NPC・組織/アレンヴァルド・レンティヌス

アレンヴァルド・レンティヌス(Arenvald Lentinus)

Table of Contents
Arenvald Lentinus
アレンヴァルド・レンティヌス
アレンヴァルド・レンティヌス
種族ハーフガレアン性別男性
出身地アラミゴ年齢19歳
所属組織暁の血盟クラス
付加情報
関係者ア・アバ・ティア
オリ・ムルシャン
ミンフィリア
コンテンツメインクエストCV石原雅人
世界設定本1巻 193ページ

概要

  • 本名はアレンヴァルド・レンティヌス。
  • 暁の血盟」のメンバー。

出生

  • 帝国支配下のアラミゴにおいて、ガレアン族の父親とアラミゴ人の母親との間に生まれた混血児。
  • その出生の経緯から母親に捨てられ、食料のために人を襲うほど荒んだ生活を送っていた。
  • 故郷を脱して冒険者となる。

登場

  • かなり古くから登場しており、冒険者砂の家で彼と会っている。
  • ウリエンジェの近く、ア・アバ・ティアとオリ・ムルシャンらとテーブルを囲んでいた。
    アレンヴァルド : 少し前におかしな夢を見たんだ……。
    旅先でその話をしてたら、ここを紹介されたのさ。
  • 過去視について語る場面がある。
    アレンヴァルド : 過去視ってのはさ、
    他人の人生の一部を追体験するようなものなんだ。
    大きな影響を受けることも少なくない。
  • それぞれ実力を買われて暁に加入したア・アバ・ティアとオリ・ムルシャンの2人が、作戦に参加して結果を残すのに対して、アレンヴァルドはやや屈折した感情を抱いていた。
  • しかしタイタン討伐後に砂の家は襲撃を受け、アバとオリは砂の家で死んでしまう。

紅蓮のリベレーター

  • アレンヴァルドは暁の血盟のメンバーとして出動、部隊を率いてアラミゴ解放軍の支援に回っている。
    アルフィノ : アレンヴァルド、君たちの部隊はサンクレッドと連携し、
    引き続き、アラミゴ解放軍の支援に回ってくれ。
    アレンヴァルド : 了解!
    いよいよ、最後の戦いだって、みんな燃えてるからな。
    こっちのことは任せてくれよ。
    アルフィノ : 頼もしいな。
    だが、くれぐれも油断しないでくれよ。
    年齢が近い君が「暁」からいなくなったら、私は寂しい。
    アレンヴァルド : ここまできて、むざむざ死ぬつもりはないさ。
    アルフィノも気を付けてな……!
  • 解放作戦終了後、感極まったセリフを話している。
    アレンヴァルド : アバ……オリ……俺は……俺は……!
    ヴァ・マハ・ティア : アレンヴァルドのヤツ、感極まってやがるぜ!
    気持ちはわからんでもないがな……!
    Tnj0HJO.jpg

ハーフガレアンの生まれと戦化粧

  • パッチ4.1クエスト「伝説を追って」で語られる。
    アレンヴァルド : 俺の父親は、帝国軍に所属していたガレアン族だ。
    アラミゴ人の母にとって、望まぬ子だったと言えば、
    細かい事情までは話さなくてもわかるだろ?
    アレンヴァルド : そして、成長するにつれ、ガレアン族の特徴である、
    第三の眼の徴候が出てきた俺を見て、母はナイフを手にした……。
    俺の顔の戦化粧は、その時の傷を隠すためのものでもあるのさ。
    幼少時のアレンヴァルド
  • その後孤児となったアレンヴァルドは、物乞い、盗み、強盗などをして命をつなぎ、遂には亡命希望者の一団に紛れてバエサルの長城を越え、冒険者となり、「暁の血盟」に身を寄せたのだという。
    アレンヴァルド : 結局、母に棄てられた俺は、
    アラミゴ市街地の裏通りで、孤児として育った。
    物乞い、盗み、そして強盗……生きるためには何でもしたよ……。
    アレンヴァルド : だが、そんな生活に嫌気が差して、故郷を出たんだ。
    亡命希望者の一団に紛れて長城を越え、冒険者になって……
    流れ流れて「暁」に身を寄せることになった。

関連項目

NPC・組織/ジャ・モルバ