NPC・組織/ナナモ・ウル・ナモ

ナナモ・ウル・ナモ(Sultana Nanamo Ul Namo)

ナナモ・ウル・ナモ
Table of Contents

概要

第二期ウル朝

  • 第二期ウル朝の女王で、初代王ササガン・ウル・シシガンの末裔
    時の王「ササガン・ウル・シシガン」、現在の第二期ウル朝の王たちの遠い祖先なのだが……

権力

人となり

生れ

  • 父は先代王ササバル、母はナナシャ・ウル・ナシャ。
    • この母后は、メインクエスト「ナナシャマラカイトを取り戻せ!」にその名前が登場する。
  • 第六星暦1556年、長女として生まれる。両親を早くになくしており一人娘である。

王位継承

  • 第六星暦1561年、外遊中の両親が不慮の死を遂げたことにより、5歳で王位を継承した。
    ナナモ・ウル・ナモ : だが、今のわらわは、意味もわからぬまま、
    戴冠式で宣誓の言葉を述べた、幼子ではない。
  • ザナラーンでの視察の帰途、中央ザナラーンのアンホーリーエアーにおいて、落石事故を受けてチョコボ・キャリッジに乗っていた両親を失ったという。
    ナナモ・ウル・ナモ : ここは、わらわにとって因縁の場所……
    幼き頃、父上と母上が亡くなった現場なのじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : 東ザナラーンの視察からの帰路で、
    チョコボ・キャリッジが落石事故に遭ってな……。
    不幸な事故か暗殺か……今となっては、真相などわからない。
  • ラウバーンが真相究明を行うことを進言したが、断ったという。
    ナナモ・ウル・ナモ : いつだったか、ラウバーンがわらわの気持ちを慮って、
    真相究明のため再調査をすべきと、進言してくれたこともあった。
    ……だが、わらわは断ったのじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : 仮に共和派による暗殺であることを証明できたとて、
    捕まえられるのは、せいぜい末端の実行犯がいいところ。
    ナナモ・ウル・ナモ : 事故当時、5歳の幼子に過ぎなかったわらわを女王に据えて、
    影から操ろうとした黒幕を、一掃することなどできまい。

年齢

  • ※まだ年齢が公表されていなかった時期のセリフ。
    ココラマ : ナナモ陛下ですか……いささかお若い方ですな。
    政事を担うには、いかがなものかとも思います。

好物

  • 調理師クエストで登場した際の、ナナモの好物。
    ココラマ : ううむ、そういえば国元で
    「菓子といえばガレット・デ・ロワHQじゃのう」とおっしゃり、
    あの菓子が売り切れたことがありましたね……。
    ギギワズ : あぁ、確かに俺はウルダハの出だ。
    なに、ナナモ陛下の好物を知らないかだと?
    ギギワズ : ウルダハの市場で、「女王陛下の御用達」という触れ込みで、
    「ビーフシチューHQ」用の肉が売っていたのを見たことがある。
    本当に「御用達」かどうかは怪しいもんだがな。
    ギギワズ : だが、ウルダハ商人たちは目端が利く。
    きっと舞踏会やら何やらで、陛下の好みを聞きつけ、
    商品の売り込みに利用したのだと思うぞ?
    ローズ : ナナモ陛下のお食事の好みについて、ですか?
    それなら経済誌「ミスリルアイ」で読んだことがあります。
    ローズ : グリダニアを訪問した折、地元猟師の食べていた
    料理に興味を持たれ、わざわざ作らせたんだとか。
    えっと、「猟師風エフトキッシュHQ」でしたでしょうか?

ラウバーンとの関わり

  • ナナモの女王就任数年後、コロセウムで不利な戦いを強いられるラウバーンを見かねて口を出したのが出会いだという。
    ナナモ・ウル・ナモ : そんな女王としての生活が数年過ぎた頃、
    公式行事のひとつとして観戦に来たコロセウムで、
    ラウバーンと出会ったのじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : これがまた、笑いたくなるほど、ひどい試合でな。
    ラウバーンひとりに対して、相手の剣闘士は10人以上……。
    明らかに不公平な状況じゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : 妙に腹が立ったわらわは、気まぐれで口を出した。
    正々堂々、1対1の戦いが見たいと……。
    ナナモ・ウル・ナモ : 後に知ったことじゃが、当時、ラウバーンは、
    掛け金を巡る陰謀に巻き込まれておったらしい……。
    闇賭博の胴元が、ヤツの命を狙って手を回していたのじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : わらわの一言で窮地を救われたラウバーンは、その大会で優勝。
    賞金授与式で対面した折、こう誓ってみせたのじゃ。
    「いつか貴方の剣になってみせる」とな……。
  • その5年後、砂蠍衆の動きに反発し、王家復権を目論む「王党派」のラウバーンを支援し、(2年前の)砂蠍衆入りに際して協力をしたとされる。
    ナナモ・ウル・ナモ : むろん、本気にはしなかったよ。
    ナナモ・ウル・ナモ : しかし、ラウバーンは本気だったのじゃ。
    以降、5年もの時をかけ、前人未踏の千勝を成し遂げ、
    その莫大な賞金を以て、砂蠍衆の座へと上り詰めていったのじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : ラウバーン!
    ラウバーン : ナナモ様!?
    ラウバーン : お約束、果たしましたぞ。
    ナナモ・ウル・ナモ : でかした。
    次は、わらわの番じゃな。
    ナナモ・ウル・ナモ : そなたが手にした優勝賞金をもって……
    ナナモ・ウル・ナモ : そなたも砂蠍衆の仲間入りじゃな?
    ラウバーン : 我が力と知恵のすべてを捧げましょう。
    ラウバーン : 我らが女王陛下とウルダハに幸あれ!!
    ナナモ・ウル・ナモ

アラミゴ奪還後

アラミゴ難民

  • ガレマール帝国による侵攻後にウルダハなどに流入したアラミゴ難民は、ウルダハ都市内に居住することも叶わず、中央ザナラーンの「ストーンズスロー貧民窟」などに居住するものもいた。それに対してナナモは、有効な手を打てていないことを悩みのタネとしていた。
    ナナモ・ウル・ナモ : 見るがいい、この天幕の連なりを……。
    貧しき者たちが、危険と不便を承知で野営を続けているのじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : 分厚い城壁に囲まれた都市内は安全じゃが、
    すでに人口は過密で、家を手に入れるには莫大な金がいる。
    霊災難民やアラミゴ難民に、手が届くはずもない……。
    ナナモ・ウル・ナモ : アラミゴ陥落から20年、霊災から5年……
    貧民窟を巡る状況は、悪化の一途を辿ってきた。
    これも、女王たるわらわの責任じゃ……。
  • アラミゴ奪還後、遂にナナモは決意し、自らゴッドベルトやロロリトに協力を仰ぎ、難民支援を行うことになる。
    ナナモ・ウル・ナモ : ザナラーンに居留するアラミゴ難民についてじゃ。
    彼らの祖国への帰還を支援したい。
    ナナモ・ウル・ナモ : 戦勝祝賀会の一件の詫びとして受け取った、
    そなたの財産の半分と、テレジ・アデレジの権益……。
    これを財源として、公費を投じるつもりじゃ。
    ナナモ・ウル・ナモ : しかし、この計画はアラミゴ難民のためだけではなく、
    我らウルダハにとっても、投資に見合う益のあるものとしたい。
    ナナモ・ウル・ナモ : そして利益を上げることにかけて、
    「百億ギルの男」と呼ばれるそなたに、勝る者はおらぬじゃろう。
    どうか、知恵と力を貸してはくれまいか?
    ロロリト : どうやら、女王陛下も世の中の仕組みというものを、
    いろいろと学ばれたようですな……。
    ロロリト : 塩とは食の基本にして、
    いかようにも姿を変え、多くの品を生む……。
    そう……莫大なギルに姿を変えるやもしれぬな。
    ナナモ・ウル・ナモ : どうじゃ、当地の住人との交渉は必要になろうが、
    この計画に、東アルデナード商会として乗るつもりはあるか?
    ロロリト : よろしいでしょう。
    ギラバニアの白き結晶を、我が商会の知恵と力によって、
    百億のギルへと変えてご覧にいれましょう。
    ロロリト : それが、アラミゴを助け、
    かの猛牛が進むべき道を照らさんという、
    我らが女王陛下のお望みとあらば……。

ラウバーン解任

  • こうしてアラミゴ復興の目処を付けたナナモは、故郷への帰還と女王への忠誠とで板挟みに悩むラウバーンを、不滅隊隊長及び砂蠍衆の任を解くことでアラミゴへと帰還させる。
    ラウバーン : ナナモ様、なぜこのような場所に……!?
    ナナモ・ウル・ナモ : ラウバーンよ、今日この日を以て、
    不滅隊局長、および砂蠍衆としての任を解く!
    ラウバーン : な、なんですと……!?
    ナナモ・ウル・ナモ : ラウバーン、わらわはもう大丈夫じゃ……。
    ナナモ・ウル・ナモ : だから……だから、そなたはひとりのアラミゴ人として、
    生まれ故郷に帰り、同胞たちのために働くのじゃ!
    ナナモ・ウル・ナモ : アラミゴの情勢が落ち着いたら、ウルダハに戻ると、
    そう語る、そなたの目に迷いがあること……
    わらわが見抜けぬとでも思ったのか、みくびるなっ!
    ナナモ・ウル・ナモ : わらわが、どれほどそなたを頼りにし、
    どれほど信頼してきたのか、わかっておらぬのは、
    ラウバーン、そなたの方じゃ!
    ラウバーン : ……しかし、吾輩はあの時、誓ったではありませんか。
    ナナモ様、貴女の剣となると……。
    ナナモ・ウル・ナモ : わらわは、そなたから新たな剣をもらっておるわ。
    呪剣ティソーナを継いだ、ピピンという剣をな……。
    ナナモ・ウル・ナモ : わらわは、その剣を……
    そして、ロロリトら共和派の重鎮たちをも、
    使いこなす女王となってみせる、だから……!
    ナナモ・ウル・ナモ : ラウバーン……アラミゴへ帰るのじゃ!
    ここが、そなたの故郷なのだから!
    ラウバーン : ナナモ様…………。
    ナナモ・ウル・ナモ : ラウバーンよ、笑え。
    わらわは、笑顔で送り出したいのじゃ。
    ラウバーン : ありがたき、お言葉……これまで……
    貴女という女王に仕えることができて光栄でした……。
    ナナモ・ウル・ナモ : 明日より、そなたはウルダハの剣ではない。
    アラミゴの剣であり、より多くを守るエオルゼアの剣じゃ。
    よいな、ラウバーン!
    ラウバーン : はい……ナナモ様…………。
    reMCzR7.jpg

お忍び

  • たびたび某家のお嬢様「リリラ」としてお忍びで外出し、その際には元銀冑団パパシャンがお目付け役として同行する
    PtXMbE2.jpg
  • ロロリトに対しても「リリラお嬢様」として面会している。
    ロロリト : これでよろしいですかな?
    ナナモ陛下……いえ、リリラお嬢様とお呼びした方が?
    ナナモ・ウル・ナモ : ナナモでよい。
    どうやら余興は楽しんでもらえたようなのでな。

関連項目

ウルダハ】【ウル朝ウルダハ】【砂蠍衆】【ラウバーン・アルディン