闘神

闘神(とうしん)

Table of Contents

概要

  • 現在「蛮神」と呼ばれている存在は、古代アラグ帝国では「闘神」と呼ばれていた。
    「闘神」……。
    それは、古代アラグ帝国における「蛮神」の呼び名……。
    彼らは、僕たちの知る蛮神とは、異なる典則で存在しています。
    誰の願いで召喚され、誰の想いで物質界に留まっているのか。
    すべては、闇に包まれたまま……。
    この地にも、黒衣森を彷徨う古の蛮神「オーディン」をはじめ、
    数多くの闘神がいたと云われています。

闘神オーディン

  • 初出時の公式説明文

    第七霊災を境に広まりはじめた「黒衣森を彷徨う亡霊騎士」の噂……。
    その正体は第三星暦初期に現れた古の蛮神オーディン」だった。
    聖典に、アラグの英雄によって「ウルズの泉」に封じられたと記されている蛮神が、なぜ現代に蘇ったのか。
    そして、信者なき蛮神が、なぜ活動を続けることができるのか……。
    その謎を追うため、冒険者たちはオーディンと対峙する。

  • 吉田Pの説明。

    ただ「オーディン」は蛮神ではなく「闘神」です。この「闘神」というカテゴリに関しては3.0以降もしばらくは引っ張るつもりです。
    ですので、「オーディン」の全容がわかるのはもう少し先になると思います。

  • ウリエンジェの語るオーディン。闘神の本体は人型のものではなく、魔剣「斬鉄剣」であるとする。
    黒衣森を彷徨い歩く闘神「オーディン」……。
    かの古の蛮神とあなたの戦いについては、
    オ・アパ殿より報告を受けております。
    魔剣「斬鉄剣」がオーディンの本体であり、
    環境エーテルを吸い、肉体を再構築するとは……。
    誠に興味深い仮説といえましょう。
    しかし、何者が召喚したのか、
    そして魔剣をいかにして封じるべきか……。
    残された謎と課題が多きこともまた事実。
    蛮神のひとつの有り様として記憶に刻むと同時に、
    さらなる探究に挑む必要がありましょう……。

三闘神

  • 甦ったアラグの三闘神
  • ウリエンジェによれば、古の文献にも記載されていないという。
    然れど、「魔大陸」に封じられし「三闘神」とは……。
    オーディンと同じ闘神でありながら、
    古の文献にすら、その名を残さぬ存在……。
    古の蛮神と呼ぶべき闘神……何者が召喚したのか……
    謎は多かれど、ここから先を明徴にするのは、
    彼……そう、ウヌクアルハイに任せるといたしましょう……。
    もちろん、できるかぎりの助力は惜しまぬつもりです。
    かの少年を「暁の間」に招き入れたのは、この私ですので……。
  • アラグ帝国は「闘神」を用いた抵抗に手を焼き、捉えることで再召喚を防ぎ、さらに「魔大陸アジス・ラー」の動力源とする。イシュガルドの教皇トールダン7世は、ドラゴン族との1000年に渡る争い終止符を打つためこの「三闘神」の力を得ようと魔大陸に乗り込むが、冒険者に阻まれてしまう。
    古の時代、アラグ帝国は「闘神」を用いた抵抗に手を焼き、
    その討滅法を模索する過程で、ある技術を編み出した。
    捉えることで再召喚を防ぎ、その力を利用する術を……。
    アラグ帝国の技術の結晶である「魔大陸アジス・ラー」。
    その中枢「魔科学研究所」は、蛮神利用法の研究機関……。
    そして、最深部にあるクリスタル増殖炉では、三体の蛮神……
    つまり「三闘神」が封印されていた。
    教皇が「魔大陸」に赴いたのは、
    「三闘神」が生み出す、無限の力を手に入れるため……。
    しかし、その核たる存在……
    蛮神「ナイツ・オブ・ラウンド」が葬られた今、
    その封印は、解かれつつあります。
    何も、教皇を討った貴方を責めている訳ではありません。
    これは、約束された運命だったのです……。
    ……ですが、「三闘神」の覚醒は、世界の滅びを招く。
  • ウヌクアルハイによれば、「三闘神」は古代アラグ帝国によって捉えられた闘神であり、「魔大陸アジス・ラー」の動力源に使われていたとする。
    この地にも、黒衣森を彷徨う古の蛮神「オーディン」をはじめ、
    数多くの闘神がいたと云われています。
    その中でも、強大な力を持っていた、三体の蛮神……
    すなわち「三闘神」は、古代アラグ帝国によって捉えられ、
    「魔大陸アジス・ラー」の動力源にも使われていた。
    「三闘神」が生み出す、無限の力……。
    彼らの覚醒は、世界の滅びを招く。
    たとえ、約束された運命だったとしても、
    僕たちは、それを止めなければならないのです。
    星の運命に抗うために……。
    光の戦士よ……特に貴方の戦いは、後世に至るまで、
    蛮神に抗う者たちへの模範となるべきもの。
    ゆえに僕は、「三闘神」との戦いの記録を、
    書き留めてゆくことにしました……。
    そこに置かれた書を紐解くことで、いつでもご覧になれます。

三闘神」討滅記、序説

  • 三闘神討伐後の「討滅記」
    序説 : 「三闘神」とは、いずれも第三星暦末期に、
    南方大陸「メラシディア」の先住種族たちが、
    アラグの軍勢に対抗すべく召還した三柱の蛮神である。
    序説 : 蛮神は信者の「願い」を反映した力を持つ。
    「侵略者の排除」という願いが、強大な戦闘能力として、
    顕現したのだとすれば、その力は計り知れない。
    序説 : こうした存在を、アラグの軍勢は捕獲したのである。
    蛮神の力を封じる「拘束具」の技術と、捕らえた信者を利用し、
    顕現を維持しつづける禁忌の技術によって……。
    序説 : しかしながら、5000年の永きに渡り、
    魔大陸アジス・ラーの奥地に封じられてきた三闘神が、
    覚醒の徴候を示しはじめた。
    序説 : 三闘神を吸収することで、さらなる力を得んとした、
    イシュガルド教皇トールダン7世による介入のためだ。
    序説 : さいわい教皇の野望は、光の戦士たちによって阻止されたが、
    蛮神制御技術を欲するガレマール帝国が、侵入の機を窺っている。
    致命的な事態に到る前に、三柱の闘神を討滅せねばならない……。

セフィロト

三闘神」の一柱。
南方大陸メラシディアに棲んでいた樹状種族が崇めていた存在で、世界最初の樹を神格化したものと考えられている。
生命を操り、自らを「成長」させて巨大化させ暴れ回る様は、「魔神」の名に相応しい。

ソフィア

三闘神」の一柱。
メラシディアに存在した多民族国家において信仰されていた、叡智を司る神らしい。
異なる姿形の諸種族をまとめあげるために、「均衡」と「調和」という叡智を人々の心魂に吹き込んだという神話が残る。

関連項目