際に行われ、同数未満になると停止します。
    • ステーションが制圧されると、青燐機関車はフィールド外へと走り去っていきます。青燐機関車は一定時間後に再出現しますが、その際は占拠状態や、制圧値の蓄積量はすべて初期化されます。
  • 青燐機関車とステーションの状況】
    • 青燐機関車が出現するまでの時間や積んでいる支援物資の種類、ステーションの占拠状況などは専用のUI上で確認できます。
      a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_13.png
      a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_14.png
      • (1)支援物資の種類  (2)有効人数  (3)占拠状態  (4)占拠値  (5)制圧値
  • 【支援物資】
    • 青燐機関車が運んでくる支援物資は全部で4種類あり、試合の経過時間に応じて変化します。
    • 支援物資の獲得時には、チーム全体のテンションの増加と、支援物資の種類に応じた効果が得られます。
    • 試合の前半から中盤にかけては「大容量青燐水タンク」、「ゴブ式興奮剤」、「ゴブリタンク認証鍵」の中からランダムで選択され、試合が終盤になると「ゴブ式特盛セット」のみが選ばれるようになります。
  • 大容量青燐水タンク
    項目詳細
    効果獲得したチームの全パーティ青燐水(CE)が50増加する
    増加するテンションのスタック数1
    出現タイミング試合開始から12分経過前
    アイコン
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_15.png
  • ゴブ式興奮剤
    項目詳細
    効果獲得したチームの全プレイヤーのアドレナリンゲージが最大になる
    増加するテンションのスタック数1
    出現タイミング試合開始から12分経過前
    アイコン
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_16.png
  • ゴブリタンク認証鍵
    項目詳細
    効果獲得したチームのコアから南北のレーンに向けてそれぞれ1体ずつゴブリタンクが出撃する
    増加するテンションのスタック数1
    出現タイミング試合開始から12分経過前
    アイコン
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_18.png
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_17.png
  • ゴブ式特盛セット
    項目詳細
    効果獲得したチームが「大容量青燐水タンク」、「ゴブ式興奮剤」、「ゴブリタンク認証鍵」のすべての効果を得られる
    増加するテンションのスタック数3
    出現タイミング試合開始から12分経過前
    アイコン
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_19.png

ゴブリン・マーシナリー

  • ゴブリン・マーシナリーはどちらのチームにも属さない「中立キャラクター」として、「ノース・マーシナリーベース」もしくは「サウス・マーシナリーベース」のどちらかにランダムで出現します。
  • 近くにいるプレイヤーに対してさまざまな攻撃をしかけてきますが、傭兵契約ができれば、チームの戦力として力を貸してくれます。
    a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_20.png
  • 【マーシナリーとの傭兵契約】
    • ゴブリン・マーシナリーとの傭兵契約の方法は、「ゴブリン・マーシナリーに対して与えたダメージが相手チームよりも一定量を上回ること」です。
    • 条件を達成するまえにゴブリン・マーシナリーのHPが0になった場合は、その時点で与えたダメージが上回っているチームと傭兵契約します。
    • それぞれのチームが与えたダメージの差は、ゴブリン・マーシナリーの頭上に表示される専用のゲージによって確認できます。チーム・クロウがダメージを与えると青側に、チーム・ファングがダメージを与えると赤側にゲージが伸びます。
      a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_21.png
  • 【マーシナリーの出撃】
    • ゴブリン・マーシナリーの傭兵契約に成功すると、傭兵契約に成功したチームのコアから出撃し、オートマトンと同じように相手チームのタワーやコアを目指して進軍します。ノース・マーシナリーベースで傭兵契約した場合は北側のレーンに、サウス・マーシナリーベースで傭兵契約した場合は南側のレーンに出撃します。
    • また、チームに属したゴブリン・マーシナリーには、「契約期間」というステータスが付与されています。このステータスのカウントが0になると、契約満了となり、どこかへと去っていきます。
    • 去っていったゴブリン・マーシナリーは一定時間後に中立キャラクターとして再出現します。 a300f46df4c60efcb6e52c6d9c4cbb79c0e5f189_22.png

公式サイト

事前発表

──ルールは、ライバルウィングズと同じでしょうか?
吉田エネルギーを溜めてメカを起動し、相手のタワーを破壊したほうのチームが勝者というルールは基本的に同じです。ですが、そもそもマップが違うこともあり、遊びかたがまったく変わっています。たとえば“ゴブリンの用心棒”という新たなギミックが入っていて、それを味方にできるか敵に奪われるかによって、戦局が大きく変わってきます。僕個人としては、アストラガロス(機工戦)よりもこちらのほうが好みです。
──エリア中央で両軍が激突する展開も、アストラガロス(機工戦)と同様ですか?
吉田今回のバトルは、ふたつの軸で構成されています。エリア中央部に物資を乗せた列車がやって来るのですが、そこに、先ほどお話した“ゴブリンの用心棒”というエッセンスが加わってきます。ですが、そこばかりに注意を払っていると、敵軍に正面から襲われてしまいかねません。今回は両軍が激突する機会が多くなるように作ってあるので、興奮しすぎて前に出過ぎてしまう場面が増えるかと思います。もちろんそうなれば、味方を見失ってしまったり、敵の大群に下から襲われてたいへんなことになる危険性が高まります。とにかく乱戦がおもしろいので、そのあたりにご期待ください。
──楽しみです。ちなみに、機工兵器は増えていますか?
吉田増えていません。参加人数もふくめて、ベースのルールはいままで通りです。

スクリーンショット

8o22PGZ.jpg
HT13cPY.jpg
d4Q5Km1.jpg
vD7Iw1q.jpg