NPC・組織/レンテの涙

レンテの涙(Lente’s Tears)

  • ゲーム内組織のひとつ。
Table of Contents

概要

  • ゲーム内の初出は、「リターン・トゥ・イヴァリース」。
  • パッチ4.5実装の楽欲の僧院オーボンヌで登場する。バッガモナンの最期を知った盗賊ブワジたちは、この「レンテの涙」に身を寄せている。
    盗賊ブワジ : オレたちは生き残ったレジスタンスグループのひとつ、
    「レンテの涙」に身を寄せたってワケサ。
    盗賊ブワジ : オレはブワジ……。
    ダルマスカのレジスタンス「レンテの涙」のモンだ。
    このクガネじゃ、珍しいツラかもしれんが慣れてクレ……。

レジスタンス

  • 現在はガレマール帝国に占領され属州となっているダルマスカ王国では、幾度か解放軍による反乱が起こっている。解放軍の幹部は処刑されたが、生き残ったレジスタンスグループがあり、そのひとつであるという。
    モンブラン : ブワジさんたちは空賊に戻ったクポ……?
    盗賊ブワジ : いや……そうじゃネェ。
    それも考えたが、兄貴の……バッガモナン兄貴の最期を聞いてナ、
    残ったオレたち3人はもう一度ダルマスカの銃士に戻ったのサ。
    モンブラン : もう一度……ダルマスカの銃士……?
    盗賊リノ : ダルマスカのレジスタンスに参加したのサ。
    盗賊ギジュー : ドマの解放に触発された解放軍が蜂起したものの、
    第IV軍団の手にかかりラバナスタ解放に失敗したのは、
    アンタも知ってるヨナ?
    盗賊ギジュー : 解放軍の幹部は悉く捉まり、処刑された。
    だが、解放軍は死ンじゃアいなかったンだ。
    盗賊ブワジ : 解放軍といっても、もとは、
    いくつかのレジスタンスグループの寄せ集め。
    粛正されたものの、全員を殺すのは無理ってことダ。
  • 現状は芳しく無く、追い詰められた状況にある。
    ユウギリ : ですが、先日のラバナスタでの粛正を受け、
    ダルマスカ解放軍は壊滅状態にあると聞き及んでおります。
    多くの戦士は死傷し、指揮系統は完全に消失……と。
    盗賊ブワジ : ああ、残念だが、そのとおりダ。
    今は、生き残った者たちが地下に潜り、
    再びチャンスが訪れるのを待っているってところダナ。
    フラン : ……すまない、貴殿を騙すような真似をして。
    だが、我々「レンテの涙」は……いや、全レジスタンスは、
    汚い手段を取らねばならぬほど追い込まれているのだ……。
    フラン : ……これ以上、言い訳するのはやめておこう。


代表:アーシェ

  • まだ実際には登場していないが、セリフで「アーシェ」という人物が登場している。
    異邦の劇作家 : ただ、今でも反乱軍を指揮する者たちは大勢いるようで、
    地下に潜り、その好機を虎視眈々と狙っているらしいね。
    異邦の劇作家 : ちなみに、その反乱軍を率いているのは王女アーシェを名乗る、
    十代後半の少女だという。
    アーシェ本人はナルビナ城塞で戦死したのは確かなので偽者かな?
    フラン : このような甘い願いなど聞き入れられるはずもなく……。
    戦いは熾烈かつ冷酷なのですよ、アーシェ様……。
    リナ・ミュリラー : もともとは「レンテの涙」のリーダーからの要求のようで、
    それをフランさんが無礙にできなかったって、
    そうブワジさんは言ってたわよ。
    ジェノミス・レクセンテール : どうやら「レンテの涙」のリーダーは純粋な人のようだな……。
    悪く言えば、世間慣れしていない「甘さ」を残す人なんだろう。
    ジェノミス・レクセンテール : それは逆じゃないかな……むしろ若く幼い?
    フランさんはそのリーダーをとても大切にしているのだろうね。
    だから、無茶だとわかっていても命令に従った……。
    ジェノミス・レクセンテール : そうだな、教育の意味もあったんじゃないのかな。
    ただ反論しても……たとえその反論が正しいものだとしても、
    経験の浅い者は納得がいかない……経験がないからね。
    ジェノミス・レクセンテール : 素直に言うことの聞く若者ならば、それはそれでよし。
    だが、たとえ反抗的であっても、反省を反省として受け入れる、
    そんな若者ならばリーダーとしての資質はあるはずだ。
    ジェノミス・レクセンテール : ……そういえば、レジスタンスを率いるリーダーのひとりが、
    ダルマスカ王家の血筋を引く若者だという噂を耳にした……。
    もし、その若者が「レンテの涙」のリーダーだとしたら……?
    • なおダルマスカ王国がガレマール帝国に侵攻された際に「ナルビナ城塞の戦い」が行われ、そこでダルマスカ王の子息であるラスラ王子とその双子の妹であるアーシェ王女が戦死している。
    • 24人アライアンスレイドリターントゥイヴァリース」でこのときの情景がイラストで描かれ、そこでは(オリジナルの)アーシェ王女が登場していた。ただしこれは30年前の話で、しかもアーシェ王女はその時に亡くなっているため完全に別人である。イラストについては「ダルマスカ」の項を参照のこと。

幹部:フラン

  • レジスタンスグループ「レンテの涙」の幹部とされる。
    フラン : 我が名はフラン……!
    ダルマスカ解放のために戦うレジスタンス「レンテの涙」の幹部。
    フラン : フフン……ヴィエラを見るのは初めてか、解放者よ?
    モンブラン : ヴィエラの大半は、その部族の掟を守って森で生活しているクポ。
    ただ、時々、その掟を捨てて、町で暮らす者たちもいるクポ。
    彼女もそうしたヴィエラのひとりに違いないクポ~~!

メンバー

盗賊ブワジ
バンガ族の盗賊。バッガモナンの最期を知った後、再びダルマスカのレジスタンスへと身を投じるため「レンテの涙」に参加した。
盗賊ブワジ : オレたちは生き残ったレジスタンスグループのひとつ、
「レンテの涙」に身を寄せたってワケサ。
盗賊ギジュー : そしたらヨ~~、
幹部のひとりがアンタに会いたいって言い出してヨ~~。
盗賊リノ : サァ、ラバナスタが見えてきたヨ!
盗賊リノ
盗賊ブワジと行動を共にしている。
盗賊ギジュー
盗賊ブワジと行動を共にしている。

FF12の「レンテの涙」

  • FF12においては、「レンテの涙」はヴィエラ族により作られたお守りの名前。
  • フランの姉ヨーテから「レンテの涙」を受け取ったヴァンたちは、封印されていたゴルモア大森林の結界を解除して先へと進んだ。

関連項目



Amazonプライム会員無料体験