スタッフ/生江亜由美

生江亜由美(なまえ あゆみ)

生江亜由美
Table of Contents

概要

  • FF14での肩書は「キャラクターコンセプトアーティスト」
    • ※2019年2月のファンフェスティバル2019パリでの肩書。恐らく第5ビジネスディビジョン所属ではないかと思われる。

参考)生江氏登壇時の公式動画

スクウェア・エニックスで担当した仕事

ファイナルファンタジーXII(FF12)
  • 2Dアート(NPC・PCムービー用コスチューム)
  • わかりやすいところでは、OPのアーシェのドレス、EDのパンネロの衣装など。
ファイナルファンタジーXI(FF11)
ファイナルファンタジーXIV(FF14)
  • 2Dアート(PC・NPC・装備・武器などのキャラクター回り全般)

FF14での担当

  • 旧FF14の立ち上げ時に、兼務で配属となった。
  • その後、吉田Pが引き継いだ「新生FF14」でも引き続き担当している。
  • ※下記はファンフェスティバル2019パリで発表された内容に基づきます。主な仕事として発表されたものです。
  • 放送されたパワーポイントのうち印象的なものを掲載しています。発表内容については、「ファンフェス 2019パリ 1日目」を参照のこと。FF14プレイヤーばかりでなく、ゲーム業界を目指す人にとっても、とても興味深いだろうと思われる内容です。ぜひTwitchの公式録画を視聴することをお薦めします。

普段公開されない資料群であり、(ページ下部にもあるのですが)改めて著作権表示をしておきます。
アート・イラストなどはすべてスクウェア・エニックス社の著作物です。

FINAL FANTASY, SQUARE ENIX and the SQUARE ENIX logo are registered trademarks of Square Enix Holdings Co., Ltd.
Copyright © 2010 - 2019 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

NPCデザイン

他の担当

  • その他話の中で、鉄仮面モードのイルベルドのデザインも担当したとのこと。
  • またページ末に掲載した記事の写真を見ると、他に子ミコッテリセ(3.Xモンク時装備、4.Xアラミゴ伝統衣装装備)、ユウギリの素顔?、イシュガルドの市民?、イゼル、ドマ町民、アジム・ステップのモブNPC?、エターナルバンド男女衣装、ラミーポンチョ、サイオンズ装備、トナカイスーツ、ポーキースーツ、サバイバル装備、ハイハウス・バッスルドレス、スプリングドレス、セーラー装備、木工師AF、園芸師AF、ヴァレンティオン装備、モーグリキャップ、ハイランド装備、ケットシーカチューシャ、ヤフェーム・キャスター装備(女性だけ?)などミラプリで人気の装備も多く担当していることがわかる。

NPCのデザインジの制作フロー

  • 以下を読んでいく際に参考となるNPCの制作フロー
    Sc0pXl4.jpg

ヨツユの場合

1PB3ZRF.jpg
プランニング
uXP8PQ9.jpg
  • 企画から発注。「ヨツユ」という名前、帝国軍の上官、ドロンジョ様的な美形キャラ。というもの。
    • アートセクションはかなり早い段階から制作に入るため、シナリオのセリフなどが決まっていない、かなりざっくりした段階・内容で発注が来る。ヨツユの場合はこの3つだけ。
    • これに関しては、「ドロンジョ様的」という情報と、夜露というワード、名前の響きを含めてイメージしやすかった。
ラフイメージ>モチーフ
6Edyvxb.jpg
  • モチーフ選び
    • 月下美人
      ヨツユが髪につけている花。サボテン科クジャクサボテン属のサボテンの花で、夜に一晩だけ咲いて一夜で枯れてしまう。開花直前になると、夕方に芳香を漂わせ、それを目当てに小型コウモリが花蜜と花粉を摂食しにくる。
    • 蝙蝠、夜露、月、アゲハ蝶、印籠をシャトレーンのようにぶら下げる。
  • というモチーフができあがった。このうち月下美人はどうしても入れたいモチーフだった。これがたまたまヨツユのラストにハマり、シナリオが終わったときに感慨深い気持ちになった。
ラフ選定
JdR4Cq6.jpg
  • ラフ
    • 日本の「振り袖」を表現するのは(多々の表示上の制限がある)MMORPGではとても難しい。理想を言えば目指すところはAだった。しかしそれは実際できないことはわかっているので、振り袖のボリューム感を維持しながらいかにデザインするかが肝だった。
    • BCDの袖口を見ればわかるが、内側にスリットが入っていて、後ろに長い部分が来るようになっている。NPCはプレイヤーキャラとは違ってある程度動きが制限できるため、(ヨツユに関しては)激しい動きはしないという条件のもと、3Dチームに確認してもらって提案することになった。
    • BCDのタイプは、どの程度想定しているかがわからないので、レザーがあるもの(C)や、セクシーに足を出すものなどパターンを出した。レザーブーツを履いたものなど。
顔のラフ
L8V2nJX.jpg
  • タレ目、切れ長だったりというパターン。ユウギリなど女性キャラも居るので、そのあたりも考慮しつつ特徴を出している。吉田がDを指定した。そのときに吉田Pが「ヨツユはそのままで美しいと思っているので、髪の毛をお団子とかアレンジはしないキャラなんだよ」と力説したので、ヨツユのイメージがやりやすくなった。
ラフ作成時に考えたことなど
DiVG7l2.jpg
  • 1個こだわったのは、キセルの長さ。MMORPGの開発作業では厳密にコスト管理されているが、ヨツユの持っているキセルについては既存のキャラが持っているパイプではなく特注品にしている。設定班からは「既存のパイプ流用でいい」との発注があったが、どうしても様にならないという気持ちがあったため、モデルチームからも「これくらいならできます」といってもらったこともあり、特注品にしてもらった。
  • 振り袖:スリットを入れて工夫
  • :マーメイドラインにして、膝から下の裾を広げてキャラが動作した際に、足が着物の裾を突き抜けてしまわないように工夫した。※「ヨツユ」項の一番下のゴウセツを踏みつけるGIFムービーを見ればわかるが、大きな破綻なく実現できていることがわかる。
ブラッシュアップ
9KtZjog.jpg
  • この時点で90%ほど決まっている。3Dモデリング時に迷わないように、柄などをしっかりと書き込む。厚みや、重なりなど。
  • 結果的にヨツユは全世界で好かれるキャラとなり、コスプレコンテストでは必ず入ってくる人気キャラとなっている

アリゼーの場合

lgTsl3q.jpg
新生時の発注
この双子は新生のときに発注があったキャラ
JzVctvh.jpg
LRatDuW.jpg
igGdhhS.jpg
  • 発注内容は、浮くくらい弾けたデザイン、ストレートなSFライン、トリッキーで中2的キャラ、若き天才科学者
  • 制作コストもコミコミで、都合のいいキャラクターとなっている。というのは、(旧FF14が失敗して根性版として並行稼動させながら)新生をなんとか世に出すため限られた時間で制作が進行していたため、あと一人分しか作るコストがなかった。シナリオ進行上どうしても2人欲しかったが、1人分のコストで作ってくれというムチャな発注だった。そこから「双子」設定が生まれた。アルフィノアリゼーの2人は、(基本モデルは同じで)唇とか微妙なところ(目)だけ変わっている。
  • 生江「アルフィノが前のコスチュームで街中に立っているのを見た時は衝撃を受けた。そんな場面で使うとは知らなかった。」 ※”浮くくらい弾けたデザイン”という発注なので、街中で浮くのは当然。
蒼天時(3.2)の発注(アリゼー新コスチューム)
KYAa4TZ.jpg
  • 新生エオルゼア」では、アリゼーは(メインクエストの三国グラカン演説時以降では)8人レイド「大迷宮バハムート」シリーズくらいしか出ていなかった。
  • その後「蒼天のイシュガルド」ではアリゼーがメインシナリオに絡んでくることから、アリゼーにも新しい服を着せてあげようということになった。その時の発注書。キャラの成長を見せたいので、かわいいだけでなくかっこいい要素が発注にあり、デザイン上、これがわかりやすかった。
  • ミンフィリアに代わり」…最初シナリオチームから吉田Pに対して、「ミンフィリア第一世界に旅立ってしまうので、次の盟主が必要だ、アルフィノでどうですか?」と相談が来た。しかし「早い」と断った。だって少し前まで(クリスタルブレイブの総帥となって)「すべては、エオルゼアのために!」と煽ってからの事件で落ち込んでたのに、そこから急に暁の血盟のリーダーをやるというのは期間的に早すぎるのでダメだといった。シナリオが進むにつれて結果的に活発なアリゼーがそうなるようにしようといった。そこから3年かかって(メインシナリオが)やっとそんな感じになった。そんな経緯で(パッチ3.2運命の歯車時点で)発注がきたのがアリゼーの新コスチューム。
ブラッシュアップ
fo8a8yo.jpg
pbhCkIc.png
  • アリゼーの新コスチュームでは、生江さんは「赤かピンクにしてください」といった。ただ、この時すでに(次の紅蓮での)リセ赤魔、侍など赤っぽいキャラばっかりできていたため、それでピンクすぎるのは止したほうがいいということで、やや落ち着いた色になった。3Dモデル上での調整はかなり行った。ミンフィリアが明るいピンクなのに対して、コーラルっぽいピンクになった。
  • 吉田P「5.0ってアリゼーのコスチューム替わるの?」、生江さんとしては替えたかったが… 吉田P「(ネタバレになるので今は)そこまでにしとく?」

ヤ・シュトラの場合

pabnONE.jpg
  • ※タイトル英字が”Y'shtola Mistwalker”となっているが、恐らく後半のMistwalkerはユウギリの英名と混同したのではないかと思われる。
ヤ・シュトラの場合
  • 吉田P「オリジナル14(旧FF14)から制作コストが厳しくて、(後に暁の血盟となり主要メンバーでありヤ・シュトラが属していた組織)”救世詩盟”のキャラ装備も、プレイヤー装備を流用して作られていた。どこかで替えてあげたくて、3.0のタイミングで描いてもらった。」
  • ただし胸につけていたエーテル測定器は残して欲しいというオーダーだった。
    hkZcE9Z.jpg
  • 「強い魔法使い」と聞いている割に、前のコスチュームは一般人感があった。そこでなるべく強そうに、賢そうに見せるようにした。ベースは白衣だが、アルフィノアリゼーの流れで、彼らが着ているシャーレアンの衣装と同じようなものをイメージしながらデザインした。
漆黒のヴィランズでのヤ・シュトラ装備
l56brPL.jpg
  • 5.0ではさらに黒魔の新装備となった。吉田P「ここに来るまでにすごい枚数を描いてもらった。」 生江「ローブなどは好きなのでいつまでも描いていられる。」 吉田P「デザイン班を始め、いつも大量に描いてもらうのに、そこから1つだけを選び、後は捨てることになり、それが非常に心苦しい」 生江「デザインは、たくさんのものを生み出すのが仕事。気にしないで欲しい」 吉田P「かっこいいね」
  • PVでは最初は顔を隠したいので外側にフードを付けた。それを脱ぐとヤ・シュトラが出てくるという演出をしたいと吉田Pがオーダーした。ワンシーンのために。今回はビジュアルワークスに渡すので、デザインも細部まで詳細に決まっている。→ヤ・シュトラ登場シーンなどは「コラム/漆黒のヴィランズトレーラービデオ」を参照のこと。

装備デザイン

赤魔道士AF・武器
33l0dGo.jpg
K32ELEA.jpg
  • ジョブ装備デザインでは、武器などのギミックを考えるのもアート班のしごと。赤魔道士の武器についても、生江さんが考えた。
  • 赤魔道士の「魔器」は”香水瓶”をモチーフにしている。そうすることで(武器は蛮神武器など数多く出る場合でも)色々なパターンの派生がしやすい。レイピアにつけて杖の状態にしたら面白いんじゃないかというアイデアをもらってこれにした。
漆黒のヴィランズ」での赤魔道士装備
qGsbCG4.jpg
tpyFoKe.jpg
  • ここで生江さんからおみやげとして5.0の赤魔道士装備のデザイン画をもってきてもらった。肩マントなどになっている。ジョブ装備は、コスト上の問題から男女差無しで作ってくれというのが吉田オーダーだが、5.0赤魔道士AFは男女で別々のデザインとなっている。これを発注した時期はデザインチームも余裕があったので対応してもらった。14はAラインのデザインの装備が多いが、この女性装備はXラインシルエットを意識してデザインしている。
  • ※以下2ジョブの5.X装備はファンフェス2019パリの2日目に行われたPLLの”スペシャルトークセッション:生江さん質問コーナー”で紹介されたもの。発表内容については、「ファンフェス 2019パリ 2日目」を参照のこと。
漆黒のヴィランズ黒魔道士装備
In7dV8v.jpg
  • これも男女差がついている装備。女性は”魔女っ子”っぽい。男性は今まではけっこう黒魔道士呪術士的でという使い込まれた(イメージの)ものが多かったが、今回はちょっとスマートなものにした。生江さんの中のコンセプトで言えば、”大人ハリーポッター”なイメージ。
漆黒のヴィランズ占星術師装備
5PexUqJ.jpg

種族

ヴィエラ
アート班では、毎回デザインコンペみたいなものをやる。コンペの結果、ヴィエラ族については最終的に生江さんが担当となった。
I1DVDT7.jpg
YDHmtFo.jpg
o71bgiJ.jpg
  • ここからバリエーション選定に入る。プレイアブル種族としてプレイヤーにできるだけかぶりのないようなものを提供したいので、吉田Pやシナリオ班などにも確認を入れながら進める。
前髪オン・オフなどの切り替え
44Iwv8Q.jpg
sANc7vu.jpg
  • 女性プレイヤーからの髪型のこだわりはかなりある。開発メンバーからも要望が出てくるという。3Dチームも、拡張ディスクを重ねることでだいぶ感覚がつかめてきたので、前髪を予め作っておくことで(頭装備と)重なったときの問題が回避できるということがわかった。装備の重なりで前髪が消えたり、前髪は消したいというよくある話。そこでヴィエラでは前髪のありとなしが選択できる。
  • 折れ耳も使えるし、エレゼンの若い版といったらあれだけど…(ここで吉田Pのツッコミ入る)まっすぐな耳も選択できる。



FF11のゴリアード装束について

  • かつて生江氏はFF11の装備デザインを行っていたことがあり、そこで「ゴリアード装束」などの装備デザインについても生江氏が担当したのだという風説が流れている。2019年2月のファンフェスティバル2019パリにおいて、本人が自らこれが誤解であるということをいっていたのでここに記しておく。

    日本のユーザーで「ゴリアード装束を生江さんが担当した」と熱心に誤情報を流している人がいるが、それは間違っているので今度見かけたら「違うらしいよ」って優しく教えてあげてください。

  • ※理解しやすさを優先してニュアンスを補足しており、一言一句そのまま書き起こしたものではありません。

  • 本人曰く、FF11では新規の基本モデルの製作のみを担当しており、そこから派生した(テクスチャ張替えだけなどの)装備については、(生江氏の所属していた2Dアートチームではない)別のチームの仕事であるという。
  • これはFF11チームに入って間もなく、旧FF14の開発チームが立ち上がった時にそちらにも兼務で配属されたことや、FF11での開発スタイルに理由があるという。
    • このPLLにおいて、14の開発に関わって10年という発言もあったため、2009年には14開発に携わっていたことになる。
    • ただし旧FF14が社内の開発コード「Rapture(ラプチャー)」と呼ばれていた頃からだとすればもっと以前からということになる。少なくとも、2007年3月時点で旧FF14のプロデューサーであった田中弘道氏がFF11と並行開発していた次世代MMORPG(つまり後の旧FF14)について聞かれ、「そちらも鋭意作ってはいるのですが、やはり次世代機向けということで、制作体制そのものから見直さなくてはいけないような部分が多々あって一筋縄ではいかないですね。」と述べている。これまでにはチーム立ち上げが行われていた可能性がある。
    • ファイナルファンタジー14 ニュース(2009年5月) - FF14 Online Wikiも参考のこと。
  • 後者のチーム担当については、現在主流の開発スタイルとは異なり、FF11では2Dアートチーム作業により1つの基本スタイルのモデリングが出来上がると、それの微修正やテクスチャ張替えのみでバリエーションを増やしていく作業はテクスチャーチームが独自に行うという開発スタイルを取っていた。生江氏はこの前者の新規の基本モデルのためのアートデザインを描くのが仕事であって、(派生モデルである)ゴリアード装束については(別チームによる作業であったため)、関与していないという。
    • ※補足用に表にしてみました。2日間の話を総合すると、おそらくはこういうことが言いたかったのではないかと思われます。なお発言に基づき「~~チーム」という名称で起こしていますが、これが当時のFF11開発および現在のFF14のスクエニ社内の正式な組織内名称かどうかは不明です。その作業を担当していた個人または複数のメンバーを指すと考えてください。
      FFXI(11)FFXIV(14)
      新規装備制作
      1.アートデザイン2Dアート2Dアート
      2.3Dモデル製作モデリングチームキャラモデルチーム
      3.テクスチャー製作テクスチャーチームキャラモデルチーム
      派生装備製作テクスチャーチーム2Dアート

      キャラモデルチーム
      ※つまり上記1~3とほぼ同じ工程
      • ※薄いオレンジ色が生絵氏の担当している範囲。
    • 生江氏はFF11チームでは当時2Dアート担当なので、派生モデル(つまりゴリアード装束など)のテクスチャー製作には、派生テクスチャーの元デザインとなるアート(が製作されたのかどうかは不明だが)含めて関与していない。もう少し噛み砕けば、FF11における2Dアートチームの仕事は新規のモデル制作のためのアートデザインであり、”テクスチャーチーム”は、テクスチャーという名称だが、派生装備などのアートデザイン作業を含めて担当していたということになると思われる。
    • だからこそFF14では、上でヤ・シュトラアリゼーの派生装備デザインや、赤魔黒魔占星術師の漆黒(5.X)向け新AFデザイン(=派生装備)を吉田Pからのオーダーを受けて2Dアートチームの生江氏が描いている。なお赤魔道士については基本デザインも今回の派生装備も生江氏が描いているが、恐らく、黒魔道士占星術師については2Dアートチームの別の方が描いたもので、それの派生デザインを今回生江氏が担当した可能性がある。

参考

「2019年2月のファンフェスティバル2019パリ」公式Twitchビデオ


  • FF11関連の質問からの公式Twitch動画(生江さんといえばFF11でも装備デザインをご担当されていたかと思いますが…)

『FFXIV』ヨーロッパの“光の戦士”がパリに集結! ファンフェスティバル 2018-2019 in Parisが開幕 - ファミ通.com ※生江氏制作物パネル写真あり

【FFXIV FAN FES】開発パネルでキャラや装備のデザイン秘話を生江氏が披露 - GAME Watch



Amazonファミリー無料体験