NPC・組織/コイナク

コイナク(Saint Coinach)

概要

  • シャーレアンの聖人選定会議(通称:ルートシュティム会)により選定された「聖人」のひとり。
  • それまでは「架空の国家」であるとまで考えられていた古代アラグ帝国について、生涯をかけて探し求め、遂に実在を証明した人物。

生涯

  • 恐らくイシュガルドの生まれと思われる。
  • 神学生となったコイナクは、神学生創立以来の秀才と噂された。
  • しかしコイナクは史学に没頭し、やがて聖典に記された「アラグ帝国」の残影を追い求めるようになってしまう。
  • その結果、彼の名声は地に落ち、やがて退学に追い込まれてしまう。
  • その後苦労して承認となったコイナクは、その財を惜しみなく古文書の発掘と調査に投入した。
  • 死の前年に遂に失われた帝都を発見し、アラグ帝国の実在を証明してみせた。
  • のちにコイナクは、その精励を讃えられ、アルジクの聖人に列せられた。

聖コイナク財団(the Sons of Saint Coinach)

関連項目



Amazonファミリー無料体験