NPC・組織/エジカ・ツンジカ

エジカ・ツンジカ(Ejika Tsunjika)

Table of Contents
Ejika Tsunjika
エジカ・ツンジカ
エジカ・ツンジカ
種族ララフェルプレーンフォーク性別男性
出身地北洋シャーレアン年齢22歳
所属組織バルデシオン委員会クラス
付加情報
関係者ガラフ・バルデシオン(尊敬する人物)
クルル(同期)
アルフィノ(同期)
アリゼー(同期)
コンテンツ禁断の地エウレカCV
世界設定本2巻 120ページ

概要

  • 魔法学(破壊魔法)及びエーテル学の研究で賢人位を取得している。
  • 賢人位を取得しているにも関わらず文様が見えないのは、「自分が特別な存在とは思われたくない」というこだわりから、服の上から見えない背中に刻んでいるため。
  • 特別な力を持つクルル冒険者に嫉妬心を抱いている。
    特別な力を持つ貴様に嫉妬し、愚かな発言をしてしまった。
    ああ、そうだ。
    俺は貴様やクルルが妬ましい。
    努力では決して手に入れられない力を持つ、貴様らがな。
    
    フフッ、だろうな。
    持つ者には持つ者なりの、苦悩がある。
    それをわかってなお求めるのが、俺の弱さか……。

生い立ち

  • シャーレアン本国において、貧しい家庭に生まれた。
  • その境遇をバネに周囲を見返さんと勉学に励んでいたところを篤志家でもあったガラフによって見出され、奨学生としてシャーレアン魔法大学へと入学する。
    生まれは貧しくとも、努力すれば道も開けると、
    俺はずっと研鑽を積み重ねてきた。
    なればこそ、ガラフ様にも見出してもらえたとの自負もある。
  • 在学中は、エジカにとってみれば恵まれた境遇であった同期のクルルや、後輩であるアルフィノアリゼーのルヴェユール兄妹を目の敵にしていたという。
    だが、努力をどれだけ重ねようとも、
    ルヴェユール家の神童のような天才や、
    クルルのような異能者には、絶対に届かない。
    ヤツらと俺の、何が違うのだ?
    何をすれば、ヤツらに追いつける?
    そんな無意味な問いを、未熟な俺はずっと消せずにいる……。
  • 学年主席として卒業した彼は、各所からのスカウトを断ってバルデシオン委員会に所属する。
    クルル : エジカは、バルデシオン委員会時代の同僚なの。
    私を含めて数少ない「生き残り」といったところかしら。
    エーテル学の研究員としては一流だけど、性格はあのとおりよ。

創神「エウレカ」

  • 禁断の地エウレカの調査に加わり、独自に調査を進めている。
    エジカ・ツンジカ : そうだ、ひとつだけ貴様に伝えるべき情報があった。
    ガラフ様が本部塔に封印した存在……
    クルルが予想したところの古の蛮神の名がわかったぞ。
    ……その名は「エウレカ」。
    そう、この島につけた仮の名前と同じ。
    創神「エウレカ」がヤツの名だ。
    なんとも皮肉な偶然じゃないか……いや、必然というべきか。
    クルル : 創神「エウレカ」……
    エジカがそう言っていたのね。
    ……バル島が消滅する前、
    ラハくん……委員会の同僚とおじいちゃんの3人で
    クリスタルタワーについて議論したことがあるの。
    そのとき、ラハくんが、おじいちゃんにこう尋ねたのよ。
    危険な武器が封印されているという禁断の地下迷宮が、
    クリスタルタワーの地下にあるという伝承は、本当だろうかって。
    おじいちゃんは、「そこにエウレカはいない」って答えたわ。
    その表情がいつになく真剣で……妙に記憶に残っていたの。
    だから、ロウェナさんにこの島の仮名を考えるよう言われたとき、
    おもわずエウレカって答えちゃったんだけど……。
    「ない」じゃなくて「いない」か……。
    あのときは言い間違いだと思ったけど、そうじゃなかったのね。

関連項目