NPC・組織/エリクトニオス

エリクトニオス(Erichthonios)






  • 以降に物語の核心部分に触れる記述を含みます。
  • パッチ6.0まで進めていない方や「万魔殿パンデモニウム」未クリアの方、ネタバレを好まない方はこれ以降読み進めることをお勧めしません。










Table of Contents
Erichthonios
エリクトニオス
エリクトニオス
種族古代人性別男性
出身地年齢
所属組織パンデモニウムの獄卒クラス
付加情報
関係者ラハブレア(父)
アテナ(母)
テミス(アシエン・エリディブス
コンテンツ万魔殿パンデモニウムCV
世界設定本

概要

パンデモニウムの獄卒

エリクトニオス : 俺は、獄卒のエリクトニオス……。
パンデモニウムは、施設の大部分を地下に構えているんだが、
その中でも一番地上に近い階層、「辺獄」を持ち場としている。

父母

父:ラハブレア

  • 父はラハブレア
    ヘスペロス : 「ラハブレア」様の息子でありながら、
    ろくな魔法も使えぬ、能無しのお前がなあ!!
    テミス : その物言いからして、父であるラハブレアのことは、
    尊敬の対象ではないということかな……。
  • しかし父ラハブレアとの関係性は希薄なようで、尊敬できるような存在ではなくむしろ嫌悪感を抱いている。
    エリクトニオス : 「父」と俺の繋がりといえば、
    俺が使う鎖と、監獄を囲うあの鎖……その程度のものさ。
    テミス : やはり君は、ラハブレアの息子だったのだね。
    エリクトニオス : 魔法も不得手な、落ちこぼれの息子だがね。
    エリクトニオス : 彼が教えてくれたのは、この魔法だけだったんだ。
    あとは研究のため、院にこもりっぱなし……。
    俺を育ててくれたのは、同じく院の研究者だった母さ。
    エリクトニオス : そのとおり、俺は尊敬する母アテナに呼ばれたから、
    パンデモニウムで働くようになったんだ。
    決して、ラハブレアのためではない。
  • 転身時にラハブレアの仮面を付けていた理由。また腰に吊しているクリスタルは昔ラハブレアが贈ったものであるという。
    エリクトニオス : そういえば……俺が転身したとき、
    ラハブレアの仮面がついていたのは気づいていたか?
    エリクトニオス : 転身後の姿には、自身の精神が反映されるという。
    あの仮面は、俺の心の枷を象徴するものだと思っていたけれど、
    もしかしたら……違ったのかもしれないな。
    ラハブレア : エリクトニオスが、腰に吊しているクリスタルは、
    その昔、魔法発動の助けとなればと願い、私が贈ったものだ……。
    「檻」を使いこなせる今では、もう不要だろうがな。

母:アテナ

  • 母はアテナ
    テミス : ヒッポカムポスとの戦いに挑む前、君が口にしていた、
    パンデモニウムの初代長官、アテナ……。
    それが、君の母上だね?
    エリクトニオス : そのとおり、俺は尊敬する母アテナに呼ばれたから、
    パンデモニウムで働くようになったんだ。
    決して、ラハブレアのためではない。
  • アテナはラハブレア院の研究者であったが、のちパンデモニウムの先代長官となっている。
    エリクトニオス : パンデモニウムの先代長官、その名も「アテナ」。
    もともとはラハブレア院の研究者だった人で……
    俺を獄卒へと登用してくれたのも、彼女さ。
  • なお母アテナは既に死んでいる。
    テミス : しかし何故、ラハブレアに長官の地位が移されたんだい?
    エリクトニオス : ……母が、死んだからだ。
    エリクトニオス : だと言うのにラハブレアは、
    ただ黙って、長官の地位を引き継いだ。
    そんなヤツのことを……俺は尊敬などできない……!

コンテンツ

  • パッチ6.01実装の8人レイド「万魔殿パンデモニウム」1層で登場する。パンデモニウムを訪れることになった光の戦士は、十四人委員会よりの命を受けて訪れたテミスと出会い、共にパンデモニウムへと行くことになる。そして1層で獄卒のエリクトニオスと出会う。
    エリクトニオス : 俺は、獄卒のエリクトニオス……。
  • 「辺獄」に収監していた創造生物たちが突然「檻」の外に出て暴れ始め、それに必死に対処するなかで気づくと独りになっており、なにかに囁かれているような気がして気づくと転身していたのだという。
    エリクトニオス : 「辺獄」に収監していた創造生物たちが、
    いきなり「檻」の外に出て、暴れ始めたんだ……。
    エリクトニオス : 俺も、仲間たちと必死に対処しようとしたんだが……
    混乱の中……気がついたときには、もう独りきりだった。
    エリクトニオス : そのうち、何かに囁かれているような気がしてきて……
    いつの間にか転身までして、手当たり次第に攻撃を……。







パンデモニウムとは何だったのか

記憶のクリスタルについて






  • 以降に物語の核心部分に触れる記述を含みます。
  • パッチ6.0まで進めていない方、及びクロニクルクエスト万魔殿パンデモニウム」未クリアの方、ネタバレを好まない方はこれ以降読み進めることをお勧めしません。










  • 万魔殿パンデモニウム」は、クローディエンが入手した「記憶のクリスタル」がキーになってコンテンツが始まる。この記憶のクリスタルは一度目の終末が迫る古代で、エリクトニオスが流したものである。
    クリスタルから響く記憶 : この声が聞こえ……どうか……。
    「パンデモニウム」へと……来て……!
    クリスタルから響く記憶 : この危機……決し……放置しては、ならない……。
    世界が……壊れ……まう……。
  • 記憶のクリスタルに封じること自体は難しくないとラハブレアも言っており、過去エリクトニオスはそれを行っている。これが結局後の世にパンデモニウムで起こる危機を伝えるきっかけとなった。しかし十四人委員会議長としてのラハブレアは、このパンデモニウムの危機を知る人間が(ラハブレア、エリクトニオス 、テミス、アゼム光の戦士)以外にも居るということに警戒感を抱いている。
  • 天獄編のラストでクローディエンが、クリスタルに新たな光が宿っていることに気づき、今なら新たな記憶が読み取れるかも知れないとして再現をしている。これは古代において一度目の終末が訪れた際にエリクトニオス 自身が考えて行動したものであるという。
    クローディエン : 先ほど、クリスタルに新たな光が宿っているのに気づいたのです。
    今回の事件をきっかけに、
    新たな記憶が読み取れるようになったのかもしれません。
    クローディエン : エリクトニオスさんとラハブレアさんが、
    どういった想いでこのクリスタルを残したのか……。
    それが、私の抱えている最後の疑問。
    クローディエン : エリクトニオスさんの記憶を得た今なら、
    私程度の魔力でも、内部の記憶を再現できそうです。
    試してみてもよいでしょうか……。
    PRqV64L.jpg
    QMcmQJv.jpg
    エリクトニオス : 未来の世界に、この記憶を残す。
    エリクトニオス : エルピスにもまた、「終末」が訪れた。
    創造魔法が暴発し、おぞましい獣が次々と生み出されている。
    エリクトニオス : そんな絶望の只中にあっても、ラハブレアたち十四人委員会には、
    この事態を収拾する秘策があるらしい。
    エリクトニオス : そして、エリディブス……いや、テミスは、
    そのために殉じるつもりのようだ。
    エリクトニオス : だが、俺たちには、ひとつ心残りがあった。
    パンデモニウムの獄中にある創造生物たちだ。
    エリクトニオス : 終末を乗り越えたとて、世界が安定を取り戻すには時間がかかる。
    そのような状況で、獄中の不完全かつ危険な存在が、
    解き放たれればどうなるか……。
    エリクトニオス : そこに危険があるのだと、誰かが監視する必要がある。
    テミスやラハブレアに代わり、俺がその役目を引き受けた。
    エリクトニオス : だからこそ、俺は十四人委員会の方針には従わない。
    この魂を、星の意思の召喚に捧げることなく、
    成すべき使命のために残るつもりだ。
    エリクトニオス : あいつは、どうしているかな?
    このエルピスの底で戦ったように、
    いまもどこかで、獣と戦っているのか……。
    エリクトニオス : ……(光の戦士)。
    再会の願いも、この記憶に焼き付けて送ろう。
    エリクトニオス : この記憶が……この声が聞こえたら、
    どうか「パンデモニウム」へと来てくれ……!
    • 煉獄編のラストで、ラハブレアがこの記憶のクリスタルを流した人間も気になる(警告する意志を発していたというのは聞き捨てならん)と語っており、エリクトニオスも素知らぬ顔(だとしたら、そいつは何故、姿を現さないんだ?)をしているが、2人の言っているのはいずれもその時点から少し未来のエリクトニオス本人である。
    • 記憶のクリスタルを流したエリクトニオス自身が知らないのも当たり前で、「万魔殿パンデモニウム」の時点ではまだ(ラハブレアとエリクトニオスの)記憶のクリスタルはつくられていない。この時点での古代においては、(それを未来から持ち込んだ)光の戦士とテミスのみが知っている。
      それよりも今は、君のいう謎のクリスタルとやらを、
      少し、見せてもらえないかい?
      テミス : ふむ、あいにく私も詳しい内容までは見通せないけど……。
      たしかに、誰かの記憶が封じられているようだ。
    • やがて訪れる一度目の終末に際してエリクトニオスが流したものであり、封じられた記憶もその時点のものとなっているためである。

黒聖石サビクとは






  • 以降に物語の核心部分に触れる記述を含みます。
  • パッチ6.0まで進めていない方、及びクロニクルクエスト万魔殿パンデモニウム」未クリアの方、ネタバレを好まない方はこれ以降読み進めることをお勧めしません。










  • エリクトニオスの流した「記憶のクリスタル」により、古代でのパンデモニウム暴走は食い止められた。「煉獄編」のラストで、ラハブレアは解決したと話しており、後処理について話をしている。
    テミス : 地獄の支配権も、完全に奪い返したよ。
    しかし、すべてを元の状態に戻すとなると、
    かなりの手間がかかりそうだ……。
    ラハブレア : 地獄にあった実験場を使えば、
    半神の実験に利用された者を元に戻すこともできるはず……。
    私も、もうしばらくここに留まろう。
  • こっちが苦労して現代で「天獄編」をクリアした後に顔を出すと、まさに何をしに来たというつっけんどんな対応をされる。
    ラハブレア : おや、もはや会うこともないと思っていたが……
    いったい何を企んでの再訪だ?
    ラハブレア : また、訳のわからぬことを。
    我らは、パンデモニウムを本来の状態に戻すべく、
    粛々と活動をしているだけだが……?
  • つまり古代人にとってのパンデモニウム事件は、「辺獄編」および「煉獄編」で解決済なのだ。
  • では「天獄編」とは何だったのか?エリクトニオスの記憶のクリスタルで影響を受けたクローディエンが魔大陸魔科学研究所に行ったことにより、黒聖石サビクに封印されていたアテナの記憶がクローディエンの肉体と紐づけたために復活してしまったことが原因ではないか?
    クローディエン : ……黒聖石サビクです。
    クローディエン : アテナの記憶と私の肉体を結ぶ楔となっていたからでしょう。
    気がついたときには、私の懐に入っていたんです。
  • しかし冷静に考えれば、ラハブレアが黒聖石サビクを破壊していればアテナは復活しなかったのではないか?と思える。黒聖石サビクさえなければ魔導城プラエトリウムのアルテマ発動もなく、暁月パンデモニウムでのアテナ復活もなかった。
    エリクトニオス : だが、こちらも収穫がなかったわけじゃない。
    現代の情報を得たことで、アテナ復活の謎について推測できた。
    エリクトニオス : 「黒聖石サビク」という名の結晶……それがすべての鍵だ。
  • 「ヘファイストス」を閉じ込めたクリスタルは破壊したが、黒聖石サビクについては、なぜかラハブレアはアシエンとなった後も所持しつづけてしまった。それは「ヘファイストス」を捨て去って座の役目のみに邁進したとは言っているものの、捨てきれなかったラハブレア自身のアテナに対する未練だったのかも知れない。
    ラハブレア : ……わからずともよい。
    そして、調べようとする試みも許さぬぞ。
    人と創造生物との融合などという邪法は存在すべきでないのだ。
    ラハブレア : ゆえにヘファイストスを封じたクリスタルも、
    過ちを繰り返さぬよう、完全に破壊するつもりだ。
    ラハブレア : だが、私がその危険な効力を知り、封印指定を施したのは、
    パンデモニウムでの凶行が起こった後……。
    遅すぎたのだよ……。
    エリクトニオス : ……その後、サビクはどうなったんだ?
    ラハブレア : アテナを手に掛けた後、彼女の研究室から押収した。
    ラハブレア : サビクには、高密度のエーテルが内包されていてな。
    それを用いることで「アルテマ」が放てることまでは確認したが、
    さらなる解析は不可能だったため、私自身が所持していたのだ。
    ラハブレア : だが……サビク内部に、何重もの遮蔽加工が行われたうえで、
    「アテナの記憶」も込められていたとしたら……。
    ラハブレア : 記憶のクリスタルから創造された我らのように、
    アテナも、記憶を核に復活し活動することが可能になるだろう。
    エリクトニオス : それが、アテナ復活の秘密……。
    ラハブレア : 忌々しいことだ。
    アテナの記憶を、私自身が後生大事に持ち続けていたのだから。
  • 考えようによっては、エリクトニオスは古代において(ラハブレアに手に掛けられたアテナの野望の残滓による)パンデモニウムの危機を救ったばかりでなく、現代においても(父ラハブレアの未練により)復活したアテナの野望を再び防いだのかも知れない。両親の不和(主にアテナの野望が原因だが、ラハブレアも欲望を捨てきれなかった罪がある)によりもたらされた、二度の災厄を防いで消えていったのではないだろうか。
    ラハブレア : ゆけ、息子よ。
    お前は……私の誇りだ。
    アテナ : エリクトニオス……あなた、何を……?
    アテナ : や……やめなさい! エリクトニオス!
    エリクトニオス : 俺はもう、お前の言葉になど従わない。
    この記憶が、心が従うのは……。
    エリクトニオス : 父と……友への想いだ!
    アテナ : ぐっ、ぐぁぁああああ!!!
    アテナ : 力が抑えこまれる……肉体を、保てない!?
  • しかしラハブレアはそんなことは知ってか知らずか最後までとぼけたような会話をした上で、アシエンとしての自分も全肯定して最後まで「悪」として消えていく。※もっともここで反省した所でラハブレア自身の魂はアラミゴ空中庭園で消えている。万魔殿パンデモニウム:天獄編で会話しているのはエリクトニオスの記憶のクリスタルからの再現体に過ぎない。
    ラハブレア : しかし、「黒聖石サビク」を手に活動していたと知りながら、
    もっとも高い可能性から目をそらすのは、愚かというもの。
    ラハブレア : 直接、相対したお前から証言を得ておきたい。
    霊災なる現象を起こさんと暗躍していたアシエン・ラハブレア。
    そやつは……私、ラハブレアの未来の姿だな?
    ラハブレア : 星を善くすることを信じ、
    だからこそ分断された世界において「悪」となったか。
    ラハブレア : ……私らしい結末だ。
    長い時を経て、己すら擦り切れようとも、
    星のために掲げた信念は揺らがなかったと見える。
    ラハブレア : 目的のため、妻が遺したサビクすら利用したのだから、
    何を失おうと、いっこうに構わなかったらしい。
    ラハブレアとして、すべてこの星のために……。
    ラハブレア : もっとも、私は最後までサビクの表層しか理解できず、
    ただの「力」としてしか、認識していなかったようだがな。
    それもまた……皮肉なことだ。
    私も……エリクトニオスに続くとしよう。
    ラハブレア : 忌まわしき記憶は、ただ消えゆくのみ。
    これが、ラハブレアの最期。
    ラハブレア : ……さらばだ。



現実世界のエリクトニオス

  • エリクトニオス(古希: Ἐριχθόνιος, Erichthonios)はギリシア神話におけるアテネの伝説的な王とされる。
  • ギリシャ神話によると、アテーナー(アテナ)が鍛冶の神であるヘファイストス(ヘーパイストス)を訪ねて武器を要求した際に、ヘファイストスはアテーナーを凌辱しようとして追いかけてしまう。アテーナーはやがて追いつかれヘファイストスと争うが、このときにヘファイストスの精液がアテーナーの太ももに落ちてしまい、アテーナーは羊毛の切れ端でそれを拭き取って捨ててしまう。それにより大地が懐妊して生まれた子がエリクトニオスだとする。
  • エリクトニオスは上半身は人間、下半身はへびの形をしていたことから、アテーナーはケクロプスの3人の娘たちに、籠のなかを見ることを禁じてその子を預けてしまう。しかし好奇心を抑さえきれなかった姉妹は、ある時に籠を覗いてしまい、奇怪な赤子を見たショックで驚愕のあまり発狂してアクロポリスの断崖から身を投げて死んでしまう。
    • このケクロプスは伝説上の初代アッティカ王。エリクトニオスの曾孫にもアテナイ王ケクロプスがいるが後世の別人。ただし伝説は渾然一体としており、Wikipediaでも2人の系譜が混じってしまっている。
    • 初代アッティカ王ケクロプスも大地から生まれ、下半身が蛇であったという伝説を持つ。一夫一婦制や葬礼の創始、文字の発明、人身御供の廃止などを行った人物とされる。
    • アテーナー神とポセイドーン神がどちらかを守護神として選べと迫ったとき、王は国民に相応しい贈り物を贈った方を守護神にするとした。ポセイドーンが塩水の泉を作り、アテーナーはオリーヴを植えた。国民がアテーナーを選んだためアテーナーを守護神にすることに決めたのだという。以降アッティカ王は国の名をアッティカからアテーナイと変更したという伝説がある。このアテーナイ近辺は現在のギリシャの首都アテネとなっている。
  • アテーナーに育てられたエリクトニオスは、成人するとケクロプスに譲位されてアテナイの王となり、ニンフのプラークシテアー(プラクシテア)と結婚して息子パンディーオーン(パンディオン)を儲けたという。
    • ※実際にはケクロプスの死後、王位は市民の有力者クラナオスに引き継がれるが、クラナオスはその娘のひとりと結婚したアムピクテュオーン(プロメーテウスの子デウカリオーンとピュラーの子)に王位を追われた。アムピクテュオーンは12年間アテーナイを支配するが、エリクトニオスによって王位を追われたのだという。
      初代アッティカ王ケクロプス ─ クラナオス ─ アムピクテュオーン ─ エリクトニオス
  • またエリクトニオスは様々な技術に優れており、馬をくさびで繋いで戦車として引かせたり、銀を精錬したり、鋤で地を耕したという。ゼウスは彼の技術に感銘を受け、エリクトニオスの死後、彼を天に昇らせぎょしゃ座の星座にしたという。※ぎょしゃ座には諸説があり、ヘルメースの息子ミュルティロスであるとも、あるいはテーセウスの息子ヒッポリュトスとする伝承もある。

エリクトニオスの子孫

  • エリクトニオスの子であるパンディーオーン(古希: Πανδίων, Pandīōn)は、母プラークシテアーの姉妹ゼウクシッペー(つまり叔母)との間にプロクネー、ピロメーラー、エレクテウス、ブーテースを儲けた。※系図はWikipediaのエリクトニオスの項を参照
    エリクトニオス ─ 子・パンディーオーン ─ 子・エレクテウス ─ 子・ケクロプス ─ 子・パンディーオーン
  • プロクネー、ピロメーラー】エリクトニオスは、ある時テーバイ(ポリスのひとつ)の王ラブダコスとの間に戦争が起きたとき、トラーキアの王テーレウスの援軍を得て勝利したため、テーレウスに娘のプロクネーを嫁がせた。しかしテーレウスは、このプロクネーが死んだと偽って妹であるピロメーラーと結婚した。そして全てを知ったピロメーラーが何も話せないように舌を切り取ってしまう。しかしピロメーラーは文字で姉のプロクネーに知らせたため、プロクネーはテーレウスとの間に生まれた息子イテュスを殺してテーレウスの食事に出し、ピロメーラーとともに逃げた。そしてテーレウスに捕まる寸前、神に願ってそれぞれ鳥になったという。
  • エレクテウス】ディオゲネイアの娘プラークシテアーと結婚し、子供にオーレイテュイア、プロクリス、ケクロプス、クレウーサ、クトニアー、オーレイテュイア、メーティオーン(古希: Μητίων, Mētiōn)らがいる。父のパンディオーンから受け継いだ権力を分割するにあたり、エレクテウスは政治権力を、ブーテースはアテーナーとポセイドーンの神官職の権利を得た。それらは子孫にも受け継がれた。
    • 後にメーティオーンの子たちは反乱を起こし、当時アテーナイを支配していたパンディーオーン王(これはエリクトニオスの子ではなく玄孫にあたる別人で、メーティオーンの甥:兄弟ケクロプスの子)を追放した。
    • また歴史家シケリアのディオドロスによると、メーティオーンはエレクテウスの息子エウパラモスの子でダイダロスの父となっており、このダイダロスの子がイーカロス(古希: Ἴκαρος, ラテン文字化:Īkaros, ラテン語: Icarus。イカロス)である。
    • またメーティオーンのもう一人の子であるペルディクスの子がタロース(古希: Τάλως, Talōs。タロス)である。つまりダイダロスの甥にあたる人物。※ただしタロースには諸説あり、鍛冶の神ヘーパイストスあるいはダイダロスによって作り出された青銅製の自動人形であるとも、あるいはクレースの子でヘーパイストスの父、ラダマンテュスの祖父、オイノピオーンの子ともされる。


Amazon Prime Student6ヶ月間無料体験