地名・国名/楔石の虚

楔石の虚(The House of the Crooked Coin)

概要

  • エリア北部にあるオンサル・ハカイル(Onsal Hakair)に存在する地名。
  • 古くからある施設で、アウラ族の間では「月神の力の根源たる結晶」であり、ドタール族にとっては聖地であるとされる。
    楔石の虚

アウラ族に伝わる伝承

  • かつてヒエンが、この「楔石の虚」についての伝承を聞いていた。
    ヒエン : わしが気になっているのは、以前モル族から聞いた、
    ある伝承のことでな。
    ヒエン : 『古の昔 滅びの刻迫りて 稀人 草原を訪れん
     稀人 ナーマに乞いて 北の山にて月の欠片賜り
     魔の忌み地 大地より放逐せん』
    ヒエン : 『かくて 滅びの刻去りて 稀人 ふたたび訪れん
     稀人 ナーマに祈りて 北の山に月の欠片埋め
     血滴る贄 天へと贈らん』
    ヤ・シュトラ : 大地から放逐された魔の大陸に、
    天へと贈られた血の滴る生贄。
    なるほど、衛星ダラガブの忌み名にふさわしいわね……。
  • モル族シリナの語る「楔石の虚」
    シリナ : 稀人が残した、月の欠片……。
    その力が、東方を守るために必要だというのですか?
    ヒエン : ああ、伝承にある「北の山」について教えてはくれんか?
    月神の力宿る欠片がどれほどのものか、調べさせてほしいのだ。
    シリナ : ええ……調べることは、一向に構いません。
    北の山中にある「楔石の虚」には、月神の力の根源たる結晶が、
    奉じられていると伝えられています。
  • 月神を強く信仰しているドタール族サドゥの語る「楔石の虚」
    サドゥ : ……また、小難しい話を持ってきやがって。
    楔石が、ものすごい力を宿しているって?
    ありゃナーマの御力の根源だ、そんなモン当然だろ。
    サドゥ : それだけに「楔石の虚」は、ドタール族にとっては聖地だ。
    部外者が勝手に荒らそうものなら炭にしてやるが……
    まあ、お前らなら妙な悪さもしねえだろう。

人工物

  • ヤ・シュトラによれば、人工的に作り出されたものであるという。
    ヤ・シュトラ : これは……なんというエーテル密度……!
    ヒエン : 使えそうか?
    ヤ・シュトラ : ええ、この「楔石」は、人工的に作り出されたものよ。
    おそらく、地脈の流れを制御するための調整弁……
    アラグ帝国の産物と見て間違いないわ。
    ヤ・シュトラ : これを使って、
    アジムステップから、ザ・バーンへ流れる地脈を絞り込めば、
    それこそ、土地を分断して浮上させることも可能でしょうね。
    ヤ・シュトラ : 逆に、うまく制御して、ザ・バーンに地脈を流せば、
    防御フィールドを展開することはもちろん、
    焦土の自然を回復させることだって可能になるでしょう。
  • ザ・バーンの上空にガレマール帝国の進軍を阻むための障壁を構築するため、ヤ・シュトラはこの装置を起動させる。
    ヤ・シュトラ : それじゃ、「楔石」を起動させましょう……。
    少し、下がっていて。
    
    ヒエン : 起動したのか……?
    ヤ・シュトラ : ええ……!
    これで、堰き止められていた地脈が、
    ザ・バーンへと流れ出したはずよ。

関連項目



Amazonプライム会員無料体験