NPC・組織/髑髏連隊

髑髏連隊(どくろれんたい)

  • ゲーム内の組織の一つ

概要

  • ガレマール帝国軍アラミゴ方面部隊のひとつ。
  • ガレマール人ではなく、ガレマール帝国占領下のアラミゴ人で構成される部隊。
    リセ : 髑髏連隊……。
    帝国支配下で生まれ育ったアラミゴ人たち……。
    コンラッド : 連中は、20年前のアラミゴ征服時に、
    真っ先に帝国に従い、市民権を得た有力者の子息たちじゃ。
    アラミゴ人の両親の下に生まれながらも、
    彼らは帝国式の教育を受け、「帝国人」として育ってきた。
  • もともとは前総督が設立したものという。
    貴様ら現地民部隊は、前総督が設立したもの……。
    形式上、軍議の末席に加えてはいたが、
    誰も貴様のような「蛮族」の助言など求めておらんわ!
  • なお「連隊」表記だが、メインクエスト内の音声つきカットシーンで「ぶたい」と発音されている箇所がある。

組織

隊長

  • フォルドラ
  • 「髑髏の処刑人」との異名を取る
    私たち髑髏連隊の仲間は誓い合っていた。
    アラミゴに生まれた若者たちが、生粋のガレアン族に、
    蔑まれることなく生きていけるだけの力を手に入れようとな。
    何かを欲するのであれば、対価が必要だ。
    支払えるものがないのであれば、血であがなうしか道はない。
    市民権を持たぬ属州民は、それを得るために兵役に就く。
    市民権を持ってなお、ガレアン族から差別されるのであれば、
    何も言えぬほどの戦果を挙げ、権力を手にするほかない。
    アラミゴに……帝国に支配された属州に生まれてしまったのなら、
    そうやって、自由を勝ち取るしかないのだ!

隊員

  • ベレータの息子エラート
    エラート : 潜入工作で重要なことは、疑われないこと。
    ですから僕は、自分が工作員だと露見しないよう、
    髑髏連隊の悪行にも、手を貸していました。
    エラート : 任務のためと言い聞かせ、解放軍の仲間を幾人も殺しました。
    それどころか、無辜の民を手にかけたこともありました。
    ラールガーズリーチの襲撃でも……僕は……。

アラミゴ民への横暴

評判

  • アラミゴ民からの評判は非常に悪い。
    アラミゴ解放軍の闘士長 : 彼が配属されたのは……冒険者殿も、予想がつくと思います。
    そう、かの悪名高き、「髑髏連隊」……。
    憎き裏切り者たちの部隊ですよ。
  • ガレマール帝国軍からも蔑まれている。
    帝国軍の幕僚 : 見ろ、薄汚いニセ帝国人のお帰りだ。
    蛮族相手に敗れて、泣きながら逃げ帰ってきたとか。
    帝国軍の千人隊長 : あまりあしざまに言うのは、酷というものですよ。
    言葉巧みにゼノス殿下に取り入って、地位だけは得ましたが、
    所詮は無能なアラミゴ人なのですから……。
    帝国軍の幕僚 : おぉ、たしかに配慮に欠けていたな。
    しかし、こうも聞いたぞ。
    殿下の寵愛を賜るために、言葉だけではなく身体も使ったと……。
    帝国軍の千人隊長 : おやおや、どうりで出世が早いわけです。
    とはいえ、今回の失敗で終わりでしょう……。
    分不相応の出世など望まなければ、生き残れたでしょうに。

アラミゴ解放戦での行動

  • カステッルム・ベロジナ防衛隊に配属され、解放軍と戦う。
  • その後、山岳地帯のスペキュラ・インペラトリスに後退し、守備に務める。
  • 解放軍が迫った時、ゼノスの命を受けたフォルドラの指令による後方カストルム・アバニアからのカノン砲撃を受け、部隊は壊滅する。


Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験