哲学者議会

哲学者議会(てつがくしゃぎかい / the Forum)

Table of Contents

概要

設立経緯

  • ニュンクレフが率いた人々の集落が発展してできたシャーレアンでは、成人年齢に達した市民であれば誰でも参加できる「市民議会」で政策を論じ国家運営を行う社会を築き上げていった。
  • しかし第六星暦150年代になると、人口増加に伴って参加人数が増加し、議論ばかりが長引き政策決定に要する時間が極端に長くなる傾向が顕れ始めた。
  • 様々な試みが行われたものの、第六星暦201年、遂に間接民主制への移行が決定し、成人したシャーレアン市民から投票で選出された99名の議員で構成される議会が開催されることとなった。

名称

  • 第六星暦201年に99名の議員により議会が開催された際に、「哲学者の広場」を議場として用いたために「哲学者議会」と呼ばれるようになったという。

派閥

フルシュノ派閥

ライブラリアン」(the Bibliothecs)

  • セヴェスターを長とする。
    • セヴェスターは高度な占星魔法を扱い、占星術の奥義「星天対抗」を使いこなす。
  • あらゆる知識の記録と管理を目指すシャーレアンの国是に対して、もっとも厳格な一派。
  • 15年前の「大撤収」の後、急激に頭角を現し、勢力を拡大しつつある。
  • 歴史に対する一切の介入を禁じ、あるがままを観察し、記録に徹するべきだと主張している。またそれに反する行為に対しては、強硬手段も辞さない。

関連項目