プレイアブル種族

プレイアブル種族

  • FF14のプレイヤーが自らのキャラクターとして選択・作成できる種族のこと。
新生エオルゼア 種族

2021年5月15日の「デジタルファンフェスティバル2021」にて、ヴィエラ族男性が、プレイアブル種族として実装されることが発表された。

Table of Contents

概要

  • FF14の世界であるハイデリンには、人間種族と呼ばれる種族と、それ以外の固有な文化を維持している蛮族とに分かれている。
    • このうち、人間種族は共通言語(設定上は英語、日本語クライアント上ではデフォルトでは日本語表記)を通じて日常会話を行うが、一部人間種族と交わっている蛮族を除く蛮族との会話は、特殊なダイアログで演出されることが多い。
  • プレイヤーが自らのキャラクターとして選択・作成できる種族は、この人間種族のうち、特定の種族(部族)みとなっている。
    • 例えば、角尊ヒューラン族から稀に生まれる神童)、ガレアン種族(ガレアン族)、東方系種族、アシエンなどは選択できない。
    • また人間種族であっても、幼少な外見や老年の外見のキャラクターも、ゲーム内には登場するが、プレイヤーキャラクターとして選択することはできない。

プレイアブル種族の一覧

実装の経緯

旧FF14(1.0)

新生エオルゼア(パッチ2.0)

蒼天のイシュガルド(パッチ3.0)

  • その後、拡張ディスク「蒼天のイシュガルド」でアウラ族の2部族が追加された。
  • アウラ族をプレイするためには「蒼天のイシュガルド」のプレイ権利が必要。※パッチ5.3以降はスターターパックおよびフリートライアルで利用可能になる
    • アウラ
    • このアウラ族女性キャラの代表格であるユウギリはパッチ2.2で登場しているが、その時点ではまだ新種族が非公開であったため、フードをかぶり顔が隠された状態で登場した。ユウギリがフードを取り顔を晒すのは、パッチ3.0以降である。

漆黒のヴィランズ(パッチ5.0)

種族と部族

  • プレイアブル種族の中には、大別して2つの部族が用意されている。

ヒューラン

エレゼン

ララフェル

ミコッテ

ルガディン

アウラ

ヴィエラ

ロスガル

  • 5.x漆黒のヴィランズ」で実装される新種族。
  • ヘリオン族とロスト族に分かれている。
  • 男性キャラのみ選択可能なプレイアブル種族
    • ※NPCとしては、女性キャラクターも将来的に実装される可能性があるという。



NPCキャラクターの再現について

  • いわゆるNPCキャラクターには、以下の2種類がある。
  1. 汎用パーツで作成されておりキャラクターメイキングで再現可能なもの
  2. 特殊な部品や特殊なモデルを使用しているために再現不可能なもの
  • 参考)過去の開発コアメンバー登壇時のプレゼン資料などでこのあたりの話がされている。
    • 専用モデリングキャラ:スタッフ/生江亜由美
    • 汎用パーツキャラ:スタッフ/髙柳早紀
    • ※なおNPCキャラクターの着用している装備も、同様に汎用装備を流用しているものと専用のものとがある。このうち後者の専用装備については、一定時期が経過後などにオプション装備として有料販売されるケースがある。

変更履歴

パッチ3.0での変更点

  • [3.0] 「アウラ」をプレイヤーキャラクターとして使用できるようになります。
    蒼天のイシュガルド」の権利があれば、メインクエストの進行度に関わらず、キャラクター作成時/幻想薬でのキャラクター編集時にアウラを選択できます。また、リテイナーやハウス内の雇用NPCにおいてもアウラが選択可能です。

パッチ5.0での変更点

  • 〔5.0〕新種族「ヴィエラ」「ロスガル」をプレイヤーキャラクターとして使用できるようになります。
    メインクエストの進行度にかかわらず、キャラクター作成時/「幻想薬」を使用してのキャラクター編集時/リテイナーの容姿選択に「ヴィエラ」「ロスガル」を選択できます。
  • キャラクター作成に、以下の追加/変更が行われます。
    • 種族/部族を選択した際の初期外見が変更されます。
    • 選択した髪型だけを表示するフィルター機能が追加されます。
    • 美容室において、特定条件を満たした際に使用できる髪型やフェイスペイントが区別できるようになります。

パッチ5.3での変更点

  • ※パッチ5.3以降、スターターパックおよびフリートライアルで「アウラ族」が利用可能になる


Amazon Music Unlimited 30日間無料体験