ダルタンクール家

ダルタンクール家(the Dartancours family)

概要

御用邸

  • 黒衣森中央森林の西の端にある「ハウケタ御用邸(Haukke Manor)」を屋敷とする
  • ハウケタ御用邸は、もともと歴代の幻術皇の住まいとして使われていたものだったが、改革者として知られた先々代の幻術皇が「贅沢に過ぎる」として手放したという。
  • この邸宅を買い取ったのが、ダルタンクール家である。

現当主

  • 現当主はアマンディヌ(Lady Amandine)
  • アマンディヌは美しく聡明な女性であったが、第七霊災で顔に深い傷を負い 屋敷にこもるようになってしまう。
  • 傷を癒やすために雇ったのは怪しげな仮面の男たちで、傷を癒す儀式は、日を追うごとに残酷になり、使用人たちは戯れに責め苛まれ美しいメイドたちは拷問の後、無残に殺されたという。


AmazonPrime Video30日間無料トライアル