ガレマール階級論考

ガレマール階級論考

  • グブラ幻想図書館に残された文書。
  • ガレマール帝国の人名および階級に関する論考。
Table of Contents

概要

  • 上巻下巻に分かれる。
  • ガレマール帝国が樹立した第六星暦1522年以降、帝国内では階級社会化が急速に進行した。
  • 名前にも階級を示す言葉が含まれる。

国家元首・皇族貴族

  • 国家元首は「ゾス」
  • 皇族は「イェー」、貴族は「ウィル」を名乗る。

軍人

魔導技術者

  • 筆頭機工士「ナン」
  • 以下、「マル」「ルクス」「キル」「ジェン」と続く。

    筆頭機工士であったシドは「シド・ナン・ガーロンド」。父であるミドも「ミド・ナン・ガーロンド」

公職

市民

属州民

  • ガレマール帝国の侵攻により属州化された地域では、その住人が多くが「アン」とされ奴隷として市民に仕える生活を強要された。
  • 「アン」が市民権を得て「バス」や「セン」となるには、帝国に対する特別な貢献を認められるか、20年以上の過酷な兵役が必要となる。


Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験