リンクシェル

リンクシェル(Linkshell / LS)

  • リンクシェル(LS)とは、FF14ゲーム内でのプレイヤーキャラクターによるチャットチャンネル(チャットルーム)のこと。

パッチ4.3での変更点

Table of Contents

概要

  • リンクシェルはFF14でのプレイヤー間の固定コミュニティで、次回ログイン時にも継続して固定メンバー間のつながりが保持できる
  • リンクシェルでは、LSメンバーだけが参加できる専用のチャットチャンネルを持つことができる。
  • リンクシェルに所属するメンバーは、リンクシェルメニューのほか、公式Webサイト「The Lodestone(ロードストーン)」でも確認できる。
    私は冒険者ギルドのリンクシェル配布担当よ。
    あなたも「リンクシェル」の支給を
    受けに来たのかしら?
    「リンクシェル」とは何か、ですって?
    簡単に言うと、遠距離通話用の魔法の巻き貝よ。
    「リンクシェル」を使うと、遠くにいる人と、
    まるで目の前にいるかのようにお話できるの。
    しかも、多くの人と同時に話せるから、
    仲間内での情報交換に、とっても便利なのよ。
    まさに冒険者、必携の品ね。
    あなたも、「リンクシェル」がほしくなったら、
    私に声をかけてちょうだい。
    冒険者ギルドの一員には、無料で配っているから。
    新しいHowTo「リンクシェルについて」がHowToリスト「冒険者の基本」に追加されました。
  • 新生FF14では、このリンクシェルのほかに、より本格的なプレイヤーズギルド「フリーカンパニー」を結成することもできる。
  • リンクシェルは複数所持(参加)することができるが、フリーカンパニーは1つしか所属できない。

リンクシェルの制限事項

  • プレイヤーキャラクターが同時に加入可能なリンクシェルは8個まで
    • ※つまりリンクシェルは複数の「掛け持ち」ができて、いつでも「切り替え」できるということ
  • リンクシェルの最大メンバー数は128人まで

リンクシェル名称の制限事項

  • リンクシェル名は3文字以上20文字以内のアルファベット・数字・スペース・次に掲げる一部の記号のみ。
    '.,:;!?&-_
  • スペースや_は2文字以上続けて使えない
  • 先頭や末尾にスペースがある名称は使えない
  • 記号だけの名称は使えない

    リーダー数に関する制限はない。モブハント系LSなどでは全員をリーダー設定するマスターも多い。

リンクシェル
リンクシェル

加入手順

加入

  • LSマスターかリーダーからパールを勧誘されると、「勧誘されました。」という表示が出る。
  • この状態では仮加入状態なので、LSウィンドウを開いて該当のLSを選び、一番下付近にある自分のキャラクターの名前を選び、右クリックしてメニューを開き、リンクシェルへの加入を選ぼう。
    相手が承諾してくれたら、晴れてそのお友達も、
    あなたのリンクシェルへ仲間入りよ。
    あなたが、リンクシェルに入りたい場合は、
    そのリンクシェルの「マスター」か「リーダー」に、
    勧誘してもらう必要があるわ。
    そして、勧誘に対して「承諾」すれば、
    晴れてあなたも、リンクシェルの一員ってわけ。
    リンクシェルへの勧誘を受けたあと、
    「正式加入」を選択するまでの間、
    メンバーの一覧を確認することができます。
    ただし、リンクシェル内のチャットを閲覧したり、
    発言することはできません。
    これらは「正式加入」後から可能となります。

リンクシェルの使い方

複数のリンクシェル

  • プレイヤーは、最大8つまで複数のリンクシェルに並行して所属することができる。これ以上のLSに加入するには、先にいずれか一つのLSにから脱退する必要がある。※合計8つまでしか加入できない。
  • 現在話しかけることができる「アクティブ(カレント)LS」はいつでも切り替えることができる。
  • いずれかのリンクシェルに向かって話しかけたい場合は、リンクシェルメニューで発言したいリンクシェルをアクティブに切り替えた上でチャットすればよい。こちらが話しかけた内容は、当然ながらアクティブリンクシェルにしか流れない。
  • 複数のLSに加入している場合、各リンクシェルで話されている内容はアクティブリンクシェルに関わらず参加リンクシェルの会話内容がすべて表示される ※カレントLSの会話内容しか聞こえないFF11とは異なるので注意が必要である

アクティブ(チャット対象)LSの切り替え

  • メニューを開いて「リンクシェル」を選び、リンクシェルリストからいま加入したリンクシェルを選ぶとアクティブリンクシェルを切り替えできる。
  • アクティブリンクシェルを切り替えることで、選択したリンクシェルに発言できるようになる。※自分が発言した内容はアクティブリンクシェルにのみ流れ、他のリンクシェルには流れない。複数のLSはに同じ内容を流したい場合には、マクロなどを使って、それぞれのLSに発言する必要がある。

ログ表示

  • リンクシェルは、各プレイヤーが参加しているリンクシェルの中で、番号が振られ管理される。この番号を、プレイヤー側で変更したり固定することはできない
    • またリンクシェルメニュー内でのLS番号は人によって異なり、例えばあるLSがのメンバーであるAさんとBさんがいた場合、彼らが所属しているLSが異なる場合にはたとえ同じLSであってもLS番号は別のものになることがある
  • 2つのLSに入っている場合、ログには番号付きで次のように表示される
    [1]<Kuraudo Sutoraifu>こんばんは
    [2]<Yoshida Naoki>イフリート行きませんか?^^
    [1]<Kura Udo>こんばんは~
    [2]<Akihiko Yoshida>イフいきたいです ノ
    [1]<Cloud Strife>こん^^
  • このとき、LS1の会話内容はLS1の所属メンバーのチャットログにのみ表示され、LS2の会話内容はLS2の所属メンバーのチャットログのみに表示されている。
    • 特定のリンクシェルのログを消すためには、ログウィンドウのチャットフィルターで該当のリンクシェルのチェックを外すほかない。FF11と異なり、一時的にリンクシェルを外すことはできず、また別のLSに切り替えてもチャット内容は聞こえてくる。
  • LS1、LS2の両方に所属している場合は、上のように時系列に混合して表示される。

ログ非表示

  • リンクシェルで会話されているチャットログは、アクティブリンクシェル以外でも表示される
  • これを非表示にしたい場合は、ログウィンドウにあるメニューから「ログ表示」を選び、該当するログウィンドウでの「Linkshell [1]」などのONをOFFに切り替える
    • あくまで該当のログウィンドウ上での表示を非表示にするだけであり、通信を切るわけではない。
    • なおアクティブLS設定と、フィルタ設定ではフィルタ設定が優先されるため、全てのログウィンドウですべてのLSをフィルタリングしてしまうと一切LS発言が見えなくなってしまう。※発言はできるが自分が発言したログも表示されない。
  • 【コンフィグからの設定】
    • システムメニューを表示し、「コンフィグ」から「ログ表示」を選ぶ
    • 「General」タブの「Linkshell[1]」~「Linkshell[8]」の中で表示を消したいLSをクリックし、「ON」から「OFF」に切り替える
    • 元に戻したいときは、同じ操作を行い、「OFF」から「ON」に切り替えればよい


  • 【チャットウィンドウからの設定】
    • チャットログウィンドウの入力欄をクリックするなどしてウィンドウをアクティブにする
    • リンクシェル名や、「Party」と表示されてるところをクリックし、メニューの下にある「ログ表示」を選ぶ
    • 「General」タブの「Linkshell[1]」~「Linkshell[8]」の中で表示を消したいLSをクリックし、「ON」から「OFF」に切り替える
    • 元に戻したいときは、同じ操作を行い、「OFF」から「ON」に切り替えればよい
  • 特定のリンクシェルのログを消すためには、ログウィンドウのチャットフィルターで該当のリンクシェルのチェックを外すほかない。FF11と異なり、一時的にリンクシェルを外したり、または別のLSに切り替えてもチャット内容は聞こえてくる。
  • ログを非表示にするのはあくまでプレイヤー側での設定であって、他のリンクシェルメンバーにとっては設定内容はわからない。そのため一方的にチャットログを非表示にしていると、いわゆる「幽霊メンバー」とみなされる可能性がある。

メンバーリスト

  • リンクシェルに所属しているメンバーのリスト
  • ログインしている場合は、名前の前のマークが緑色に光り、同一リージョンにいる場合には名前が白字強調される。
  • パッチ1.22から、メンバーリスト上からLSメンバー相手のコマンドが発行できるようになった。フレンドリスト同様に、「Tellをする」「パーティに誘う」なども可能となった。


  • 頻出のFAQに、「リンクシェルメンバーにログインしていることを知られたくない。リンクシェルを外すことでリストからオンライン状態を消せないか?」という質問があるが、これはできない。
    • FF14では、別のリンクシェルに切り替えてもメンバーリスト上は変化がなく、ログイン(オンライン状態)していることを示す緑色に表示される。またこれ以外でもフレンドリスト上でもログイン状態を知ることができるため、FF11のような「LSを切り替えることでチャットを見えなくし、同時にログインマークも消す」といった使い方はできない。

リンクシェル内の役割

リンクシェル運営権限

  • リンクシェル内の権限は次のように分かれている
    権限マスターリーダー
    リンクシェルの破棄×
    クレストの変更×
    新規メンバーの勧誘
    メンバーからリーダへの昇格×
    リーダーからメンバーへの降格×
    リーダーのキック(追放)×
    メンバーのキック

リンクシェルの作成

  • 自分でリンクシェルを立ち上げたい時は、リンクシェル作成を行う。

NPCに話しかける

  • 冒険者ギルド内にいるNPCに話しかけることで作成が可能。
  • NPCに話しかけた上で、「リンクシェルの手続きを進めたい」-「リンクシェルの作成」を選ぶ
リンクシェル配布担当リンクシェル配布担当リンクシェル配布担当
リ・ズージャ(L’zuhjha)テアヌ(Theanne)ニニシャ(Ninisha)
リムサ・ロミンサ:上甲板層
(X:11,Y:14)
グリダニア旧市街
(X:10,Y:8)
ウルダハ:ナル回廊
(X:10,Y:9)
リンクシェルを作る方法は簡単よ。
私みたいな配布担当に声をかけて、
リンクシェルの名前を登録するだけなんだから。
名前を登録した人が、そのリンクシェルの「マスター」、
つまり代表者という事になるわ。
マスターには、リンクシェルに仲間を勧誘したり、
メンバーを脱退することができる権限が与えられるの。
覚えておいてね。

リンクシェルの名前をつける

  • 「リンクシェルを作る」を選択する
  • リンクシェル名をつける ※アルファベットのみ
    リンクシェルの作成

メンバーの誘い方

  • 誘いたいプレイヤーキャラクターターゲットし、サブコマンドから「リンクシェルに勧誘する」を選ぶだけ。
    あなたがリンクシェルの「マスター」か、
    勧誘権限を持っている「リーダー」の場合、
    ほかの人を、仲間に誘うことができるわ。
    リンクシェルに、ほかの人を勧誘するには
    「マスター」か「リーダー」の権限を有している必要があります。
    誘いたいプレイヤーキャラクターをターゲットし、
    サブコマンドからリンクシェルに勧誘する事ができます。
    なお、勧誘可能なリンクシェルを複数所持している場合、
    その分だけサブコマンドがリストアップされます。
    相手が承諾してくれたら、晴れてそのお友達も、
    あなたのリンクシェルへ仲間入りよ。
  • パーティメンバーを誘うこともできるため、モブハントLSなど多人数を勧誘する場合にはまずパーティ募集パーティに入ってもらい、パーティメンバーリストから勧誘して相手が「正式加入」したらパーティから抜けてもらうという流れで行われることが多い。
  • その他、参加条件が厳しいエンドコンテンツの固定メンバーのLSの場合だと、まずロードストーン日記などで募集要項が書かれ、その日記を見た参加希望者が日記へのコメントまたはゲーム内でリーダーに声をかけてパーティを組んで話をするといった流れになることが多いようだ。

リンクシェルからの脱退

  • リンクシェルリストから、脱退したいリンクシェルを選び、サブコマンドから「脱退する」を実行すれば脱退できる。
    リンクシェルは、いつでも任意に
    脱退することができるわ。
    リンクシェルリストから、脱退したいリンクシェルを選び、
    サブコマンドから「脱退する」を実行することで、
    脱退することができます。
    自分が「マスター」を務めている
    リンクシェルから脱退したい場合は、予め「マスター」の
    権限をほかのメンバーに移譲しておく必要があります。
    権限を移譲したいメンバーを選択し、
    「マスター移譲」を選択してください。
    なお、自分以外にメンバーがいない
    リンクシェルから脱退することはできません。
    その場合は、リンクシェルを解散してください。
  • なお「誰々が脱退した」というログはその時にオンラインのメンバーにのみ流れ、オフラインのメンバーには通知されない(次回ログイン時にも流れない)。どうしてもひそかに抜けたい場合は、できるだけ人が少ない時間帯に脱退すればいいかと思われる。

リンクシェルの解散

  • 作成したリンクシェルを解散するには、作成したNPCに話しかけ、解散を選択する。
    リンクシェルを解散したいときは、
    私たち配布担当に声をかけてちょうだい。
    私たちがメンバーに解散のお知らせを通知しておくわ。
  • 「解散のお知らせを通知しておくわ」となっているが、オンライン状態以外のメンバーへは通知されない。

クロスワールドリンクシェル

  • パッチ4.3で実装される、ワールドを超えたリンクシェル機能。
    lUwv0X6vF7tq62XYA9AXQBrRiE.jpg

FAQ

CWLSとの相違点

CWLSとの相違点

旧FF14のリンクシェルとの違い

旧FF14のLSとの相違点
  • 新生エオルゼア以前に運営されていた旧版FF14では、このリンクシェルを元にしてプレイヤーコミュニティを構成していました。
  • しかし新生FF14では新たに「フリーカンパニー」の結成が可能となり、コミュニティ機能の中心はそちらに移ると同時に、リンクシェル(LS)の機能は主にチャットルーム的なものへと変化しました。
  • 一例としては、旧FF14ではプレイヤー名の頭に現在アクティブのLSクレストマークが表示されていましたが、新生FF14では加入しているLSやアクティブなLSが他人からは(通常手段では)わからなくなり、代わりに所属しているフリーカンパニー名が表示されることになっています。

    新生FFXIVでは現在の所属/アクティブにしているリンクシェルマークはネームプレートに表示されません。

  •  → フリーカンパニー

FF11のLSとの相違点

FF11の様に取り外しをしたい
  • FF11では、リンクパールを外すことにより一時的にメンバーから離脱する(チャットも見えないし発言もできない状態)ことが可能でしたが、FF14のリンクシェルにはそのような機能はありません。そもそもFF14では複数のLSを同時並行的に利用できるため、リンクパールを装備/外すという概念が存在しません。
  • コンテンツ中で返事ができないかどうかなどは、リンクシェルのメンバー一覧を見ればわかるため、発言する前にそれを確認すれば済む話となっています。また「ビジー」や「離席中」などステータスを表すアイコンも選択可能なため、それらと合わせて現在の自分の状況を伝えればいいかと思われる。

    ※なお、そもそもFF11のリンクシェルに該当するのはFF14ではフリーカンパニーが近い。FF14のリンクシェルは単なるチャットチャンネルであって、プレイヤーズギルドではないため、わざわざパールを外すなどという関係にはない事のほうが多い。

「アクティブ」以外のLSは取り外しと一緒じゃないの?
  • 違います。単なるデフォルトの発言先LSの指定に過ぎません。
  • デフォルトで「L」キーを押してチャットウィンドウの発言先を「リンクシェル」にした時などに、選択されるLS番号を指定しているだけです。つまりは「デフォルトチャット先のリンクシェル」以外の何物でもありません。
  • アクティブLS以外の会話も普通に流れてきますし、直接LS番号を指定することでダイレクトにアクティブLS以外のLSに発言することも可能です。アクティブだろうと非アクティブだろうと関係なくログは流れてきますし、それをフィルタすることも可能ですがそれは貴方だけのフィルタに過ぎません。
    • ※特定ログウィンドウで特定LSのチャットを流したくない場合には、チャットウィンドウのフィルタ設定で絞り込みを行うことで可能です。
どうしても一時的にオフしたい
  • そこまでこだわるなら、そんなめんどくさいLSからは抜けたほうがいいでしょう。
  • 挨拶必須のLSなどあまり聞きませんし、特定のLSメンバーの名前を指定して直接呼びかけることもほぼ無いのではないかと思われます。直接話しかける場合はオンラインステータスを確認すればいい話です。
  • 大抵の場合は「ヒマな人いる?」という感じでオンラインメンバー全員に話しかけ、それに対して返事をした人に対して次の会話が進んでいくでしょうし、その時に返事がないからといって気にするようなことはまずありません。

ロードストーン

  • 公式サイト「The Lodestone(ロードストーン)」では、LSのコミュニティ機能が用意されている。

メンバー一覧

  • LSメンバーの一覧が参照できる。

関連項目

フリーカンパニー



Amazon Music Unlimited 30日間無料体験