セイブ・ザ・クイーン

セイブ・ザ・クイーン(Save the Queen: Blade of Gunnhildr)

  • パッチ5.25実装項目
Table of Contents

概要

北州イルサバード大陸の辺境、ボズヤ地方。ロスガル族の故郷としても知られるこの土地は、長らくガレマール帝国の占領下にあった。だが、ドマやアラミゴの解放に勇気づけられたボズヤの民がついに動き出す。結束の象徴として、伝説の武器を掲げて――!

EQGQB2IXsAA_eJs.jpg

第57回PLLでの発表内容

  • バトル系の武器強化のシリーズコンテンツ
  • 第三星暦に、シタデル・ボズヤにも巨大な国があり聡明な女王がいた。その親衛隊が手にしていたものが「グンヒルドの剣」と呼ばれている。※剣だけに限らず総称。
  • シタデル・ボズヤは、現在はガレマール帝国軍の第IV軍団に制圧されている。開放者光の戦士として開放戦に参加する。
  • 執筆は松野泰己氏。※覆面作家という話もあったが公開する。
  • 続編実装はパッチ5.35。
    • フィールドタイプのマップがくっついた新たなコンテンツを実装する。
    • エウレカの時は、武器強化とエウレカを両方やるのは大変だろうから合わせて1個にしたが、結果フィードバックではエウレカが嫌いな人がいたため、今回は分けることにした。エウレカは好みじゃないという人が強化だけをやろうとしても出来なかった。
    • そこで今回は、ストーリーをやってこれ(5.35コンテンツ)をちょっとだけやれば、強化ができるということにした。このエウレカ的なコンテンツをやっても強化素材が入手できるし、別のコンテンツをやっても強化素材が入手できるようになる。
    • それとは別に、エウレカのバルデシオンアーセナルみたいなコンテンツみたいなものも今後作っていく。※エウレカ特有の緊張感とか、独自のレベルなどはあるが別物。バルデシオンアーセナルみたいなアライアンス以上でレイド的なものは用意している。入口争いなどはやらない。

スクリーンショット

zsA0D4H.jpg
JUrSBBU.jpg

今後の展開について

  • 今後の展開

    このウェポンストーリーはパッチ5.25でリリースとなり、パッチ5.35、パッチ5.45……と続いていきます。パッチ5.25で追加となる部分でもけっこうなボリュームのストーリーがありますが、イベントバトルも含めて基本的にソロでクリアできるようになっています。クリアすれば強化に使うベースの武器が手に入るので、ぜひプレイしていただければと。また、次のパッチ5.35では、さらに巨大なコンテンツが1つ紐付いてきます。これにはパッチ4.Xの“禁断の地 エウレカ”と同等以上のコストを割いていて、今までにない体験ができるので、そちらもぜひ楽しみにしてください。
    『FFXIV』パッチ5.2の注目ポイントを尋ねる吉田P/Dインタビュー! 次の“絶”はパッチ5.3ではないタイミングに - 電撃PlayStation

    ――5.35からの育成コンテンツはどのようなものになるのですか?
    吉田氏:  武器の育成は基本的にストーリーをクリアすることから始まります。5.35のコンテンツの部分は、そのストーリー後に開放され、広大なマップを使った新しい遊びになっています。最低限のストーリーをクリアするだけならコンテンツは少しだけやればよくて、武器強化のための素材は、別の場所からでも入手可能になっています。この新しいフィールドを使ったコンテンツは結構時間を食う遊びになっているので、こちらをやりたい人はこちらに入り浸ってもらって、こちらで強化することもできます。もうこのコンテンツはいいやという人は、別の方法で武器を育てることも可能にするつもりです。
    専用エリアと専用レベルはありますが、じゃあ「エウレカ」かと言われたらそうではなく、また新しいものです。これはまたパッチ5.3が近づいたら、色々とお話しようと思っています。今回の「セイブ・ザ・クイーン」の後にそういったコンテンツが続いていって、それが5.35、5.45、5.55と続いていくと思ってください。
    「FFXIV」パッチ5.2「追憶の凶星」吉田直樹氏インタビュー - GAME Watch

関連項目



AmazonPrime Video30日間無料トライアル