ソーン朝ウルダハ

ソーン朝ウルダハ(dynasty of Thorn)

Table of Contents

概要

  • ララフェル族により建国されたウルダハだが、この時期は大陸から大挙して渡ってきたヒューラン族の王朝により支配されていた。
  • 桃花紋を用いたとされる。

歴史

  • 1224年、クーデターによりササガン3世が投獄され、代わってバルドルフ・ソーンが人々に推戴され王となった。これにより第一期ウル朝は終了し、ヒューラン族によるソーン朝へと移行する。
    • ゾンビパウダーの真実を知ったバルドルフ・ソーンによりササガン3世は失脚した。この時バルドルフ・ソーンは辞退したが周囲の懇願により政情が安定するまでという条件付きで、王位に就いた。
  • 1267年、バルドリック(Baldric Thorne)の娘エドヴィア姫が失踪し、軍隊を総動員しての大騒動に発展するが、のち見つけ出された。→プリンセスデー
  • 1270年、ウルダハの首都を、かつてシラディハ王朝の築かれていたほぼ真上に移動させる。
  • 1272年、カッパーマイン鉱山で使役していた巨人族「ヘカトンケイレス族」が一斉に反乱を起こし始めるが、最下層の岩盤を崩落させ閉じ込めることで反乱を鎮圧した。
  • 1353年、シラディハ水道からゾンビの大群が現れ、これに対してソーン朝では対立していたアマルジャ族と協力関係を結び、さらにアラミゴの傭兵と契約することでこれを退けている。
  • 1355年、ソーン家は政情が安定したとして王位を放棄し、ウル家に王権を移譲した。これによりウルダハ王朝は第二期ウル朝へと移行する。
    • これによるとソーン朝は131年間ということになる。

プリンセスデー

  • 3西紀前、ソーン朝の頃のウルダハにおいて、窮屈な宮廷生活に嫌気がさした王女エドヴィア(Edvya)が同年齢の街娘と衣装や冠を交換し、宮中の家来や召使いたちの目を欺いて姿をくらました事件のこと。
  • 失踪発覚後エドヴィアが発見されるまでの間、時の国王バルドリック(Baldric Thorn)は大いに狼狽し、軍隊を総動員しての大騒動に発展した。

飾り棚の人形について

  • プリンセスデーの際に飾られる飾り棚には由来があるという。
  • 一番下の段:「三騎士」
    mRAV0gi.jpg
    博識な使用人 : 一番下の段には、全部で三体の、
    騎士を模した人形が置かれる予定です。
    この三体は、合わせて「三騎士」と呼ばれています。
    一番下の段に置かれている三体の人形は、
    王家を守護する銀冑団の「三騎士」を象ったもの。
    注目すべきは、その手に持った剣でございます。
    ウルダハ建国の父、「ササガンI世」は、
    銀冑団創設時に「偉大なる三騎士」に剣を下賜しました。
    同じ石材で作られた三振りの兄弟剣を……。
    コルタナ、ジュワユース、デュランダル……
    それを手にする「偉大なる三騎士」の人形を配することで、
    ソーン朝の正当性を暗に示したのでありましょう。
  • 下から二段目:「双弓」
    u5E2ovS.jpg
    下から二段目には、
    二体の弓使いを模した人形が置かれる予定です。
    この弓使い人形は、合わせて「双弓」と呼ばれています。
    下から二段目に置かれている二体の人形は、
    「エドヴィア姫」の従僕を務めた弓使いを模しており、
    合わせて「双弓」と呼ばれています。
    注目すべきは、その種族。
    「双弓」のひとりはミッドランダー族……
    これは、ソーン朝王家と同じ部族であります。
    もう一方は、ミコッテのサンシーカー族。
    当時、度重なる対立の後に、サゴリー砂漠の「ウ族」と結び、
    砂漠越えの交易路が確立したことを示しているのです。
  • 下から三段目:「三創」
    jPGVwh8.jpg
    下から三段目には、
    錬金術師、彫金師、裁縫師の人形が置かれる予定です。
    この三種の職人人形は、合わせて「三創」と呼ばれます。
    下から三段目に置かれている人形は、
    錬金術師、彫金師、裁縫師の職人を模したもの……。
    この三種の職人人形は、合わせて「三創」と呼ばれます。
    彼女たちは歴史上の特定個人ではなく、
    ウルダハの産業を司る職人たちの代表として生み出された、
    架空の人物だというのが、通説になっています。
    女性の流行に対する関心は、いつの時代でも高いですからね。
    その関心の高さが、流行を生みだす職人への尊敬に繋がり、
    彼女たち「三創」が生み出されたのでしょう。
  • 最上段
    qncxGak.jpg
    最上段に置かれた男性の人形は、
    後に「エドヴィア姫」と結婚したとされる、
    平民出身の若者を模したものです。
    彼と「エドヴィア姫」の出会いは、失踪事件の時。
    ひと目で姫に心奪われたある少年が、
    「騎士となれたら結婚してほしい」と願いました。
    事件から数年後、血の滲むような努力の末、
    立派な若者に成長した少年は見事、近衛騎士となります。
    その姿に姫も心動かされ、ふたりは結ばれたといわれます。
    まるで詩歌の物語のようですが、
    後の創作などではなく、れっきとした史実なんだそうです。
    もっとも、ほどなくしてソーン朝は終焉を迎えるわけですがね。
    最上段に置かれた女性の人形は、
    「エドヴィア姫」本人を模したものです。
    隣の男性の人形と合わせ、「二貴」と呼ばれることもあります。
    なお、「プリンセスデー」の「人形飾り」は、
    「バルドリック王」と「エドヴィア姫」を称えるために、
    都市民が、姫の等身大人形を飾ったのが始まりだそうです。
    「バルドリック王」の一日執事に合わせ、
    都市内に飾られたこの人形は、徐々に数と種類が増えて、
    豪華になっていったことが、当時の記録に残ってます。
    とはいえ、王権が第二期ウル朝に移ったことで、
    ソーン朝を称える等身大の「人形飾り」は、廃れたそうです。
    そして小ぶりな現代のものへと姿を変えたのですよ。

エドヴィア姫

  • 2015年3月に行われたプリンセスデーでの説明。
    エドヴィア姫
    博識な使用人 : 「エドヴィア姫」は、今より約300年ほど昔の人物です。
    当時、ウルダハを支配していたヒューラン族の王朝、
    ソーン朝の姫君ですね。
    博識な使用人 : 彼女が王宮を抜けだした「エドヴィア姫失踪事件」は、
    「プリンセスデー」の発端としても有名です。
    博識な使用人 : 自由奔放な「エドヴィア姫」に、
    厳格で知られる父「バルドリック王」……。
    父娘の関係は、かなり距離のあるものだったといいます。
    博識な使用人 : それが変わったのは「エドヴィア姫失踪事件」のおかげです。
    娘を心配するあまりに大暴走する「バルドリック王」を見て、
    「エドヴィア姫」も思うところがあったのでしょう。
    博識な使用人 : 「失踪事件」以降、姫が王に歩み寄る形で関係が改善し、
    やがては理想的な父娘関係として記録に残るほど、
    ふたりの仲はよくなったそうです。

ヘカトンケイレス族

  • ソーン朝ウルダハ時代には、巨人族であるヘカトンケイレス族もおり、当時のウルダハ人は呪術をこめた金属冑をヘカトンケイレス族にかぶせることで彼らを操り、怪力の鉱夫として酷使していたという。

    ヘカトンケイレス(Hecatonchires)はヘカトンケイルの複数形。ヘカトンケイルは百の手を意味し、ギリシャ神話に登場する3人の巨人。ウーラノスとガイアの息子の「コットス」、「ブリアレオース」(別名アイガイオーン)、「ギューゲース」(またはギューエース)の3兄弟とされる。

  • しかし呪術が不完全だったのか、ある時反乱が勃発。当時のソーン朝ウルダハ人は最下層の岩盤を崩落させ閉じ込めることで反乱を鎮圧したという。
  • 第七霊災後の復興特需に対応するため、アマジナ鉱山社は深層部の採掘を決定したが、再開発中に最下層の封印をうっかりぶち抜いてしまったという。封印の破れたヘカトンケイレス族は300年ぶりの反乱を起こし始める。
  • 冒険者は、モモディパパシャンから依頼され巨人族が現れたカッパーベル銅山へ向かうことになる。
    ペインテッド・メサ : そもそも「カッパーベル銅山」の再開発は、
    第七霊災からの復興特需に対応するために
    計画されたものなのだ。
    ペインテッド・メサ : それが今は、巨人族の反乱によって、
    開発中断を余儀なくされている。
    ペインテッド・メサ : このまま開発が中断し続ければ、
    ウルダハの復興計画自体に支障が出てしまうのだ。
    それだけは、なんとしても避けねばならん!
    ペインテッド・メサ : 現在「カッパーベル銅山」は、
    アマジナ鉱山社の自警組織「鉄灯団」が警備している。
    銅山内部への突入許可は、鉄灯団の者から取ってくれ。

ヒューラン族王朝についての説明

  • 公式フォーラムにおいて次のように説明された。

    ご指摘の通り、「エドヴィア」という名前はララフェル族の命名法則からは外れております。 と、いうのもエドヴィア姫や、その父であるバルドリック王がヒューラン族だからです。 (プリンセスデーのイラストのララフェルさんはエドヴィア姫ではなく、  祭りの主役として着飾ったウルダハ在住のお嬢さんです!)

    ウルダハは長い歴史を持つ国で、数度に渡って王朝が交代してきました。 そして、300年前の時点では、ヒューラン族のソーン朝ウルダハを支配していたため、 お姫様や王様の名前がヒューラン式……というわけです。

    ちなみに現在のウルダハは、ララフェル族のウル朝が王権を世襲しています。 何故、如何にして王朝が交代したのか……そのあたりはまだ語れませんが、 ともかくウル朝の現女王は、ばっちりララフェル式の名前です。

    そんな我らが女王陛下の登場にも、ご期待ください。

ウルダハ歴代王朝

関連項目

ウルダハ】【ウル朝ウルダハ

ヒューラン】【ララフェル



AmazonPrime Video30日間無料トライアル