NPC・組織/シルフィ・ウェブ

シルフィ・ウェブ(Sylphie Webb)

シルフィ・ウェブ
Table of Contents

概要

  • だいじなものは母の思い出。

母も幻術士

  • シルフィの母も幻術士であったが、幻術士ギルドには所属せず、自然をだいじにするあまり回復の魔法しか使わなかったという。
    彼女の亡き母親もまた、幻術士だったのです。
    そして、シルフィーと同じく回復の魔法しか使えなかった。
    彼女はその背中をずっと追っているのです。
    そういえば彼女は「喜びの声」が聞こえたと言いましたが、
    そこもまた、母親の才能を色濃く受け継いだようですね。
    自然の化身である「精霊」の声は、
    修行を積んで聞こえるものではない。
    ですが、彼女の母親は精霊の声をよく聞く人でした。
    しかし、それゆえ彼女の母親は道を誤ってしまった……。
    シルフィーに同じ道を歩ませるわけにはいきません。

エ・スミ・ヤンの弟子

  • 才能あふれる存在でありつつも頑固な一面を持っており、たびたびエ・スミ・ヤンを困らせている。
    シルフィー : ねえ、それよりエ・スミ様! 聞いて!
    私、とうとう「レイズ」の魔法も使えるようになったのよ!
    エ・スミ・ヤン : まさか……! あなたは……なんてことを!
    その魔法を使ってはなりません!
    もし使えば……あなたから、「幻術士」の名を剥奪します。
    シルフィー : なんだか、もっともっと大きな淀み……
    嫌な空気が渦巻いてるのを感じるの。
    これが、淀みを生み出す根源なのかも。
    エ・スミ様は深入りするなって言ったけど……
    やっぱり私、苦しんでる森を放っておけない!
    エ・スミ・ヤン : おかえりなさい。 (冒険者)、シルフィー。
    シルフィー……
    私との約束を破り、淀みへと深入りしましたね?
    シルフィー : そ、それは……森が、苦しそうだったから……
    やっぱり私、苦しんでる森を放っておけなかった!
    エ・スミ・ヤン : シルフィー。 ……いいのです。
    そうするだろうと、知っていて行かせました。
    怒るつもりはありませんよ。
    「淀み」を生み出していた「アコーマン」は、
    霊災後の弱った土に潜み、同族を呼び寄せていました。
    ……ふたりとも、よく退けてくれました。
  • シルフィも自然の力を借りることを学んでいる。
    エ・スミ・ヤン : それに、シルフィー。
    自然から力を借りることができたようですね。
    シルフィー : あ、あの時は夢中で……
    (冒険者)の力に なりたいと思ったら、気づいたらできたんです。
    エ・スミ・ヤン : それでいいのです。 自然から力を借りるということは、理屈ではない。
    自然を受け入れたあなたの心に、自然が応じたのです。

ガッティとの関係

  • 白魔道士レベル60~70のクエストにおいて、ギラバニア辺境地帯のイーストエンド混交林に母サンチェと2人で隠れ住んでいた角尊ガッティ・オーウェルを見つけ出し、保護することになる。