NPC・組織/鬼師衆

鬼師衆(おにししゅう)

  • ゲーム内に登場する組織。

概要

  • ディープダンジョンアメノミハシラ」で登場する集団。
    キュウセイ : 鬼師衆とは、数千年の昔より存在する技術者集団。
    どこの国にも寄らず、ただ人々のために、
    受け継がれてきた知と技を振るう者たちであります。
    ラショウ : 大層なこと言っちゃいるが、
    要は俺たち海賊衆と同じ与太者ということだ。
    キュウセイ : はっはっはっ、そう見られていることは否定できませんね。
    ですが、転魂塔……エオルゼアで言うエーテライトの整備など、
    人々のため、きちんと働いているのですよ。
鬼師衆頭領のキュウセイ

古代アラグの知識と技術

  • キュウセイの語る鬼師衆。
    キュウセイ : そもそも、私ども鬼師衆は、時代に葬られた禁断の知識、
    失われた古代アラグ帝国の技術を受け継ぎ、
    人々のためにに活かすための組織です。
    私どもの活動は、多岐にわたりますが、
    このアメノミハシラの管理は、最重要事項のひとつ……。

アメノミハシラの正体

  • 海賊衆ラショウの語る初代頭領とアメノミハシラ
    キュウセイ : この柱の正体は、訓練施設。
    私どもの祖が予見した星の滅亡を防ぐための方策であり、
    英雄を志す者を試し、実践にて力を磨く場所なのです。
    ラショウ : 神聖な禁足地とする逸話を残せば、普通の奴らは近寄らん。
    わざわざ来るのは、途方もない勇気や冒険心を持つ者……
    つまり、英雄候補だ。
    海賊衆の初代頭領も、その英雄候補だったらしい。
    ただし、30層を踏破した初代頭領は、
    アメノミハシラの真実を知り、自分の器の限界を悟ったそうだ。
    英雄になれなかった初代は、海を護るために海賊衆を立ち上げた。
    その逸話から、代々の頭領は30層の突破を義務づけられている。
    ついでに、秘密裏に鬼師衆へ協力することもな。

鬼師衆初代頭領と第四霊災

  • 幻影で語られる鬼師衆初代頭領と、第四霊災
    海賊衆初代頭領
    悲しげな鬼師 : 頭領、ヒルコ培養器の準備が整いました。
    後は「基」となるヒトを、その内に入れるだけ……
    しかし、本当にやるおつもりですか?
    頭領と呼ばれた鬼師 : 完成に必要なことは、理解していよう。
    この凡夫には分不相応なお役目かもしれんが、
    無駄に生きた老骨の役得と、諦めよ。
    悲しげな鬼師 : そんな!
    行き場に迷った者たちを「鬼師衆」としてまとめあげ、
    ここまで導いた貴方が凡夫などと!
    頭領と呼ばれた鬼師 : いいや、ワシなど凡夫に過ぎん。
    帝国崩壊後の混乱期に、人々と星を守り、
    先に逝ってしまった我が友らと比べたら、な。
    だが、凡夫は凡夫なりに
    彼ら英雄の遺志を継いできたつもりだ。
    最後まで、それを貫かせてくれ。
    悲しげな鬼師 : 出過ぎた真似をいたしました。
    もう引き止めは……その生命、存分に……。
    頭領と呼ばれた鬼師 : 我らは凡夫なれど、その想いは英雄と同じ。
    力が足りないことを嘆くまえに、
    人々と星のため、なすべきことをなせ。
    悲しげな鬼師 : はっ、しかと心に刻み、
    お役目を果たしていきます、頭領。
    頭領と呼ばれた鬼師 : 前頭領、だ。
    皆を頼むぞ、二代目よ。
    悲しげな鬼師 : では、名残惜しくはありますがこれにて。
    ……いままでありがとうございました、師匠。
    頭領と呼ばれた鬼師 : サリーナ様……デッシュ殿……
    記録が失われ、歴史に残ることなき英雄たち……
    ワシを残して先に逝った薄情な友よ……。
    皆の遺志はワシを通して鬼師衆へ受け継がれ、
    後の世にも残るはずだ。
    だから許してくれよ。
    まだしばらく、そちらには行けそうもない……。

関連項目



Amazonプライム会員無料体験