ミラージュドレッサー

ミラージュドレッサー(Glamour Dresser)

Table of Contents

概要

装備アイテムを「幻影化」し、各都市の宿屋にある「ミラージュドレッサー」に保管できるようになりました。
「ミラージュドレッサー」に保管した幻影や愛蔵品キャビネットに収納したアイテムは、「ミラージュプレート」に転写し、全身に一括で武具投影を行うことができます。
満足がいくまでコーディネートを楽しみましょう。

装備反映までの流れ

  • 1.ドレッサーへの装備品登録、2.ドレッサーからマネキンへの着せ付け、3.マネキン衣装を自分の装備に投影(見た目上書き)という流れ。


  1. 【幻影化】ミラージュドレッサーへの保管(登録)
    • 幻影化(登録)は全装備部位合わせて200個まで。 ※愛蔵品はカウント対象外
    • 幻影化(登録)作業は、【宿屋内限定】
    • 幻影化(登録)すると装備品は消え、同時に触媒「ミラージュプリズム」を1個消費する。

  2. 【プレート編集】幻影をミラージュプレートに転写する
    • 幻影化(登録)した装備」および「愛蔵品キャビネット格納済装備」からプレートに転写していく。
    • プレート編集作業は、【宿屋内限定】
    • プレートは10枠。プレートで空欄にしておけばその部位は投影で上書きされない。
      • ※要するにマネキンを10体(10セット)まで作れるということ。「ナイト用装備セット」、「街着」、「ハウジング着」などでの用途を想定。
    • プレートに対して染色可能。(装備ごとではない。同じ装備でもプレート1とプレート2で色を変えられる)
    • プレート編集の際には触媒「ミラージュプリズム」を含めてコストは一切かからない。※染色時の染料を除く

  3. 【投影】現在の装備に投影する
    • 反映したいプレートを選び、武具投影を行う。プレート呼び出しは「キャラクターウィンドウ」にボタン追加(さいきょうボタンの横)
    • 投影は、都市内5ヶ所・宿屋・セレモニー会場・ゴールドソーサーで可能。投影すれば装備の外見を一式変更できる。
    • 反映の際には触媒「ミラージュプリズム」を含めてコストは一切かからない

メリット

  • これまでは各装備ごとに投影作業が必要だったが、一度ドレッサーに登録しておけば複数装備への投影作業が簡単になる。
  • ドレッサーに登録することでアイテムインベントリーの空きが増える。
  • ミラプリにかかるコスト削減。これまでは(たとえ投影元が同じでも)投影先の装備が変わるごとに触媒が必要だったが、今後は投影元の装備ごとになる。
    • ※たとえばサンタ衣装やモーグリ衣装、トナカイ装備など、一度登録してしまえば何年経過しても何度でも投影できる。

注意事項など

  • 宿屋の「愛蔵品キャビネット」に収納可能な装備品は、ドレッサー登録しなくてもドレッサー代わりに使えるため、登録(幻影化)はできない=する必要がない。
  • 今後は、宿屋以外でも幻影化出来るようになる予定 ※タンスが宿屋以外に設置される
  • 今までの「装備ごとのミラプリ」もそのまま使える。
  • ロールの壁」は今まで通り。※例えば”ナイト専用装備”をプレートに登録して”戦士”に反映させた場合、ナイト専用の装備部位は見た目に反映されない。
  • 投影(装備が意見変更)可能エリアは、負荷を見て追加していく予定。吉田Pとしては場所を増やすよりプレート枚数を増やす方向にしたい。ハウジングエリアはムリだが、個人部屋やアパルトメントなら別エリアなので可能かも知れない。

スクリーンショット

C4NVNz5.jpg
IIaQKgN.jpg
JzNveMe.jpg
fqGnSU3.jpg
s7WrnCXBOMP3wG7JQiDAtcgXkQ.jpg