NPC・組織/夜の民

夜の民

Table of Contents

概要

  • 「光の氾濫」ののち、人々の間に広まった信仰。
    ヤ・シュトラ : 彼らは闇を崇めているけれど、特別な神は持たない。
    いくつかの規範に従って、祈りながら静かに暮らしているの。
    ヤ・シュトラ : それらの規範は、氾濫後の世界を生きていくための知恵であり、
    心の拠り所だとも言えるわ。

「夜の民」の誕生

  • 「夜の民」がどうして生まれたか?
    エルサベル : ……ねぇ、お嬢ちゃん。
    「夜の民」がどうして生まれたか、知ってるかい?
    ミンフィリア : えっと……確か……「光の氾濫」からほどなくして、
    故郷を失い、行き場を失った人たちの中で、
    その源流が生まれたと……。
    ミンフィリア : 最初は集会のときにだけ集まっていた人々が、
    何年かして、本格的に共同生活をすることを決意して、
    ラケティカ大森林に踏み入った……そう本で読んだ気がします。
  • 人々の想い
    エルサベル : ははっ、あんた勉強熱心なんだねぇ。
    確かに、歴史として見たら、それで正解だよ。
    エルサベル : ただね、実際は、そこに人の想いがあった。
    その想いこそが、流れを、歴史を作ったんだ。
    エルサベル : 最初に「夜の民」となった人々の心には、
    ずっとずっと、焼きついていたのさ。
    目の前で無残に消えた、愛する人や故郷のことがね。
    エルサベル : 氾濫以前はいろいろな信仰があったけれど、そのどれもが、
    光に呑まれたり、罪喰いとなって死んだ者の魂が、
    どうなるかなんて示せなかった。
    エルサベル : だから、人々は、今の時代なりの信仰を……
    命の答えを、探そうとしたのさ。
    エルサベル : 命は終いに、闇へと辿りつく……。
    エルサベル : ならば、この世を去った者は皆、天の暗き海へ運ばれよう。
    今は光に覆われ、見ること叶わずとも、
    彼らの魂はそこで、闇の中をたゆたい続けている。
    エルサベル : だから、地上のあたしたちは祈るのさ。
    運ばれた魂たちが、穏やかであらんことを……。
    彼らを抱く闇が、別れを嘆く生者の上に、いつか戻らんことを。

流儀・習慣

  • 客人にまで信仰を求めたりはしない
    ルナル : 「夜の民」は、客人にまで信仰を求めたりはしない。
    ただ、オイラたちが大事にしていることを知って、
    いくつかの流儀に則ってくれると、とても嬉しい。
  • 闇の属性を帯びた水で、光を祓う習慣がある。
    ルナル : 「夜の民」は、旅から帰ったり、光の強い場所に行ったあとに、
    こうやって暗所に置いた甕の水を体にふりかけて、
    光を祓うんだ。
    ルナル : 一応、オイラたち導師が、祈りを込めた水だ。
    それによって、ほんの……ごくごくわずかだけれど、
    闇の性質を帯びているっていわれてる。
  • 旅人が使う合言葉
    ルナル : 「夜の民」同士は、特別な礼や所作によって、
    自分が同胞であると示すんだけど……
    旅人には、それに代わる合言葉があるんだ。
    ルナル : 「アジントタ」……ロンカ語で「よき夜を」という意味だよ。
    これを使えば、「夜の民」に認められた客人だと、
    示すことができる。

命名石

  • 「夜の民」が生まれて名付けられたときに与えられ、生涯をともにする、特別な石。
    深刻そうな夜の民 : その先には、命名石……
    「夜の民」が生まれ、名付けられたときに与えられ、
    生涯をともにする、特別な石がついてたはずなんだ。
    深刻そうな夜の民 : だから、このあと予定されている彼女の葬儀の前に、
    どうにかその石だけでも、見つけてやりたかったんだが……。
  • 各自で色が違っていたりする。
    ルナル : トッディアの命名石は、濃い緑の翡翠だ。
  • トッディアが罪喰いにやられたときに、この「命名石」が見つからなかったが、探し出す。
    ルナル : ……こ、これは!
    間違いない、トッディアの命名石だ……!
    ルナル : ああ……本当にありがとう……!
    おかげで、ちゃんとした形で葬儀を上げることができる。
    ルナル : この命名石は、加護の祈りを込めたお守りなんだけど、
    同時に、「夜の民」の墓標のようなものでもあるんだ。
    ルナル : 罪喰いに食われたら、体はまず残らない……。
    だから、それぞれに違う石を持って育ち、
    死せるときに、遺体の代わりとして弔うのさ。

葬儀

  • 罪喰いにやられたトッディアの葬儀に参列することになる。
    ルナル : それじゃあ、はじめよう。
    ルナル : ……我らの友、トッディア。
    光に傷むことなき真名は、ミニーヌ。
    彼女に祈りを……。
    ルナル : 汝が命を、天の暗き海に還そう。
    ルナル : 苦難は地にある我らとともに。
    汝の行く先に、悲しみと恐れはない。
    ルナル : 暗き海は満たされる。
    穏やかな静けさと、温かな慈しみで。
    汝を想う、我らの祈りで……。
    ルナル : どうか、かの者の命を、天の暗き海にお運びください。
    夜の遣い「闇の戦士」よ……。

関連項目



Amazon Music Unlimited 30日間無料体験