地名・国名/都市国家ラザハン

ラザハン(Radz-at-Han)

都市国家
Radz-at-Han
ラザハン
国旗
守護神
リージョン
政体
君主号太守
国家統治者アヒワーン
関連組織ラザハン星戦士団
グランドカンパニー
名称
最高指導者
 
施設・設備
冒険者ギルド

概要

サベネア島を領有する近東の交易都市。錬金術発祥の地ともされ、長き歴史を通じて数々の偉人と発明品を世界に送り出してきた。巨石の上に築かれた町並みは、特産品である絹織物に負けぬ鮮やかな色彩を誇る。

  • 錬金術発祥の地として敬意を集めるこの古都は、ガレマール帝国との間にも相互不可侵条約を締結し、それほど大きな軍事力を持たないにも関わらず、今なお近東の雄として独立を保っている。
  • エオルゼアにおいては、東方貿易の重要な中継拠点となっており、多くの商船が訪れている。
  • サベネア島に鎮座する巨大な岩、ラザハンはそこにへばりつくような形で造られている。入り口に掲げられた「真眼」の国章は、彼らラザハンの民の神話を彩る神々の眼で、あらゆる心理を見抜くものとされている。
  • エッグハントでは、主催者たちエッグドリーマーが開催に先駆け、祭りで使う「飾りタマゴ」を作るためこの「ラザハン」よりドードーのタマゴを大量に取り寄せたという。
  • さらに「特殊戦教練」では大手貿易商会の「ブルゲール商会」がグランドカンパニーに対して報酬となる武器の無償提供を行なっており、その武器は遙か海の向こうサベネア島の自由都市「ラザハン」から特殊な武器を輸入したものであるという。それによると、なんでも、彼の地の石工たちが巨人石を削って創り上げた、伝統的な近東様式の武器ということだ。

暁月のフィナーレ」での実装

都市国家ラザハン

vt3pR95.jpg
UEEF5XT.jpg
F2G1doL.jpg

位置

太守

  • ラザハンは太守一族が代々治めている。現在の太守はアヒワーン。
    ラザハン太守 アヒワーン
  • ラザハン太守の住まいは「メーガドゥータ宮」と呼ばれている。
    ラザハン メーガドゥータ宮

守り神

  • ラザハンのあるサベネア島には様々な神が存在するが、中でも竜は特別な存在であるという。
    マトシャ : あとは……竜も特別な存在だす。
    エスティニアン : 竜だと?
    ドラゴン族を崇めてるのか?
    マトシャ : あ、えっと……ラザハンを治める太守様の一族は、
    大昔、竜の神獣と盟約を結んだとされてるだす。
    マトシャ : 以来、竜は太守様と星戦士団の守り神とされてるだす。
    今でも、太守様が窮地に陥ることがあれば、
    盟友たる竜が遣わされるとの噂だす!

ヴァルシャン

  • 「太守の付き人」とされている人物。前任者のあと2年前から「太守の付き人」を務めているという。
    ヴァルシャン
    ナブディーン : 誰かと思えば、ヴァルシャンじゃねぇか。
    太守様のお使いか?
    ヴァルシャン : それから、みなさんへの伝言も預かっています。
    危険な前線での見張りに感謝する……と。
    ナブディーン : しっかし、あんなにお優しい太守様でも、
    付き人の扱いだけは手厳しいんだよなぁ……。
    ナブディーン : それこそ、ここは前線だぞ?
    ここ数日は状況が落ち着いちゃいるが、
    お前みたいな子どもを寄越すか、普通。
    ナブディーン : 前の付き人も、よく太守の使いだっつって、
    何かと街中をウロウロしてたよな。
    お前に替わってから2年……あいつ、元気かなぁ……。
    ヴァルシャン : 太守の付き人を務めた者は、外交官となるのが常ですから。
    どこかの国で、元気にやっているんじゃないでしょうか。
    ヴァルシャン : それから、僕がこうして出歩いているのは、
    自ら望んで申し出たからです。
    どうか、太守を悪く思わないでやってください。

ラザハン星戦士団(せいせんしだん)

  • 太守直轄の軍事組織で、街の治安維持から非常時への対応までラザハンの平和を護るのが仕事。
    ナブディーン : 「ラザハン星戦士団」は、太守直轄の軍事組織だ。
    街の治安維持から、今回みたいな非常時への対応まで、
    この国の平和を護るのが仕事だよ。
    ナブディーン : 当然、優秀な武人たちが集められちゃいるが……
    それでも、塔から出てきた化け物の相手には苦戦した。
    ナブディーン : 連中が出てきたのは、今まで2回。
    そのたびに、少なくない犠牲を出しながら、
    どうにか撃破してきた……。

名物・特産品

  • なおサベネア島は、巨大陸亀が生息していることで有名だという。
  • またサベネア島で採石される硬度に優れた天然石は「巨人石」と呼ばれる。伝承によれば、はるか昔に、島を荒らす巨人を東方からやってきた英雄が激闘の末に打ち倒した。すると、その血と胆汁を浴びた岩が巨人の力を帯び、「巨人石」に変わったという。

主なサベネア島出身者

ジャルザーン

アルドスキフ

  • サブクエスト『オライオン号のおいしい積み荷』で登場する。
    アルドスキフ : 俺は、外洋交易船「オライオン号」の船長アルドスキフ。
    次の航海では、サベネア島の都市国家「ラザハン」まで足を伸ばそうと思ってるんだが、
    積み荷の件で船主ともめててな。
    アルドスキフ : ここリムサ・ロミンサ産の良質の小麦が「ラザハン」の富裕層にも売れると、
    俺はにらんでるんだが。……どうも船主は、その案に懐疑的というわけだ。
    • 英語版では、さらに詳しくジェイド海を渡った東方の小さな島国であると書かれている。

      A small island nation to the east of Eorzea, across the Sea of Jade. Trading ships from Eorzea, such as the Orion, manned by Ahldskyf the Seawolf, regularly make the long journey. The island has a scarcity of such goods, such as flour, that merchants find sometimes to be well worth the costs of sailing there.

      Not much is known of Thavnair life or government, though it is known that a collection of "ruling houses" of nobility are prominent in politics and aspects of trade. Its capital city is known as Radz-at-Han.

  • アルドスキフは雇われ船長で、三角貿易を目論んでいる。
    アルドスキフ : 早速、あの船主に、その感想を報告するとしよう。
    それから、コックには……そうだな、俺から伝えよう。
    アルドスキフ : ともかくこれで自由都市「ラザハン」にて、小麦を売りさばく算段がついた。
    アルドスキフ : その金を元手に「ククルビーン」を買いつけて、
    ウルダハに運んで売りさばき、その金を元手に「ザナラーン茶葉」を買いつけて、
    ここリムサ・ロミンサで売りさばく……
    アルドスキフ : どうだ、カンペキな交易計画だろ?
    これで一儲けできたら、「オライオン号」を買い取って俺は晴れて、船長兼船主さまだ!
  • サブクエスト「芳しき海の男」では、メルヴァン税関公社から出港許可が出ている。
    アルドスキフ : ようやく、メルヴァン税関公社の許可が下りたよ。
    これでやっと、次の商売が動き出す。商売仇に一歩、先んじることができたというわけだ。
    アルドスキフ : よう、冒険者さん。販促の件では、ずいぶんと世話になったな。
    アルドスキフ : お前さんのおかげで、自由都市「ラザハン」でうまく商売できることにはなった。ただ……
    アルドスキフ : あの石頭の船主め、またゴネやがって!
    「保険がほしい……小麦以外にも主力商品を用意しろ」ときたもんだ!
    アルドスキフ : しぶしぶ、都市内の市場や問屋を回ってみたんだがそんな急に、
    主力級の質のいい商品を大量仕入れできるわきゃねぇ。
    商売敵の商船だって、うようよしてるんだからな。

関連項目

都市国家

ジャルザーン



Amazonファミリー無料体験