NPC・組織/蒼天騎士団


蒼天騎士団(そうてんきしだん / Heavens' Ward)

Table of Contents

概要

前総長:ヴァンドロー・ド・ルーシュマンド

  • 前の蒼天騎士団総長は、ヴァンドロー・ド・ルーシュマンド(Ser Vaindreau de Rouchemande)
  • 蒼天騎士で、65歳の高齢まで騎士団総長を務めていた。
  • ある日、教皇トールダン7世が黒法衣の怪しい人物(アシエン)と密会している現場を目撃してしまう。
  • 意を決して教皇に真意を問いただそうとするが、その行動を予期した教皇は一等異端審問官シャリベル・クールシヤンを教皇居住区に配置。
  • 後日、正式に教皇庁から蒼天騎士団総長ヴァンドロー・ド・ルーシュマンド卿の引退と、ゼフィラン・ド・ヴァルールダン卿の総長への就任が発表された。その後、ヴァンドローの姿を見たものはいなかったという。

メインクエストで登場する蒼天騎士たち

ゼフィラン卿(Ser Zephirin de Valhourdin)

JP20170210_me_%E3%82%BC%E3%83%95%E3%82%A3%E3%83%A9%E3%83%B3.png
  • 「義心のゼフィラン」

現蒼天騎士団総長。元神殿騎士団コマンド。細身という自らの弱点を補うために重い大剣(暗黒騎士の印象が強いため、通常は好まれない武器)をあえて使うなど、周囲に惑わされずに地道に努力を続けてきた人物。次期神殿騎士団総長の候補にも挙がっていたが、結局、その座はアイメリクに奪われることに……。だが、ヴェルギーンは、ひそかに彼の実力と実直さ、近衛に必要な慎重さという資質を見抜いており、蒼天騎士団に招いたのだった。

シャリベル・ド・ルジニャック卿(Ser Charibert de Leusignac)

JP20170210_me_%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%AA%E3%83%99%E3%83%AB.png
  • 「無残のシャリベル」
  • 前職は一等異端審問官。審問官時代の名前はシャリベル・ルジャニック。

    蒼天秘話公開時には「シャリベル・クールシヤン」となっていた。

元異端審問官。強引な取り調べと、苛烈な拷問により多数の異端者を処刑し、功績を挙げたサディスト。グリノーと同様に、本来であれば蒼天騎士に抜擢される類いの人物ではない。彼もまた、類い希な魔力の高さと、拷問のために磨き抜かれた魔法の数々だけを期待されて、蒼天騎士団に招かれたのだった。

アデルフェル卿(Ser Adelphel de Chevraudan)

JP20170210_me_%E3%82%A2%E3%83%87%E3%83%AB%E3%83%95%E3%82%A7%E3%83%AB.png
  • 「美剣のアデルフェル」

端正な容姿と流麗な戦いぶりで、“美剣”と呼ばれる若手剣士。下級貴族であった彼の父は、息子が貴族社会で生き残れるようにと、幼い頃から厳しい剣の修行を課してきた。その甲斐あって、成長した彼は戦場でいくつもの功績を挙げ、蒼天騎士に抜擢されたのだった。社交界の華として淑女たちに高い人気を誇る人物でもある。

グリノー卿(Ser Grinnaux de Dzemael)

JP20170210_me_%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%83%8E%E3%83%BC.png
  • グリノー・ド・ゼーメル
  • 「戦狂のグリノー」

名門ゼーメル家の一員であり、同家の騎兵団における筆頭扱いの戦力だった。武術の腕は一流だが、人格に難があり経歴に傷も多い。しかし、戦闘能力のみで選出せよという教皇の命により、最近、蒼天騎士に抜擢された。これは、テンパードにすれば命令に服従するため、素行不良は問題ないという考えによる。

ポールクラン卿(Ser Paulecrain de Fanouilley)

JP20170210_me_%E3%83%9D%E3%83%BC%E3%83%AB%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%B3.png
  • 「冷淡のポールクラン」

平民出身であった彼は、貧困から這い上がるために、フォルタン家の騎兵団に志願した。しかし、優れた槍の名手ではあったものの素行に難があり、ほどなく追放処分に……。そこをゼーメル家に拾われ、後ろ暗い仕事に従事することで存在価値を認められ、騎士爵を与えられた。彼にとってグリノーは、雇い主であり気が合う友人でもある。

メインクエスト以外で登場する蒼天騎士たち

聖騎士ヴェルギーン(Ser Vellguine de Bourbagne)

JP20170210_me_%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%82%AE%E3%83%BC%E3%83%B3.png
  • 「硬槍のヴェルギーン」

蒼天騎士団副長。騎士団の中では最年長者であり、在任暦も最も長い。生真面目なお堅い性格で、不撓不屈の精神の持ち主であるため、“折れない槍”と渾名される。前総長が引退する際に、当時、既に副長であった彼は、教皇から総長の座に就くよう求められた。しかし、自らを“組織のナンバー2にいてこそ力が発揮されるタイプ”であると認識している彼は、これを固辞し、代わりに地味だが実直で実力のあるゼフィランを推薦したという。

  • 特技「スパイラルスラスト」

聖騎士ジャンルヌ(Ser Janlenoux de Courcillant)

JP20170215_me_%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%AB%E3%83%8C.png
  • 「剛剣のジャンルヌ」

さる騎士の長男として生まれたが、騎士爵は世襲では受け継がれないため、自らの働きにより身を立てなければならなかった。下級貴族出身のアデルフェルとは、戦場で知り合い、幾度となくともに死線をくぐり抜けてきたため、固い絆で結ばれている。そんな“相棒”の戦いぶりに比べると派手さはないが、剣の腕は確か。

  • 聖騎士アデルフェルから「ゆくぞ、ジャンルヌ!」と呼びかけがあり、「おうよ相棒ッ!」と応えている。
  • 特技「シャイニングブレード」

聖騎士エルムノスト(Ser Hermenost de la Treaumaille)

JP20170210_me_%E3%82%A8%E3%83%AB%E3%83%A0%E3%83%8E%E3%82%B9%E3%83%88.png
  • 「雷光のエルムノスト」

前総長時代から在任している人物で、現蒼天騎士の中ではベテランの部類に属す。修道士の出身で、信仰心が厚い人物として知られている。戦斧を手に闘うが、同時に優れた魔道士でもあり、魔力を武器に乗せて雷を放つ独特の戦技を編み出した

  • 特技「コンヴィクション」

聖騎士オムリク(Ser Haumeric de Peulagnon)

JP20170210_me_%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%AA%E3%82%AF.png
  • 「俊英のオムリク」

聖アンダリム神学院を主席で卒業した俊英で、その後、教皇庁入りして聖職者としてのエリートコースを歩んでいた人物。優れた魔法の使い手であったため、ゼフィランに抜擢され蒼天騎士団の一員となった。常に正道を歩んできたため、暗い道を歩み、汚い仕事をしてきたシャリベルのことを嫌っている。

  • 特技「ハイマルストーム」

聖騎士イニアセル(Ser Ignasse de Vesnaint)

JP20170210_me_%E3%82%A4%E3%83%8B%E3%82%A2%E3%82%BB%E3%83%AB.png
  • 「竜槍のイニアセル」

竜騎士団所属の竜騎士という異色の経歴の持ち主。得意の飛翔攻撃で多くの竜を屠ってきたが、戦場での経験と教皇庁への厚い忠誠心を買われて、蒼天騎士に抜擢された。上官として副長のヴェルギーンを敬愛しており、彼が総長の座を固辞した際には、最後まで説得し続けたという。

  • 特技「スカイワードリープ」

聖騎士ヌドゥネー(Ser Noudenet de Jaimberd)

JP20170210_me_%E3%83%8C%E3%83%89%E3%82%A5%E3%83%8D%E3%83%BC.png
  • 「大賢のヌドゥネー」

中央低地に領地を持っていた某男爵家の三男。口減らしも同然に聖アンダリム神学院に入れられた過去を持つ。父親や兄からは、高位聖職者となり中央政界での影響力を確保することを期待されていたが、彼自身は権力争いに感心を寄せず、魔法学の研究に没頭。結果、魔法の知識を認められ、蒼天騎士団に招かれたのだった。

  • 特技「ホーリーメテオ」

聖騎士ゲリック(Ser Guerrique de Mountrohain)

JP20170210_me_%E3%82%B2%E3%83%AA%E3%83%83%E3%82%AF.png
  • 「破砕のゲリック」

元神殿騎士団の一員で、重騎士として数多くの功績を挙げてきた。力任せに振るった斧の一撃で、大型ドラゴン族の頭部を跡形もなく吹き飛ばしたという逸話があり、“破砕”の二つ名で呼ばれる。力勝負を何より好み、酒が入ると誰彼構わず腕相撲の勝負を挑むという悪癖がある。

  • 特技「ヘヴィインパクト」

愛用の紀行録情報(カットシーン)

参考

関連項目

ナイツ・オブ・ラウンド】【イシュガルド】【トールダン7世】【蛮神